2007年11月07日
初心者への道しるべ



ウェブ


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ウェブ

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その05



ウェブ

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ウェブ


ウェブ とは・・・。

World Wide Web
(ワールド ワイド ウェブ、略名:WWW)は、
インターネット上で提供されるハイパーテキストシステム。

単にWeb(ウェブ)と呼ばれることも多い。

インターネットは本来、
コンピュータ・ネットワーク自体を指す言葉であったが、

日常用語ではWWWを指すことも多い。

ウィキペディアの周辺の World Wide Web
グラフィック表現したもの。
複雑ネットワークの一例でもある。

概要

ウィキペディア日本語版の記事を
ウェブブラウザで表示しているところ。

WWWではドキュメント(ウェブページ)
の記述には主にHTMLXHTMLといった
ハイパーテキスト記述言語が使用される。

ハイパーテキストとは、
ドキュメントに別のドキュメントのURIへの
参照を埋め込むことで
(これをハイパーリンクと呼ぶ)
インターネット上に散在するドキュメント同士を
相互に参照可能にするシステムである。


分かりやすい例で言うと、
主にマウスによるクリックなどによって
ページ間を移動することや、
別のファイルである画像を
ドキュメント内に表示させることなどが挙げられる。

そのつながり方が蜘蛛の巣を連想させることから
World Wide Web(世界に広がる蜘蛛の巣)
と名付けられた。

尚、蜘蛛の巣は現実のケーブルの配線を
表しているわけではない。

HTMLの記述方式は比較的単純なため、
急速に広く普及した。

WWWにアクセスするためのソフトウェア
(ユーザーエージェント)はWWWクライアントと呼ばれる。

そのうち、利用者による閲覧を目的としたものは
特にウェブブラウザ
(WWWブラウザ、あるいは単にブラウザ)と呼ばれる。

また、WWWサービスを提供するソフトウェアを
WWWサーバソフトウェアという。


検索エンジンウェブディレクトリの出現により、
WWW は徐々にその真価を発揮し始める。
数学的な理論に基礎付けられたウェブページの
順位決定法を実用化することによって、
検索エンジンの首座は、一気呵成に確定した。
それとは対照的に、
すべての分野に亘って個々の事例の集積を要する
ウェブディレクトリの作成は、
継続的で地道な作業によって成し遂げられる
辞書の編纂と似ている。

前者が数学的手法に依存しているのに対し、
後者は分類学的手法によっている点が対照的である。


基本的な用語


WWWを参照するには
ウェブブラウザなどのソフトウェアを使用する。
ウェブブラウザウェブページなどの
ドキュメントをWWWサーバから取得し、
モニターなどの出力デバイスに表示する。

ウェブページに含まれるハイパーリンクをたどることで
他の文書を閲覧したり、
情報をサーバに送ることで何らかの相互作用を
もたらすこともできる。

ウェブページウェブサイトと呼ばれる
関連情報を集めた単位でまとめられていることが多い。

インターネット・サーフィン」という言葉は
1992年6月に出版された
Wilson Library Bulletinの中の Jean Armour Polly(司書)
の書いた文章から発祥しているという。

Polly は独自にこの言葉を生み出したかもしれないが、
1991年から1992年にかけて
Usenetで同様の言葉が散見された。
更にそれ以前にハッカーのコミュニティで
使われていたという証言もある。


英語では、worldwide と一語で表記するのが普通だが、
World Wide Web やその略記の WWW は
英語でも普通に使われるようになった。

最初の頃は、単語を連続して書いて
単語の先頭だけを大文字にした
WorldWideWeb
(インターキャップとかキャメルケースといわれ、
 プログラマが好む命名規則)とか、
ハイフンが入った World-Wide Web
(英語の本来の使用法に近い)
と表記されることも多かった。


ウェブの仕組み

ウェブはクライアントサーバモデルに基づくシステムである。

World Wide Web上のウェブページなどの
資源にアクセスするには、
まずウェブブラウザにURLを入力するか、
ウェブページリンクをたどればよい。

すると、第一段階として
URIのサーバ名を表す部分が
Domain Name System (DNS) と呼ばれる
インターネットの分散データベースによって
IPアドレスに変換される
(IPアドレスが直接指定されている場合は
 この変換は行われない)。


次に、そのIPアドレスに対応する
WWWサーバに対して、
URIのスキーム(通信方法などの指定)に従い
接続を試みる。

プロトコルとしては主にHTTPが使用される。
一般的なウェブページでは、
ページを構成するHTMLドキュメント
画像ファイルが要求され、
即座に要求元に転送される。


ウェブブラウザは、
受け取ったHTMLファイルや
CSSファイルにしたがってレンダリングし、
画像をはめ込み、
リンクをはめ込むなどの仕事を行う。

これによってユーザーが見ている画面上の
「ページ」が生み出される。

多くのウェブページは他の関連するページとの
ハイパーリンクを含んでいる。

それは例えばダウンロードのページだったり、
ソース文書だったり、他の定義だったり、
ウェブ上の何かの資源だったりする。

このハイパーリンクによって情報の
Web(網)」が形成される。
これによって World Wide Web が構成されているのである。


歴史


バーナーズ=リーがCERNで
使用していたNeXTcube。
最初のWWWサーバとなった。


ウェブの根底にある考え方は
1980年にティム・バーナーズ=リーが
ロバート・カイリューと構築したENQUIREに
遡ることができる。

その名称は Enquire Within Upon Everything
というビクトリア朝時代の
日常生活のハウツー本に由来していて、
バーナーズ=リーが幼少のころを思い出して
付けたものである。

それは現在のウェブとは大分違うが、
根本的なアイデアの多くを含んでおり、
更にはバーナーズ=リーのWWW後の
プロジェクトである セマンティック・ウェブ の
考え方をも含んでいた。
しかし、ENQUIREは一般に公表されるまでには
至らなかった。


1989年3月、欧州原子核研究機構 (CERN) の
ティム・バーナーズ=リーは
「Information Management: A Proposal
 (情報管理:提案)」を執筆し、
ENQUIREを参照しつつさらに進んだ
情報管理システムを描いた。

彼は1990年11月12日、
World Wide Web をより具体化した提案書
"WorldWideWeb: Proposal for a HyperText Project"
を発表した。
実装は1990年11月13日から開始され、
バーナーズ=リーは最初のウェブページを
NeXTワークステーション上に置いた。


その年のクリスマス休暇の間に、
バーナーズ=リーはWWWに必要な全ツールを構築した 。
世界初のウェブブラウザ
(ウェブエディタでもある)と
世界初のWWWサーバである。


1991年8月6日、
彼はWorld Wide WWWプロジェクトに関する
簡単な要約をalt.hypertextニュースグループに投稿した。
この日がWWWがインターネット上で
利用可能なサービスとしてデビューした日となる。


ハイパーテキストの概念は
1960年代にまで遡ることができる。
テッド・ネルソンのザナドゥ計画、
ダグラス・エンゲルバートの oN-Line System(NLS)
などである。

ネルソンもエンゲルバートも、
ヴァネヴァー・ブッシュのマイクロフィルムベースの
夢の装置 memexにインスパイアされたものであり、
memex は1945年の論文
"As We May Think" で描かれている。


バーナーズ=リーのブレイクスルーは
ハイパーテキストとインターネットを
結合したことである。

彼は著書 "Weaving The Web" の中で、
このふたつの技術の結合は
双方の技術コミュニティの協力によって成立することを
強調しているが、
誰もこの提案を取り上げることはなく、
最終的に自分自身でプロジェクトを実行したのである。
この過程で彼はURIと呼ばれる
グローバルな資源識別子を開発した。


World Wide Web
当時実現していた他の
ハイパーテキストシステムとは
いくつかの点で異なる。


* WWWは、双方向ではなく単方向のリンクを使用する。
 これにより、何らかの資源の所有者と
 連絡を取らなくてもリンクすることが可能となった。
 これによって
 WWWサーバブラウザの実装も簡単になっているが、
 同時にリンク先の資源がいつの間にか無くなる
 という問題も発生させることとなる。


* HyperCardやGopherとは違い、
 World Wide Web は独占されておらず、
 サーバやクライアントを独自に開発し
 拡張するのも自由にできて
 ライセンスを得る必要も無い。



開発当初、
WWWは文字情報を扱うだけの比較的単純なものであった
(NeXT上で開発されたため
OS自身が文字以外を適切に扱うため、
WWWは情報を区別しなくてもよかったというのが真相)。

しかし1992年、イリノイ大学の
米国立スーパーコンピュータ応用研究所
(NCSA; National Center
for Supercomputing Applications)
によって、
現在のように画像なども扱えるようになった。

同校の学生であったマーク・アンドリーセンらは
文字だけでなく画像なども扱える革新的なブラウザ
Mosaicを開発。
そしてこのソフトに改良を加えるために
無料でソースコードを公開したため、
Mosaicはたちまち普及し、
WWWは誰でも手軽に使うことのできる
世界的なメディアとなった。


1993年4月30日、
CERNは World Wide Web を
無料で誰にでも開放することを発表した。


日本最初のホームページを開設したのは、
高エネルギー加速器研究機構所属の
森田洋平である。


WWWの標準規格


WWWを構成する根本的な標準規格が3つ存在する。

* Uniform Resource Identifier (URI) は、
 ウェブページのようなWWW上の資源を
 参照するための汎用のシステムである。

* Hypertext Transfer Protocol (HTTP) は、
 ブラウザとWebサーバの通信方法を指定したものである。

* HyperText Markup Language (HTML) は、
ハイパーテキスト文書の構造と内容を定義している。


WWWで使われる技術は従来
IETFのRFCにより標準化されてきたが、
現在は非営利組織である
World Wide Web Consortium (W3C) によって
標準化が進められている。
現在、バーナーズ=リーは
W3C を指導する立場である。
W3Cは上記を含めた様々な標準を開発・保守し、
WWW上のコンピュータが様々な形態の情報を
格納してやりとりできるよう尽力している。



JavaとJavaScript

もうひとつの技術上の大きな発展は
サン・マイクロシステムズのJavaである。

Javaによって、
小さなプログラム(アプレット)を直接
WWWサーバが提供する情報に
埋め込むことを可能にした。

このアプレットはクライアント側の
コンピュータ上で動作し、
高速で豊かなユーザインタフェースを可能とした。
その後、Javaはサーバ側で
複雑なコンテンツを自動生成するために
広く使われるようになった。


JavaScriptはウェブページのために開発された、
クライアント側のスクリプト言語である。

標準化されたバージョンはECMAScriptと呼ばれる。

ネットスケープコミュニケーションズが
開発したものであって、
サン・マイクロシステムズとは関係ない。

文法はC言語に似ていて、
その意味ではJavaにも似ている。
オブジェクト指向的にコーディングする以外に
手続き的にコーディングすることもできる。


DOMと組み合わせることで、
JavaScriptはその設計者が
想像した以上に強力な技術となった。

JavaScriptの使用は
それまでの静的なHTMLページと区別するために
ダイナミックHTML (DHTML) と
表現されることが多い。

さらに近年はJavaScriptを使って、
よりインタラクティブなウェブサイトが
作ることのできるAjaxという技術も普及している。



社会科学的影響


今日のWWW
人類の歴史上かつてないスケールで
個人間の情報交換を可能とした。

時間的空間的な隔たりを越えて、
本質的かつ広大な思想や
逆にちょっとした個人の姿勢や心情を
WWWを通して交換したり
発信したりすることができるようになったのである。


感情的な経験、政治的考え方、文化習慣、音楽の風習、
ビジネスについての助言、芸術、写真、文学などが、
人類史上最も安価にデジタル化されて共有・拡散される。

WWWはそれを支える技術と設備の上に成り立っているが、
図書館や活字による印刷と違って物理的な形を持たない。

そのためWWW(あるいはインターネット)を通した
情報伝播は物理的な量に制限されないし、
情報をコピーする手間もかからない。

またデジタルの利点として、
WWW上の情報は簡単かつ効率的に検索でき、
他のどんな通信手段(郵便、電話など)や
実地の旅行よりも早く情報を集めることができる。


すなわち WWW は地球上に現れた
個人の情報交換媒体としては
最も広範囲で遠くまで伝達可能なものである。

多くのユーザーが世界各地の人々と情報交換し、
他の手段では不可能だったことを可能とするだろう。

WWWは社会交流を促して、共感と共生を育み、
個々人の地球規模の理解を深める役に立つ
と示唆する人もいる。

一方、好戦性を世界規模で増大させたり、
歴史上不可能だったレベルでデマゴーグを強化したり、
支配体制を強化するのに使われる可能性も持っていると言われる。



統計


2001年の研究によれば、
Web上の文書は5500億個以上も存在し、
その多くは「深層Web」にあるという。

2002年の 20億以上のWebページを調査した結果によると、
英語のコンテンツが 56.4%で最も多く、
以下、ドイツ語(7.7%)、
フランス語(5.6%)、
日本語(4.9%)となっていた。
これ以降、中国語のページの増加が目立っている。

もっと最近の研究では、
75種類の言語でWeb検索を行ってサンプリングし、
一般に検索可能なWebは
2005年1月現在で
11億5千万ページ存在するとの結果を得たのである。



WWWの読み方


皮肉なことに "WWW" を英語で普通に読むと
正式名称よりも長くなってしまう。
英語では、"World Wide Web" をちゃんと読むと長いので
"WWW" と略すのが一般的である。

バーナーズ=リーによれば、
他の人はそれを理由に名前を変えるように助言したが、
バーナーズ=リー本人が
この名称に固執したとのことである。


英語を話す人は
"WWW" を「ダブリュ、ダブリュ、ダブリュ」
と発音するが、
時折「トリプルダブリュ」と短く言うこともある。

ニュージーランドでは "WWW" は「ダブダブダブ」
と発音されることが多い。
これは英語での表現の中ではより簡潔である。

日本で "WWW" を発音する場合は、
英語的読み方が一般的で、
「ダブル、ダブル、ダブル」や
「ダボダボダボ」などと読むこともある。


いくつかの言語には
w というアルファベットが存在しない
(例えば、イタリア語)。

そのような言語を話す人は
WWW を「ヴォウ、ヴォウ、ヴォウ」と発音する。

いくつかの言語(チェコ語やフィンランド語)では
w は v で置き換えられるため、
「ヴェー、ヴェー、ヴェー」と発音することが多い。

ただし正しい発音は異なる。

チェコ語では
“dvojite veh, dvojite veh, dvojite veh”、

フィンランド語では
“kaksoisvee, kaksoisvee, kaksoisvee”
が正しい。

ノルウェー語でも、正しい発音は
“dobbel-ve, dobbel-ve, dobbel-ve”
だが、
「ヴェ、ヴェ、ヴェ」
と発音することが多い。

他の言語(ドイツ語、オランダ語など)では、
単純にWを一音節で発音するので
このような問題は発生していない。



主要サイト

* Yahoo!
* MSN
* Google
* インフォシーク
* Excite
* goo
* livedoor
* フレッシュアイ
* Ask.jp
* MARSFLAG
* はてな
* Ameba by CyberAgent
* ISPによるもの

* So-net
* @nifty
* BIGLOBE
* OCN
* DION
* ODN


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

アドレスの前に"WWW"ってあるのは、
このワールドワイドウェブの
略なんだよね。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
初心者への道しるべ



ウェブサイト


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ウェブサイト

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その06



ウェブサイト

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ウェブサイト


ウェブサイト とは・・・。

ウェブサイト (Website) は、
World Wide Web(WWW)上にあり、
(一般に)特定のドメイン名の下にある
複数のウェブページの集まりのこと。

サイトと呼ばれることもある。

例えばある企業が自社製品について紹介するため
自ら立ち上げたサイトを
その企業の公式サイトなどと呼ぶ。

なお、「ホームページ」という語が
ウェブサイト」の意味で使われることもある。

これは本来は誤用であるが、
2007年現在、広く用いられている。


ウェブサイト構成の例

ここではある美術館の公式サイトを想定して説明する。

* トップページ(メインページ):
 そのウェブサイトの「顔」になる部分

* 概要:画家の紹介や、美術館の沿革など。

* 施設案内:施設の平面図、交通アクセスなど。

* 催し案内:企画展のお知らせなど。

* 作品紹介:作品のデータベースが公開されていることもある。

* 掲示板:ウェブサイトを閲覧した人が
 感想などを書けるようにしていることがある。

* リンク集:関連する外部団体などのリンク集。



歴史

WWWの黎明期は暗中模索の試行錯誤の時代であり、
前時代の集中型を引きずった、
総合的な情報を掲載したウェブサイトである
ポータルサイト
企業などが立ち上げる例が多かった。

しかし、検索エンジンウェブディレクトリの分業化など、
次第にインターネットの基本的な考え方である
分散型へ移行しつつある。


イギリスのネットクラフト社の調査によると、
95年8月にはインターネット上のサイト数は
約1万8000だった。
2006年11月2日の時点でサイト数は1億を突破した。


管理者を失ったウェブサイトの扱い



個人が製作したウェブサイトブログ等が、
その個人の死後、
どのように管理・保存されるべきかという問題がある。

この問題を「関心空間」では
「ネット墓守(-はかもり)」
というキーワードとして登録した。

インターネット上の個人の墓標といった、
慰霊や追憶といったものとは別物である。
あくまで、これは個人が生前活動していたかたちを
そのままに残すというものである。


現在まだ日本国内では、
直接個人のウェブサイトを本人の死後
維持していくサービスのようなものは
商品サービス化されていないが、
難病で闘病生活をおくって亡くなった
個人のウェブサイトを担当医、
もしくはボランティアが個人の意図を尊重しつつ管理、
維持しているものは
マスターブレイカーズ (管理者の友人が管理) など、
いくつか存在する。


こうした動きの中で、
「まろまろ記」のWeb遺書などがきっかけになり、
ウェブマスター自身が急死にそなえて死後の方針を
サイト上で意思表明するWeb遺書などの活動も
おこなわれている。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)
mixi内での
Web 遺書コミュニティでも
情報交換がおこなわれている。



この問題に対する社会的関心は徐々に高まっており、
日本経済新聞2006年4月21日付の夕刊
「ホームページよ永遠に」でも取り上げられている。


もっとも管理者が死去する以前に、
管理者が自身のウェブサイトの管理・運営に飽きてしまい、
途中で放置してしまう事例は数多くある。

韓国では2006年に韓国政府情報通信部と
韓国情報保護振興院(KISA)により、
放置されたサイトが悪用されるのを防ぐ為、
長い間更新されていないサイトの大掃除
(管理者に閉鎖を促したりホスティング業者が
 復旧可能な閉鎖状態にするキャンペーン)
が行われた。


一部の管理者は、
ウェブサイトの閉鎖を宣言してから完全に削除するが、
このような事例はまれである。

そしていちいち管理者を失ったウェブサイト
保護していたらきりが無いため、
一般的にはこのような問題はほとんど注目されていない。

そもそも、
個人のウェブサイトを未来永劫にわたって
保護する価値は無いとする見方もある。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

あんたも、ウェブサイトを作ってるのかい?
これから作ろうと思うのかい?

あんたの思いが詰まったウェブサイトが出来たら、
あたいにも教えてね。


必ず行くからね。






最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月03日
初心者への道しるべ



ブログ


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブログ

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その04



ブログ

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ブログ


ブログ (Blog) とは、
狭義にはウェブ上のウェブページURLとともに
覚え書きや論評などを加えログ(記録)
しているウェブサイトの一種。

「WebをLogする」という意味で
Weblog(ウェブログ)と名付けられ、
それが略されてBlog(ブログ)
と呼ばれるようになった。

概要

ブログの始まりは、
英語圏のウェブにおいて、
自分が気になったニュースやサイトなどのURLを、
寸評つきで紹介したこととされる。

その後、Blogger、Movable Typeなどのブログ用のツールが出現した。
イラク戦争の時には現地から更新されるブログが話題となり、
その知名度を大きく引き上げる結果となった。

現在、より頻繁に用いられている広義には
作者の個人的な体験や日記、
特定のトピックに関する
必ずしもウェブに限定されない話題などのような、
時系列で比較的頻繁に記録される情報についての
ウェブサイト全般を含めてブログと呼称する。

このようなウェブサイトの作成機能を提供する
ソフトウェアやサービスなどを指して呼ぶ場合もある。

又、SNSやブログや口コミメディアを総称して
CGMと呼ぶこともある。

ウェブサイトとしての体裁は
主として管理者が記事を投稿する
私的ニュースサイト的なものが多い。

ブログを投稿する特定の方法に限定されないが、
ブログ向けのソフトウェアがあり、
それをレンタルやダウンロードをして使えば、
HTMLを知らなくてもWebブラウザから手軽に
情報の発信・更新ができる。

それぞれの項目にはタイトルがつけられ、
時間軸やカテゴリで投稿を整理、
分類する構造となっている。
用途は広く、個人の日記的なものから、
手軽な意見表明の場として、
時事問題などについて論説するものもある。

トラックバック機能などを通じて形成される
コミュニティを指してブログ界(Blogosphere)とも呼ばれる。
ブログの更新者は有名人から一般市民まで
様々であるが、
彼らブログの更新者のことを一般に
ブロガー(blogger)と呼ぶ。




ブログの分類

携帯電話などのモバイル端末を使用し
メールを送信して更新するブログはモブログ(moblog)、

写真画像を主体として更新されるブログは
フォトログ(photolog、fotolog)、

ビデオコンテンツを配布するビデオブログは
ブイログ(ないしヴログとも)(Vlog)、

アダルトコンテンツを扱うブログはエログ(elog、erog)、

自分の持っている書籍のISBNコードを使って登録すると
自動的に本棚にその本が置かれる本専用のブログを
ブクログ
(一部、ブクログではCDやDVDのISBNコードを利用して
 登録し表示させることも可能)
と呼び、
通常、投稿にはテキストやイメージが添えられる。


ブログとRSS

多くのブログシステム(サービス)は
RSSフィードやAtom
(以降、特に断りがなければRSSとはこれら2つを指す)
を使って更新を自動通知したり、
トラックバック機能を使用して、
他のブログからの引用やリンクを自動で行えるなどの
充実した編集機能が備わっている。

RSSによるXMLを使った定型での情報配信は、
それぞれのブログから配信されるRSSを
自動巡回サービスで取りまとめて、
更新があったときに
ユーザに通知するサービスを生み出した。

また、データ配信の形が定まっているため、
ニュース配信も容易で、
大手のマスコミがニュースをRSSで
配信し始めるようになった。


日本におけるブログ

日本ではブログという言葉はなじみの薄いものであり、
すでに世界最大級の電子掲示板集合体
2ちゃんねるやスラッシュドット日本語版があって
コミュニケーションサイトとして浸透していたことで、
日本でブログが広まるのかという懸念はあったが、
ツールの日本語化などにより、
2002年ごろから急速に広まった。
日本独特の進化を遂げたブログとして、
携帯電話からの写真付投稿等に対応した
ブログ(Mobile Blog)がある。

ブログという言葉が日本で普及する以前から、
日本にはウェブサイトやWeb日記、
個人ニュースサイトといったジャンルのサイト、
およびそれに付随するコミュニティが存在した。

係る背景から日本ではブログという言葉は
サイトのジャンルというよりも、
ブログ向けのツールを使って作られたサイトを指すことが多い。
また、ホームページビルダーなどで作成された
ニュース・日記系サイトが、
ブログ用ツールでの作成へと移行するケースも多い。

今現在の状況としてブログは市民権を得ており、
最近では人気タレントや政治家、
その他著名人などによるブログも増加し、
着実に普及している。

特に角界では現役力士・若手親方
(現役時代からやっているケースがほどんど)や
部屋単位で開設するケースが目立つ。
その中でも普天王は著名である。

2006年3月末の日本でのブログ利用者数は
2,539万人に達するという総務省の発表や、
2005年から2006年にかけて2倍以上に増加し
その数は2000万人を超えているという
ITmediaの調査報道もある。

また、日本のブログは投稿数が多いのが特徴であり、
ブログ検索サービスを提供する
米テクノラティが4月5日に発表した調査結果によると,
2006年第4四半期は世界のブログ投稿数の37%が
日本語によるもので,
事実上の世界標準語である英語や,
母語人口で世界最多の中国語を抑えての
1位であったという報道もある。

なお、少し改造すれば
普通のサイトとして運営も可能なため、
更新の簡便性からも
ブログそのものをサイトとしているケースも多い。


ブログが抱える問題

知識や意欲がない者や、
時には触法行為など
何らかの問題のある意図を持っている者などでも
簡単に開設できてしまうために、
情報発信者の裾野が広がるとともに
知的水準の低下と倫理観の欠如などの弊害が顕著となった。

多くのブログは日記形式である為、
個人的な日記に書くような感覚で、
普段では言えないような自身の不道徳な行為
(タブーに関する発言など)、
企業の内部情報や機密情報なども暴露してしまう場合がある。

それが2ちゃんねるなどに転載されて
「炎上」してしまい、
当該のブログの閉鎖のみならず、
ブログがきっかけで仕事を解雇される、
企業が取引先より取引を打ち切られるケースが存在している。

情報漏洩を防止する為にIBMでは
社内でブログに関するマナーのマニュアルが作られるなど、
ブログに対して危機感を抱いている企業は少なくない。

これがさらに進むと、
ブログそのものをリスク要因と捉えて、
社員に対してブログで業務に関連した一切の事項を書く事を
罰則付きで禁止している企業や、
社員の脱ブログ化を進める企業も存在する。

また、個人の日記といった、
他人にとってはまったく情報としての価値を持たないものが、
ウェブの検索で大量に引っかかる様になり、
意図していない形とはいえ検索エンジンスパムとなっている。


この他、嫌がらせや政治的な意図、
あるいは単純に愉快犯的な目的、
ブログへの耳目を集める事などを目的とした
おたくバッシング、
他にもブログの持ち主の
偏った思想・性癖・妄想などにより、
ブログに恣意的に誇大に書かれた内容や
そもそも虚偽である内容が、
ニュースサイトや2ちゃんねる、
ソーシャル・ネットワーキング・サービス
(ソーシャルブックマーク)、
さらにはマスコミをも巻き込みながら
伝言ゲーム式に転載されてゆき、
その結果、些細な事実や実際には起きていない問題が
あたかも大きな社会問題を起こしている事実として
社会の害悪の様に扱われ、
それに携わる者たちなどが大きな迷惑や
場合によっては損害を被る事もある。


ブログと犯罪

ブログは、犯罪の契機そのものとなる可能性、
犯罪が露見する可能性を含む。

次はその例である。

* 佐世保小6女児同級生殺害事件:

 被疑者のブログにおけるトラブルが殺害事件を起こす
 ひとつのきっかけであったと言われている。

* タリウム事件:

 2005年11月に発生した事件であり、
 加害者の女子高生が、
 被害者である母親が弱っていく様子を
 ブログで実況し、
 グレアム・ヤングを崇拝しているなどと書いていた。



アフィリエイト広告とFlog

最近では、
アフィリエイト広告などを貼り収入を得ている
ブログ利用者も多く増えてきている。

最近では企業も宣伝の為に
ブログを利用するケースも増えており、
ブログ利用者に対し企業が商品を提供し
宣伝を書いてもらう広告なども存在している。

アメリカでは、企業が個人になりすまして
商品の宣伝広告を記事にしたことが判明し、
2006年12月、
やらせサイトやブログに関して規制する法案が
連邦取引委員会に提出されるまでの騒ぎとなった。

日本ではNHKがニュース番組でこのことに触れ、
企業が商品を提供し宣伝を書くことがあると伝えたところ
2ちゃんねるでは
「企業がサクラを雇っている」と取られてしまい、
NHKが取材したブログが炎上する結果となってしまった。
英語版Wikipediaによると、
英語圏では「やらせブログ」のことを
Flog(Fake blog, Flipped blog)と
表現するという。


ブログと選挙活動

2004年の米大統領選挙では
ハワード・ディーンを始めとする民主党陣営が
積極的にブログを活用した。

ちなみに日本でも2005年に行われた
第44回衆議院議員総選挙でも
ブログを活用する動き(ネット選挙)があったものの、
ブログを含めたウェブページは
「(新たな)文書図画の頒布による選挙運動」と見なされ、
公職選挙法によって候補者のウェブサイトは
選挙告示以降の更新が停止されるという問題があり、
あまり活用はされなかった。

なお、この点については2007年現在、
解禁されるべきかどうか議論が行われており、
また現行法の枠内でも投票を呼びかけなければ
(つまり選挙に関係ない一般的な話題であれば)
更新してもよいのではという意見もある。


中国におけるブログ

現在中国では
インターネットの普及とともにブログも増え始めており、
2007年にはブログ利用者は
1億人を越すものとみられている。
中国においては、
ブログは一般のWebサイトと同様ネット検閲されており、
中国政府の厳しい統制下に置かれている。


ブログを公開するための主なソフトウェア/サービス


サーバソフトウェア

自分でサーバ上に設置するもの。
低いレイヤ
(OSの管理者特権を持っていればそのチューニングまで可能)
でのカスタマイズができる。
使用されている言語はPerlやPHP、
Java Servletなど多岐にわたる。

* Movable Type - シックス・アパート社が開発。

 Perl/PHP + 各種DB製。
 今ではWordPressにトップの座を奪われているものの
 主に日本で普及。

* Nucleus CMS - オープンソース

* WordPress -

 世界で最も普及しているオープンソースの
 PHP + MySQL製ブログツール。
 再構築の手間がかからない点が利点。

* Tattertools

* Apache Roller -

 サン・マイクロシステムズのデーヴ・ジョンソンらが
 開発しているオープンソースのJava製ブログツール。
 データベースにはMySQLを主に使うが、
 PostgreSQLなどもサポートされている。
 Apache公式プロダクトのひとつである。

* Blogn(ぶろぐん)

* BlognPlus(ぶろぐん+)

* blosxom - オープンソースのPerl製ブログツール。

* blojsom -

 blosxomから派生したオープンソースのJava製ブログツール。

* pyblosxom -

 Pythonで書かれたblosxom派生ブログ。

* LifeType



サービスサイト

Webサービス型。
特にサーバソフトの設置をする必要はない。
カスタマイズはサービスとして提供されているものに限られる。

* Windows Live Spaces

* gooブログ

* Blogger

* ブログ人

* CURURU

* FC2ブログ

* アメーバブログ

* JUGEM

* 音空ブログ

* Livedoor blog

* DTIブログ

* maglog

* So-net blog

* Seesaa ブログ

* ココログ

* 忍者ブログ

* はてなダイアリー

* ドリコムブログ

* HARMONYブログ

* ワブログ

* at-smileVideoBlog

* yaplog!

* PRESS9

* ウェブリブログ

* ナビータブログ

* au one ブログ

* ドリブロ

* ダイエット☆マメグラフ

* チェスト!



ソフトウェア型

* iWeb

* Thingamablog


ブログ検索エンジン

ブログ検索に特化したサービス。
RSSないしトラックバックPING収集型が多い。
最近は通常の検索エンジンでサポートされつつある。
テクノラティやGoogleブログ検索などがある。


ブログランキングサイト

* 人気blogランキング

* にほんブログ村

* ブログ王

* チャンプdeGoGo!

* ブログランキングくつろぐ



ブログパーツ

ブログパーツとはブログに貼る小さなパーツのこと。
ブログの機能性向上やデザイン性向上のために
貼り付けるのが主な目的。
プラグイン形式で提供されるものがほとんどである。


ブログを扱ったテレビ・ラジオ番組

* 眞鍋かをりのブログッズ(BS日テレ)-
  番組ブログとリンクさせ、進行する情報番組

* ブログタイプ(フジテレビ、終了) -
 ブログを元にした再現ドラマを放送

* ブジオ!(TBSラジオ、終了) -
 ブログを使って番組進行をする

* ブログの女王(テレビ東京、終了)

* つながるテレビ@ヒューマン(NHK総合テレビ)

* Blog TV(TOKYO MX)

* BLOG@GIRLS(BS-i)

* うぇぶたまww(テレビ東京)





出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

ブログは簡単に、ホームページのようなモノが出来るから、
初心者のあんたには、もってこいだね。
あたいの、このページだって、ブログだしね。

スケバンにも出来たんだから、
あんたに出来ないことはないよ。


最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月01日
初心者への道しるべ



アフィリエイト


(成功報酬型広告)



↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



アフィリエイト


(成功報酬型広告)


初心者への道しるべ


炎の用語解説


その03



アフィリエイト


(成功報酬型広告)


〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

アフィリエイト(成功報酬型広告)

成功報酬型広告
(せいこうほうしゅうがたこうこく)

または
アフィリエイト・プログラム
(Affiliate Program) とは、
特にインターネットWWW上における広告形態をさし、
ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によって
ウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいは
サービス等を購入し、
生じた利益に応じて
広告媒体に成功報酬を与える
一連の形態をさす用語。


概要

これらは、広告提供者(クライアント)が
アフィリエイトプログラムを提供する
広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)
に依頼して広告を出す場合と、
オンライン販売電子商店街など
インターネット上で商品やサービスを提供する企業ないし、
それら電子商店のシステムを提供している企業
そのものが設置している広告形態の二種類に大別される。
アフィリエイト・サービス・プロバイダに至っては
勃興が激しく、
またポータルサイト運営企業などが
副業的に提供している場合もある。

これらでは、
広告掲載場所を特定する識別子が
リンク中に埋め込まれており、
リンククリック時に識別子がASPに送信され記録される。
そうして実際に売上が出た際には
広告掲載側に成功報酬が支払われる。
これらASPには大小さまざまな企業が存在するため
列挙は割愛するが、
各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、
それらASP側と契約する形でバナー広告を設置、
それぞれのリンクへと誘導する。

こういったサービスには従来のパソコン向けのほかに
携帯電話向けのサービスもでており、
携帯電話向けのサービスでは
比較的成功報酬の額が高いともされているが、
逆に表示量的にも限定される携帯電話での
オンライン販売はパソコン向けオンライン販売よりも
限定的であるなどの傾向もある。
なお物品やサービスの販売以外でも、
メールマガジンの登録や、
特定サイトの無料会員募集などといった
直接的に広告閲覧者と
広告主側に金銭のやり取りが無い場合もある。

ただ最近では、
アフィリエイトのリンクであることを隠して
サイト閲覧者を騙す形で
所定サイトへ誘導するウェブサイトの横行や、
または広告を貼らずに金銭を請求する行為、
更には自らのサイトに閲覧者を呼び込むために
検索エンジンスパムやマルチポストを働くものなど、
問題行動を起こす広告サイト設置者までおり、
こういった問題サイトのグーグル八分など
検索エンジンから除外する対策を行う検索サイト
出るに至っている。




アフィリエイトの歴史

Amazon.comの創業者の孫がサイトを立ち上げていて、
「ここに商品を置いて売れたら手数料を頂戴(要約)」
と創業者に持ちかけたのがはじまりである
とされている。
但し、Amazon.comではアフィリエイトではなく
アソシエイト・プログラムと呼んでいる。

なおアフィリエイトの歴史上で
Amazon.comが果たした役割は大きく、
従来のクリッカブル広告では
所定のサイトへの誘導や
特定商品やサービスに関するディレクトリに誘導して
「成功」としていたものが
クリック詐欺などで広告視聴量に対する疑惑にも
発展して広告料支払いで係争関係にも発展する中、
所定の書籍や商品に対する直接リンクの形で、
リンク元の記事と紹介する商品との間の
連携にもより売上を伸ばし、
アフィリエイトは新しい広告の形として
急速に浸透していった。

今日でも同社のアフィリエイト
個別商品ごとの紹介プログラムが用意されており、
ブログなどの鮮度の高い情報群と
商品を橋渡しする仕組みも充実している。


アフィリエイト稼業の実態


NPO法人アフィリエイトマーケティング協会発行の
アフィリエイト・プログラム意識調査2005」によると、
アフィリエイターの七割の月収は1000円以下で、
毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは
全体の2%以下である。
アフィリエイト稼業が如何に厳しいか伺える。

しかし、
アフィリエイトのみで生計を立てている法人、
個人もいるので、
儲からないと言うのは早計であるが、
統計的に見ると極めて限られた法人、個人のみと言える。
アフィリエイトを始めれば儲かる、という状態ではない。


ただ、アフィリエイト稼業に参加すること自体が、
無料ブログサービスなどに申し込み、
ASPに申し込むだけで始めることができ、
始めるにあたり敷居も低い点が
アフィリエイトを行うユーザーの数的な増大を招き、
このような数字になった…という可能性もあり、
この辺りは様々なASPが存在してもいることから、
その各々のユーザー意識レベルにも絡んで不明である。


一部ではアフィリエイトを専業とし、
SEO
(Search Engine Optimization:サーチエンジン最適化など)

行うものや、
或いは良質なコンテンツを制作することで
リピーターを十分に呼び込んでいるサイトというのも
存在しないでもない。
ただSEOは一歩間違えると
検索エンジンスパムと同列にみなされる手法も含むため、
利用者に不快感を催させないためにも注意は必要である。
過去にはSEO手法を導入したばかりに
不正な検索結果操作だとみなされ、
グーグル八分を被った企業ウェブサイトすら存在している。


アフィリエイト稼業の動向

インターネットが普及し
アフィリエイトサービスが始まった初期には、
バナー広告を設置すれば高い確率でクリックされ、
比較的簡単に報酬を得ることができた。

これには当初、
ものめずらしさで
ついクリックしてしまう人がいたのと同時に、
個人が設置したウェブサイトにバナーがあると、
閲覧者も大抵はある程度交流のある人の場合も多く、
またクリッカブル広告をクリックすることで
閲覧者がサイト設置者にサイトの存続を望んでいる
という合図にもなったなどの事情も含んでいた。
ことメールマガジンやアンダーグラウンドなウェブサイトでは、
そういったクリックしてコンテンツ提供者に
「投げ銭」することを正当な行為とみなす「伝統」すら見られた。


しかし2000年現在では、
インターネット利用者がインターネットの仕組みに慣れ
バナー広告が明らかに広告であると認識されていることや、
インターネット全般に於いて
迷惑メールを含む広告の氾濫に
ユーザーがうんざりしていることもあり、
バナー広告自体が、非常にクリック率が低い状態にある。
初期には数十パーセントほどのクリック率を上げていたが、
現在では、よほど工夫しない限り1パーセントに満たない。


こういった事情もあって
バナー広告が非常にクリック率の低い状態にあるため、
クリック率を上げる方法として、
現在では主に、
文章などの中にアフィリエイト広告のテキストリンクを含める、
などの方法などがある。
ただその一方では、
こういったアフィリエイト指向の強いサイト運営者を
騙すような悪質な広告主も登場しており、
「セキュリティソフトウェアのアフィリエイト」と称して
掲載された広告により、
セキュリティ対策ソフトウェアの押し売り
といった問題も発生している。


アフィリエイトの利点

広告主側からすると、
対費用効果が一目瞭然で分かり、
更に費用に見合わないと判断すれば、
途中での契約停止が可能と言う
他の媒体を使った宣伝方法とは異なる利点が挙げられる。
これにより自己が想定する範囲内での広告宣伝が行える。

また、数千を超えるサイトが宣伝してくれる可能性もあり、
販売チャンスが増え、
かつ、売れなければ費用も殆ど発生しないと言う、
かなり広告主には有利な金額体系でもある。
更に、一部のASPを除き、
自己でアフィリエイターへの報酬金額を決定出来る仕様であり、
この報酬金額自体も途中変更が可能である。

その他に、
あらゆるジャンルのアフィリエイターが存在する為、
商品そのものが売れなくても、
ネット内での自己の商品、
サービスを認知させる事も可能となる。
また、マーケティング手段として利用している広告主も存在する。

上記利点が複数存在する為、
アフィリエイトを利用しようとする広告主は
増加の一途を辿っている。

アフィリエイター(広告掲載側サイト)の利点は、
仮にサイト閲覧者が広告に応募した場合、
自己へ収入が帰ってくる「可能性」がある。
これによって、サイトを更新、修正、
変更するモチベーションを保っている人間も
多数いると思われる。

非常に限定的な、稀なケースではあるが、
アフィリエイトで生計を立てている人間もおり、
中には個人で始めて、
法人化して成功を収めているサイトもある。


個人法人がアフィリエイトを行う媒体


個人法人がアフィリエイトを行う場合、
主に、ブログ、ホームページ、
メールマガジン
等の媒体を通じ行われている。


アフィリエイト報酬の種類


アフィリエイトによって得られる報酬は
主にクリック報酬と成果報酬の2つがあり、
クリック報酬は、バーナー、テキストリンク等の、
アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、
報酬が決まり、
成果報酬では、サイトより商品が売れた場合、
あるサービスに関してアクセスした訪問者が、
そのサービスに申し込んだ場合に報酬が支払われる。



アフィリエイトの問題点


アフィリエイト
商品情報を伝達する優れたシステムである一方で
いくつかの問題を抱えている。
まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、
一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに
読んでしまう恐れが大きい。
また、明らかにこのような
あいまいさを悪用したサイトも多く見られる。
次に、アフィリエイトの募集をティア
とよばれるシステムをつかって
鼠算的におこなうことによって、
実際にはアフィリエイト収入が
保証されるわけではないにもかかわらず
そのことを偽った募集や、
架空商品とアフィリエイトシステムを利用した
ネズミ講などの温床となっている。


販売収益の一定割合が
アフィリエイト側の収益となることが、
大げさまたは不正確な表現を用いて
購買を促すインセンティブとなりうることも
問題をはらんでいる。
現実にアフィリエイトを行うサイトが
無数に存在することや、
その媒体がブログなど入れ替わりが早いものが
中心であることから、
明らかな詐欺や薬事法違反などが合った場合にも
その取締りは困難である。
このような問題点に対し
業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会は
ガイドラインを出し、
適切なアフィリエイトプログラムの運用を
呼びかけている。


なお、報酬を目的とする架空注文は、
電磁的記録不正作出・同供用となる。

また、複数のブログと契約し、
広告主企業の商品をあたかも該当ブログ管理人が気に入って
宣伝したかのように見せかけ、
広告主から広告宣伝料を徴収するような手法や
仲介業者が氾濫しつつあり、
そのような事情から情報媒体としての価値が
低下しつつある。


その他にも、
SEO
(Search Engine Optimization:サーチエンジン最適化)

を駆使し、
アフィリエイト付き所有サイトの検索表示順番を
意図的に引き上げる手法などが確立されており、
俗称検索エンジンスパムとも呼ばれる。

また、プログラムによって文章やサイトを量産し、
検索エンジンに登録されるページ数を増やして
アクセスを集める方法なども行われている。

さらに、報酬目的で不正に特定作業を行い、
報酬を得るような悪質なサイトもあるとされる。
(クリック報酬を得るために、
独自のプログラムによりクリック数を上げる等)

検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、
内容に意味の無い
文章だけのアフィリエイト広告を表示するためだけのページや、
プログラムを利用した単語の繰り返し、
アフィリエイト広告だけが載っているようなページを
意図的に弾く仕組みを構築している。
(プログラムにより作られた
内容に意味の無い文章だけのブログもあり、
それらはスパムブログ
またはスブログなどという名前で呼ばれている。)


検索エンジンサイトGoogleでは、
アフィリエイトを行っているからといって、
サイトを検索エンジンのインデックス(登録)
から弾くことはないが、
内容のない(スパムブログ等)は
検索エンジンにインデックス(登録)しない
と公式に表明している。

海外ではこのアフィリエイト報酬を得るための
スパムブログが非常に問題になっている。
ロボット型検索エンジンでは人間ではなく、
コンピューターがページを読み取っている。
そのためプログラムによって作られた、
文法上は正しいが意味のまったく無い文章を
通常の文章と見抜くことができず、
検索結果に意味の無いページが表示されてしまう。
(近年は検索エンジンシステムの性能が上がり、
見抜けることも多くなってきた。)

日本でもこのようなプログラムは
一般向けに数千円〜数万円で販売されており、
簡単に購入できる状態にある。

また、オーバーチュア、グーグルアドワーズ等の
検索エンジン広告を用い、
アフィリエイトサイト
商品の販売元サイトのように見せかけ集客し、
アフィリエイト報酬を得ようとするなどの行為もあり、
これらの行為はASPではなく、
ASPに広告を出稿している企業が
直接禁止している場合が多い。


ただ、上記の様なアフィリエイト広告
掲載する側の問題点の他にEC、
広告主と呼ばれる広告出稿側の不正も存在する。
一方的な広告掲載側の不正だけが問題とされる訳ではなく、
広告主による不正も存在する。
具体的な広告掲載側の不正行為として、
以下のようなケースが挙げられる。

* 商品、サービスが成約したにもかかわらず、
 報酬としてカウントされない
* 報酬としてカウントされたあと、
 その報酬が支払われない


ただこれらは、
「内部規定に照らし合わせて不当な請求だったため」
などの理由付けが行われることも多く、
果たしてどのような内部規定だったのかも
不明確となりがちな可能性を含んでいる。

この広告主側の不正に関してはASPですら及び腰であり、
このような場合、広告掲載側は
一方的な不利益を蒙る可能性があるといえよう。

特に悪質な広告主の中には
申し込み数に対して報酬支払いの割合が常に数%台
という極めて不正が疑わしいケースも存在する。
これは100件の申し込みに対して
数件しか受付してないということである。
これで経営が成り立つ会社は極めて稀である。
またこのような極めて不正が疑わしい広告主に
なんら対応をしないASPにも問題がある。


ASPの中には、
問い合わせメールの回答者は
誰か質問しているにもかかわらず、
回答者の名前を知らせることすら
しないところもある。
通常のビジネスの常識では有り得ないことであり、
不透明な業界の体質の一端を垣間見せているといえる。

アフィリエイト広告掲載側にできることは、
広告を張る前に広告主のサイトをチェックし、
アフィリエイト報酬支払いの逃げ道を
作っていないか調べ、
もし逃げ道が存在していたなら
ASPに不正を通報する等の対策がある。
広告主側による広告掲載側への
アフィリエイト報酬支払いの逃げ道を発見した場合、
不正を通報する事をうながし、
不正をなくそうとしているASPも一部ある
(現在、このようなASPは非常に少ない)。


このような状態であるので、
広告主よりアフィリエイト広告掲載側のほうが
現在では立場が弱いといえるかもしれない。


また、過去は
「1私企業の広告主側→ASP→広告掲載サイト群」
と言う流れでネット広告その物は供給されていたが、
現在は
「広告代理店→ASP→広告掲載サイト群」
と言う流れになりつつある。
広告代理店はテレビ局などのCM、
CFなどを手がけるような有名な企業が主に行っている。
このような広告代理店のネット広告への影響が
急拡大しつつあり、
寡占化が急速に進行している。


広告出稿側の不正行為について



広告主の中には、
成果報酬支払いの意思が全く無い
悪質業者が存在すると推測される。
報酬支払い率
(業界ではおおむね承認率と呼ばれている)
数%の広告主は承認率を名目上、
0%にはできないため、
一応支払いを実行しているとの名目を作るために
数%の支払いを実行している過ぎないと推測される。
これらの悪質広告主の中には知名度の高い上場企業も含まれ、
企業の知名度・規模では全く判断できない。

前の項目のアフィリエイトの問題点でも
承認率の不自然な低さに触れているが、
それに加えて、
報酬支払い確定までの期間が極端に長い
広告主が存在する。
中には報酬確定まで半年以上という広告主も存在する。
報酬確定まで長期にもかかわらず
報酬キャンセル実行は早く2、3週間でキャンセルされ、
最終的に数%のみ承認されるケースがある。
そして比較的短期間で広告から撤退したり、
一旦広告を停止にしたりを繰り返す。


具体的な例としては、以下のようなものが挙げられる。


* 正当な成果を却下にしてしまうケース。

このケースが一番多い。
広告主側が認証作業
(成果を承認するか却下するかの作業)する権利を
本システムの特性上保有している為、
これを悪用し、正常なアクションを却下にする行為。

これは特定のとあるシステムを持つサイトであれば、
却下されたアクションを広告会社に問い合わせて
承認にさせる事も可能であるが、
一般的なサイトはそのような事は出来ない。
また一般的なサイトがASPに問い合わせても、
却下された中の人が
実際にどのように動いて本当に成果となったかどうかの
見極めが不可能な為、
広告主が適当な理由を付けて結局は
支払われないと言う事が頻発している。
広告主に全ての最終判断が委ねられると言う、
アフィリエイトシステムの最大の欠点と言え、
適当に認証作業を行われた場合、
ASP、広告掲載側サイト双方が完全に損をする。
アフィリエイトと言うシステムは
まだまだ不完全と言える。



* 会員登録を行う事により発生する成果条件として、
会員登録をし、
会員登録先サイトで実際に特定の行動しないと
成果条件を満たさないケース。

このケースの場合、
会員登録が成果到達地点であると銘打っているものの、
実際には会員登録のみでは成果とならない為、
客が誤認しやすい。
このような広告の場合、
総じて承認率が非常に低く、
更に成果条件を満たしているはずなのに、
広告主側の成果調査項目が増えている事も相まって、
誤認、または意図的に却下されるケースが多発している。

またこういう成果条件の場合、
承認されるまでの期間が広告成果条件の必要性上、
非常に長くまた実際の承認率を見ても、非常に低い。
ASPが現在監視しているケースもある。
100件の申し込みがあっても、
実際には5件も承認がなかった等と言う
通常ありえない事も発生するのが本広告形態の特徴である。
掲載を見送るべき典型的な騙し広告である可能性が高い。
またどれだけ誘導しても代金が発生しづらく、
成果確定も長い。



* 大手ショッピングサイトで常に問題となっているケース。

客をショッピングサイトに誘導し、
商品購入で成果が発生する。
報酬金額は購入金額の1〜5%が多い。
5%以下の承認率であるとされ、
悪質広告主であると推測される。
本来ASPが率先して状況改善すべきであるが、
有力企業のため掲載中止がなされない場合と、
ASPと広告主が一体になって利益共有してると推測される。



* 本来の目的を騙す、または隠しているケース。

アフィリエイト広告をクリックすると
一見正常なページに見えるが、
実際に登録すると
出会い系やアダルトサイトへ誘導する広告。
メールアドレスを該当広告主に登録すると、
出会い系、アダルト系特有のねっとりとしたメールが
多数寄せられる。
更に酷い所は勝手にメールアドレスを
別の業者へ転売する事を目的として
広告主を行っているような
非常に悪質なケースもある。
このケースも通常はASPが監視すべきであるが。
事前事後調査をすべき広告主が増えてきている。



* 金融広告でよく見られるケース。

承認率が非常に低く、成果が上がらないケース。
クレジットカード、消費者金融などの金融系に多い。
特定の分野のサイトは成果追及できる為、
却下されたものをASPに調査依頼する事で
承認に変える事も出来るが、
一般的に通常に誘導して、
成果を待つだけのサイトは却下された理由は不明で、
通知されたらそれで終わりなのが現状である。
広告単価が他の広告と比べ、
金融系は数倍〜数十倍なので広告搭載者も非常に多く、
金額的には最大の不正未払い被害を出していると
推測される。
昨今の金融規制などが経営を圧迫しているとされ、
さらに不正が横行していると推測される。



* 初めに承認した成果を途中で勝手に却下にするケース。

この事実を知って問い詰めても、
主に広告主が間違えたとASPは説明するが
本当か嘘かの真偽は不明。
本来、ASPの広告主は1回成果確定した場合、
再度の成果変更は初期に書面
またはWeb上での契約時に禁止する契約になっているASPが多い。
またシステム上、
そのような仕組みはASPの広告主専用管理画面上では
出来ない仕組みだが、
この契約を広告主側とASP側が勝手に破り、
承認していた成果を却下にしてしまう。
しかもこのような場合、
該当広告掲載側への通知は一切ないケースがほとんどで、
却下が再度承認になる事は殆ど無い。



* 成果報酬を支払わないケース。

広告主が倒産または夜逃げ等の報酬を支払えない場合があり、
そういう場合は
ASPが全面的に被害を補償するケースもあるが稀である。
ASPとの契約時にこういったケースが記載されているので
再度確認する事をお勧めする。
上記の他に、
支払わないと適当な理由を付けて通告してくる広告主もある。
典型的な悪徳広告主と言える。


* 成果が本来発生していても、
報酬をカウントする為の広告タグを
広告主が故意か偶然か外しているケース。

これはかなり頻繁に発生しているが、
通常、知る手段はASP頼みと言える。
広告タグとは、ASPと広告主が契約した場合、
成果到達地点Pageに広告主側のサイトに貼り付ける
数行程度のHTML構文であり、ASP側が用意する。
これを勝手に広告主側が削除したりする。
これを監視しているASPもあるが、
殆どのASPは実質的に監視をしていないと思われる。
現在は事実上、広告主の善意頼みの状態である。
本来、アフィリエイトの根幹を揺るがす大変な事なのだが
非常に簡単であるが故に、広告掲載側の被害が絶えない。
このような事態が発生した場合、
ASPが補填してくれると連絡が来て初めて知る場合も
あるにはあるが、殆どは補填されないし、
ASP側からの連絡もないケースが殆どである。
完全に広告掲載側の泣き寝入りである。
本現象は過去から常に発生しており、
ようやく最近になって特定大手ASP
プレスリリースを出して監視することを発表した。


* 広告報酬単価が通告なしに下げられているケース。

報酬価格改定は基本的に事前に契約掲載サイトに
変更日時を通知するのが通例であるが、
これを通知せず、
勝手に単価変更する事例が見受けられる。
これは既にアクションが承認されていても
関係なく行われるので、
アフィリエイトシステムを使っている法人等は
収支計算が滅茶苦茶になってしまう。
このアクション価格改定は基本的に広告主が
ASPに依頼する事で成り立つ。
よって突然の変更依頼を許してしまうASP側にも
重大な過失があると言え、
業界自体が弱小な個人運営の広告搭載サイトを
ターゲットにしているため
このような行為を行いやすいと推測される。
そのほかにも昨日あった成果データが
今日になって消えていた等と言うケースも起きる。
その場合、不正を行っているのはASPであり、
ASPしかこのような事は出来ない。



ASPから提供されている売り上げデータを
ダウンロードし保管することが
唯一の防御策といってよい。
大手ASPの中にはInternet Explorerでは
売り上げデータをダウンロードできないケースがある、
これを障害であると称して、
別のブラウザをインストールするよう推奨している。


ASP(広告サービス提供側)の問題点


上述悪質広告主も問題があるが、
ASP側にも問題がある点が多い。

具体的な例:

・広告主と契約し、
自身のネット媒体(BlogやWebPage)
に広告を貼り付けたにも関わらず、
広告が表示されない、または非常に遅い場合がある。

これは基本的にASPのサーバ
または回線に問題があるケースが殆どで、
表示されないと当然、収入に繋がらないし、
広告をクリックしても
「サーバが停止しています。時間を置いてアクセスして下さい。」
と言う意味の英語表記がされている事が殆どである。



・不正対策が非常に後手後手である。

まだ会社組織として成熟していない業態である
と言う観点から割り引いて考察するとしても、
それでも非常に遅い。

広告主、広告掲載側の両者が
不正が起こっていると報告しても、
殆ど対応がなされない。
または対応したにしても、
期待している対応ではない事が殆どで、
ASPによっては報告に対する返事もこない事は
多々あり日常的な事と言える程である。
これは顔を突き合わせて話等をせずとも
ビジネスがある程度成り立ってしまう、
インターネットでの出来事であると見ている風潮が
あるともいえる。
ただ、広告掲載側や広告主等の扱うサイト数、
対応するサイト数が非常に多い為、
煩雑な業務に翻弄されて居ると言う
側面がある事は否めない。
更に、上述の通り会社組織としては
まだまだな点も多いし、
資本力などの影響で人を潤沢に配置出来ない
と言う現実的な問題もあるので、
その点を考慮する必要もあろうかと思われる。



アフィリエイト
ビジネスシステムとして根幹に不備がある。

一般的な流れとして

顧客が広告バナー・テキストリンクをクリック→
顧客のPCに専用のクッキーが登録される→
顧客が広告主サイトを閲覧→
必要事項を入力する→
成果地点に到達→
ASPサーバへ成果データが届けられる→
広告掲載側がそのデータを閲覧

これが一般的な流れであるが、
最大の問題は売り上げデータに中立性がなく、
広告主の言い値に過ぎないことである。
自分で買った場合や、自己登録にもかかわらず、
売り上げデータに反映されないケースがある。
このことからも明らかに不正が横行していると
推測される。


様々な理由があるが、
ASPのチェック体制、
インフラの貧弱さが要因として上げられる。
広告主の不正も考えられるし、
客がクッキーを受け入れない設定にしていた、
セキュリティツールやその他のソフトによる
客が意図しないクッキー埋め込み中止等による
カウントデータロスト等、様々な理由も想定される。
だが、基本的に掲載側はバナーを貼り付けると
それ以上の客の動きは把握出来ないし、
データロストしても追及は出来ない。
インターネットの特性上、
このような事が起こりうるのは想定出来るが、
昨今は特にネット業界の売上増加などから分かるとおり、
利用者が増加傾向にあり、
そうなってくると正常に起こった成果が
カウントされないと言う件数が
必然的に増えてくるのは必然である。
これに対する対策が旧態依然として
全く行われていない現状はASPとしても
問題があるのではないだろうか。
アフィリエイト経路の簡素化や、
不正が起こり辛いようにさせる方策、
または啓蒙活動、
更には正常な設備投資などが求められる。
また、ASPのの勤務は過重であり
人の入れ替わりが激しく
人材安定向上が今後求められる。





出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

アフィリエイトって、簡単に言うと、
ASPっていう
情報商材を売っているところに登録して、
広告代理店の許可をもらうってコト。

IDっていう、番号でどこの広告代理店が
商品を売ったのかを分かるシステムなんだ。

商品を売るときに、商品のリンクをもらって、
それをあんたのブログやホームページ、
メルマガに載せて、
そのリンクから、お客さんが買い物をしてくれたときに、
報酬が発生して、
あんたの口座にお金が振り込まれるってコトなんだ。


何となく分かったかな?

用語解説の中には、
結構ハードなことが書いてあるけど、
初心者のあんたが、知っておいた方が、
今後、騙されなくて良いと思って、そのまま載せました。

アフィリエイトの光と影なんだけど、
あたいが薦めている、『情報商材』の
は、その影の部分を排除にかかっているし、
ASPや、インターネットの業界自体も、
影の部分を閉め出しにかかって、
世の中が良い方向に動いているから、安心しておくれ。

ちょっとびっくりさせたかもしれないけど、
負の部分を知ることは、あんたのためなんだ。

あんたには、騙されないで欲しいと思ってるので、
まあ、他に教えてくれる人はいない訳だから、
あたいが言うしかないんじゃないかと・・・。



とにかく。

最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年10月29日
初心者への道しるべ



インターネット


サービス


プロバイダ



↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



インターネット



サービス



プロバイダ


初心者への道しるべ


炎の用語解説


その02



インターネット



サービス



プロバイダ


〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

インターネット・サービス・プロバイダ

(Internet Service Provider)とは

インターネットに接続するための

サービスを提供する企業あるいは団体である。

プロバイダISPなどと

略して呼ばれることが多い。

日本では電気通信事業者の一つとして位置づけられている。





歴史

* 1987年 UUNETが世界初の商用ISPとしてサービスを開始する。

* 1992年 IIJが日本初の商用ISPとしてサービスを開始する。

 同年のニフティサーブ(現・@nifty)をはじめとして、

 パソコン通信サービス事業者は相次いで

 インターネットとの相互接続サービスを開始。

* 1993年 TWICSが日本初の個人向けISPとなる。

* 1995年 インターキューがダイヤルQ2を

 利用した非会員制の個人向けISP事業を開始。

* 1996年 NTT直営(当時)による

 プロバイダ事業「OCN」が開始され、

 アクセスポイントの拡充が図られる。

* この頃から、個人向けとして

 ダイヤルアップ接続(PPP)による

 一般電話やISDNを経由した

 接続サービスが普及・一般化した。


* 2000年前後 ADSLやCATV、FTTHを用いた

 いわゆるブロードバンド回線が、

Yahoo! BBのADSLプロバイダ事業参入以降

 急激にその価格を下げ、一般的となった。

* 2002年 特定電気通信役務提供者の

 損害賠償責任の制限及び

 発信者情報の開示に関する法律

 (プロバイダ責任制限法)施行。




主なサービス内容

インターネット接続サービスの提供として

インターネットへのコネクティビティ(接続性)

を提供する事を主要なサービス内容とする。



その他付帯的なサービスとしては

電子メールアカウントの提供、

ウェブページ公開用スペースの提供、

またISP独自によるポータルサイトを運営しており、

併せてコンテンツサービスを

提供する業態が一般化している。




サーバーに対する負担やセキュリティーの問題から、

CGISSIなどの利用に

制限を設けている場合がほとんどである。




近年はIP電話VODなどの

ブロードバンド回線を活用した

付加サービスも一般化している。


その他、企業向け等に専用線接続サービスや

VPNホスティングサーバ

(俗に言うレンタルサーバ)、

ドメイン名取得手続きの取次ぎ、

ASPなどの提供なども行う。



また、一般的ユーザ向けに

サービス利用のためのユーザサポート

(電話やメール、さらには出張サービス)も行う。

通常、日本国内におけるISPは

届出電気通信事業者の中で

「電気通信回線設備を設置しない事業者」という区分

(旧一般第2種電気通信事業者)にあたる。


事業の開始に当たっては

総務省(総合通信局)への届け出が必要。

ISP事業は、

届出電気通信事業者

(電気通信回線設備を設置する事業者)や

登録電気通信事業者、

認定電気通信事業者の事業範囲に含まれる為、

これらの事業者がISPを兼ねる場合もある。




回線事業者の回線はアクセス回線、

アクセスネットワークなどとも呼ばれ、

POI(Point Of Interface:ISPとの接続点)から

ラストワンマイルを経てユーザー宅までの接続回線を提供する。



一方、事業者が従来から保有してきた回線を活用したり

またはISP自体が積極的に回線を構築

(投資)するなどにより、

ISPが回線事業者を兼ねて

一体化したサービスを提供することを

強みとする事業者もある。

ADSLやCATV、FTTHなどの

ブロードバンド回線サービスのほか、

無線アクセス(FWA:Fixed Wireless Access)

などの無線ネットワークサービスにおいても見られる。



携帯電話PHSにおいても、

各移動体通信事業者(キャリア)が

ISPサービスも提供している形態もある。



また、ISPが回線事業者からの

接続回線の卸提供を受けて

ISPサービスと接続回線サービスを一体化

(ホールセール、whole sale)して

提供する形態もあり、

CATV、FTTH、ADSLなど

ブロードバンド回線に多く見られる。





2006年時点での主な提供サービスをまとめると、

* インターネットへの接続性の提供

* ダイヤルアップ接続

* 一般電話

* ISDN

* 提携先海外プロバイダの

 現地アクセスポイントへのダイヤルアップ接続


* ブロードバンド接続

* ADSL

* FTTH

* CATV

* 専用線

* IP電話サービス


* モバイル系接続

* AIR-EDGE

* 公衆無線LAN

* 携帯電話




* メールアカウントの提供

(社によっては家族用などの目的で、

 一つの契約で複数のアカウントを取れる場合もある)

* ホスティングサーバ

 (ウェブページ公開スペース)の提供

* アプリケーションサーバの提供

* ニュースサーバ(ネットニュース)の運営

 (BIGLOBE、@nifty、DTI、ODN、IIJ、Yahoo! BB

 のように中止したか当初より持たないところも多い)


* 独自ドメイン名

 (.jpドメイン、.comなどのgTLD、.tv(ツバル)

 など一部他国ドメインなど)取得手続きの代行

* いわゆる迷惑メールや、

 コンピューターウイルス入りメールの

 チェックサービス(一部)

* ダイナミックドメインネームシステム(一部)

* ポータルサイト運営

* 音楽や映像などのコンテンツサービスの提供

(ビデオ・オン・デマンドなど、大手一部)


となっている。




無料プロバイダ

プロバイダの中には、接続料が不要なものもある。

最も一般的なものはダイヤルアップ回線を利用した

無料プロバイダで電話料金のみ負担すれば使用できる。



初期はライブドアなどが有名であったが、

ブロードバンドの普及に伴って事業者が減少している。

なお専用ソフトをインストールし、

広告を表示することによって

収入を得るというビジネスモデルの事業者もある。



無料プロバイダには

有料プロバイダでサイトにアクセスして会員登録をした後、

IDとパスワードを使ってログインするものと

全員共通のIDとパスワードが公開されているものがある。

後者の場合は出先で

いきなりネットに接続する際に利用価値が高い。



2006年現在は

平成電電の事業休止に伴い、

多くの無料プロバイダで

アクセス回線に利用していた回線が

利用できなくなったため、

複数の無料プロバイダが事業縮小してしまった。


その代用としてソフトバンクや

KDDIの回線をアクセスポイントとして提供した

事業者もあるが、

この回線は携帯電話から掛けられないため、

モバイラーにとっては

無料プロバイダの選択肢がほとんどない状況となっている。





事業者としての課題



継続的に技術の進歩および

厳しい価格・サービス競争にさらされており、

ISPの吸収合併などの再編も一部では見られている。



ダイヤルアップの時代には

パソコン通信と同様に

オンラインサインアップにより接続設定し、

すぐにサービスを利用開始できるようにし、

新規ユーザの獲得に貢献した。


また、CD-ROMによる

オンラインサインアップ用のソフトウェアの配布

(店頭、雑誌添付など)、

新規購入PCへのバンドル

(初期インストール済)などもある。



ブロードバンド回線の普及以降、

ユーザへのISPサービス普及率の大幅な増加、

それによる新規加入者数増の鈍化などが表面化し、

サービスの差別化のほかに

ユーザを他のISPから乗り換えさせる方針に

重点が置かれている

(乗り換えたユーザへの料金割引など)。



一方で、各地に多数存在した

ダイヤルアップ接続用アクセスポイント回線の縮小が、

ナビダイヤルなどの特殊番号サービスを利用した

「全国共通番号」などの形で進行している。



ブロードバンド回線の普及に伴い

急増しているコンピュータウイルスや

スパム(いわゆる迷惑メール)への

セキュリティ対策も、

ユーザへのサービス提供も含めて重要となっている。


ISPによっては他社とのサービスの差別化の一つとして、

スパム対策サービスや電子メールの

ウイルスチェックサービス、

パケットフィルタリングサービスを

有償または無償で提供している。



またセキュリティだけでなく、

ユーザ数の増加・一般化に伴いユーザ自身による不正、

不法または違法な行為への対処も

(一部限定的ながらも)求められている。



上記のような状況やブロードバンド化による

通信量の増加などに対応する

設備投資が負担となり、

通信キャリア系列や

一部の大手電機メーカー系列などの

大手事業者以外の中小事業者

(いわゆる地場系のプロバイダ)は

経営が苦しくなり、淘汰が進んでいる。




日本の主なプロバイダ



 電機メーカー系列のプロバイダ

* BIGLOBE(NECビッグローブ) - NEC系。

* @nifty(ニフティ) - 富士通系。

* So-net(ソネットエンタテインメント)

 - ソニー系。



 NTT系列のプロバイダ

* OCN(NTTコミュニケーションズ)

* ぷらら(ぷららネットワークス)

* WAKWAK(NTT-ME) - NTT東日本系。

* SANNET(NTTデータ三洋システム)

  - NTTデータと三洋電機の合弁会社。




 ソフトバンク系列のプロバイダ

* Yahoo! BB(ソフトバンクBB)

* ODN(ソフトバンクテレコム)


 ケーブルテレビ系列のプロバイダ

* @NetHome(アットネットホーム)- J:COM系。


 電力会社系列のプロバイダ

* eo(ケイ・オプティコム)- 関西電力系。

* MEGA EGG(エネルギア・コミュニケーションズ)

  - 中国電力系。

* Pikara(STNet) - 四国電力系。

* BBIQ(九州通信ネットワーク)- 九州電力系。


 鉄道会社系列のプロバイダ

* CYBER STATION - JR系、鉄道情報システムが運営。

* Tigers-net.com(タイガースネットコム)

  - 阪神タイガース公認ISP、阪急阪神系

* イッツ・コミュニケーションズ - 東京急行電鉄系


 その他のプロバイダ

* au one net(KDDI)

* ASAHIネット(朝日ネット)

* DTI(ドリーム・トレイン・インターネット)

  - フリービット系列。

* hi-ho(ハイホー)

  - IIJ系列、以前は松下電器系列。

* AOL(イーアクセス)

* Gyao 光(USEN)

* InfoPepper(インフォペッパー)

  - 以前は東芝系列。


 かつて存在したプロバイダ

* ドリームネット - 2005年7月にOCNに統合された。






出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年10月27日
初心者への道しるべ



ASP


(アフィリエイト・


サービス・


プロバイダ



↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ASP

(アフィリエイト・


サービス・プロバイダ


初心者への道しるべ


炎の用語解説


その01



ASP


(アフィリエイト・


サービス・


プロバイダ


〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

アフィリエイト・サービス・プロバイダ

(Affiliate Service Provider) とは、

インターネットを中心に

成果報酬型の広告を配信する

サービス・プロバイダで、

略してASPと呼ばれることがある。



広告主 (EC) は、

ASPを仲介にして、

個人・法人が運営するウェブサイトでの広告の掲載を依頼し、

結果として広告のクリックや

掲載商品の購入など

あらかじめ設定された成果条件にいたった際に

成果報酬として

アフィリエイトサイトに広告料を支払う。



主要ASP

* バリューコマース - (東証マザーズ上場)

* ファンコミュニケーションズ

 (A8.net、Moba8.net)
- (ジャスダック上場)

* アドウェイズ

 (JANet、Smart-c)
- (東証マザーズ上場)

* インタースペース

 (アクセストレード)
- (東証マザーズ上場)

* ディーエヌエー

 (ポケットアフィリエイト)
- (東証マザーズ上場)

* フルスピード

 (アフィリエイトB)
- (東証マザーズ上場)




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。