2007年12月19日
初心者への道しるべ



コメント


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



コメント

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その27



コメント

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

コメント


コメント とは・・・。

コメント

コメント

コメントとは?

コメント

* 注釈

* 意見

* コメント (コンピュータ)
 - コンピュータ言語のソースコード中に
  記述される注釈。

* ブログの一機能。
 記事に関連して発言を行うこと。

 
* Request for Comments

* パブリックコメント


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

このブログの下の方に、

コメントを書く欄があるんだけど、

(コメント)って、いうところを、

クリックしてもらうと、

現れる欄なんだけど、

その欄に、この記事に対する意見や、

聞きたいこと、感想、自分の所にも来て、

など、何か、管理人

(この場合、ココの管理人はあたいなので、
 あたいに対して)

に対して、『いいたいことを残すこと』を

『コメントを残す』という。

このコメントでも、

実は、検索に引っかかったりするので、

驚くところから検索で入ってきてくれる人もいるんだよ。



だから、コメントって、とっても大事。

自分にも、相手にも。



名前と、あんたのブログとか、ホームページの、

リンクを残すと、

被リンクになって、SEO対策にも良いみたい。


何か残してもらえれば、

あんたの所へも遊びに行けるしね。


このコメント欄に、コメントを残すことによって、

仲間が出来たり、相談が出来る人と知り合ったり、

新しい情報が手に入ったりと、

色々と用途がたくさんあるんだ。



又、コメントで知り合った人とは、

仲間になるだけでなく、

応援もしてくれたりもするから、

心のよりどころになったり、

心の支えになったり、

やる気を引き出させてくれたり、

もう、様々な、良いことが起こっていくんだよ。


実際、1つのコメントが引き金になって、

情報商材が出来たりするからね。


まあ、オンラインもオフラインも、

同じ人間のつながりだから、

大切にすることは、良いことだよ。



試しにやってみると、

こんなおもしろいことはないから、

はまっちゃうかも。

又、SNSとかで、知り合って、実際に会って、

恋人にあるっていうこともあり得るんだよ。


あたいの友達(ダチ)は、SNSで知り合って、

何年かの交際の後に、結婚した人もいるからね。


なかなか、あなどれないでしょ?

コメントって。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年12月17日
初心者への道しるべ



レス


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



レス

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その26



レス

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

レス


レス とは・・・。

レス

レス

レスとは?

レス


* パソコン用語(後述)
* less - UNIXのコマンドの1つ。
* loess - 黄土ともいう。
 砂漠や氷河に堆積した岩粉が風に運ばれ
 堆積したもの。
 華北やヨーロッパ中部、
 北米中央部に分布。


----------------------------

レス(しばしば res と綴られる)は
パソコン通信時代から使われていた用語で、
あるメッセージに対する返信
あるいはフォローアップを
意味するものとされる。

和製英語で、英語圏では通用しない。


語源には諸説あるが、主なものは次のとおり。

1. 電子メールやネットニュースで、
 あるメールや記事に返信する際に、
 多くの場合MUAやニュースリーダが
 Subject:欄に追加する「〜について」という意味の
 英語の接頭辞 Re: からレスポンス(response)を連想し、
 それが縮まってレスになったとする説。
 (ただし Re はresponseの略ではないという説が有力。)

2. パソコン通信サービスNIFTY-Serveが
 「電子会議室」(現在でいう電子掲示板に相当)
 での特定の投稿への返信に RES
 というコマンドを用いたことから普及し、
 それが他のシステムやサービスでも
 一般にも使われるものと誤って理解して
 他のサービスでも広めたという説。

3. パソコン通信サービスASCII-netで
 「電子掲示板」上に作られるベースノートに
 書き込まれるものが「レスポンス」であった。
 これの省略形として用いられたものが
 他のサービスでも広がったという説。


パソコン通信を経験したあとに
インターネットのネットニュースを利用した人が
よく使ったが、
「(ネットニュースには)そのような言葉はない」
レスってなんですか?」と返答されることもあり、
それでも頑なに
レス」という言葉を使い続ける相手を
忌み嫌う人も今なお多い。
なおこの議論の過程では、
ネットニュース及び日常会話の文脈で意図される
レス」という言葉について、
さらにファミ「レス
(この場合はレストランの略)、
プロ「レス」(この場合はレスリングの略)等、
28通りの例があげられていた。

現在ではインターネット掲示板などでも
よく使われる言葉になっている。
おおむね掲示板での使用例では、
(メールなどではなく)
その掲示板上での回答を意図される場合が多いが、
人によって異なるものを想定している可能性は0ではない。


使用例



横レス


電子掲示板などで、
2人がやり取りしているところへ
別人が話題に加わるときに「
横レス失礼します」
と断ってから書き込むことがある。
中々奥床しいものである。


マジレス


「マジレスします」
といえば、真面目に答えます、
本気で言います、といった意味。


亀レス


亀のように遅いレス。
だいぶ前の話題に対して
メッセージを付ける際に
「亀レスでごめん」などという。


レス屋


電子掲示板などのベテラン常連で、
質問などに次々とレスをつけていく人。
敬称のような意味合いを持つことがある。
悪徳商法関係の電子掲示板を中心に
使われる言葉。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

あんたも、掲示板に書いたり、

ブログを作ったりするときに、

目にしたことがあるかもね。


又、「電車男」でも有名になったから、

あんたも知ってるかもね。

掲示板の住人たちが、

「電車男」にメッセージを残すところが、

レス。

レスを残す・・・とか言うんだ。

何となく分かったかな?




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年12月15日
初心者への道しるべ



ハンドルネーム


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ハンドルネーム

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その25



ハンドルネーム

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ハンドルネーム


ハンドルネーム とは・・・。

ハンドルネーム

ハンドルネーム

ハンドルネームとは?

ハンドルネームとは
無線通信やインターネットをはじめとした
ネットワーク上で活動するときに用いられる
別名のことである。

HNと略されること、
あるいは英語での意味をそのまま用いて
handle(ハンドル)と呼ぶもある。

ゆえに本来はハンドルと呼ぶべきものであり、
ハンドルネーム」という表現は間違っている。

「ホームページ」、「ハッカー」、
という用語同様、
日本に誤ってこの意味が伝わってしまった。



由来

ハンドルという単語自体に
『名前(ネーム)』の意味が含まれているので、
ハンドルネームとは?ではなく、ハンドルが正しい。

ハンドルネームという表現は和製英語で、
「ハンドル」が自動車の操舵装置
(正式には"steering wheel")
若しくは“手渡し”(handle)の意に
なってしまうため、
混同を避ける意味でハンドルネーム
使われてきたと言われる。

アメリカでは、
ハンドルが一般化する以前には、
スクリーンネームとの呼び名が
一般的だったという。
しかし、
ハンドルの語源も、
上述の意から来ている。

ハンドルネームの由来としては
複数の説がある。

そのひとつは上記でもいう
長距離トラックの運転者による
無線通信で使われていたニックネームより
もたらされたという説であり、
もうひとつはプログラミングにおける
ポインタへのポインタを「**ハンドル」
と呼んでいたことから
転用されたという説である。


前者については、
米国で1960年代に登場した
無線システムである市民ラジオが
長距離トラックの運転者を中心に
ブームとなり、
やがて交信の際に使用すべき
自らの呼称を、各々が勝手に
「(トラックの)ハンドルを握っている何某」
として独自のニックネームを用い始めた。

これは運転中の退屈しのぎに
無線で交信する際、
くだけた雰囲気の中で
親近感を抱かせる為のものであると共に、
無線で道路上の取締り情報を
交換する際に身元を
明かさない必要があったからである。

やがて、モールス通信を行なう際に用いる
電鍵のグリップ部分に引っかけて、
アマチュア無線家の間でも
コールサインと併せてニックネームとして
用いられるようになった
(無用にモールス符号でフルスペルを
打電すると時間がかかって仕方がないため 
例としてミシシッピ州は短点だらけである)。

また、アマチュア無線以前に、
テレックス文化というのがあった。

これが転用されて、
英語圏ではネットワーク上での
名前を意味するようになった
というものである。


後者については、
インターネットが盛んになる以前の
パソコン通信と呼ばれた
ネットワークの創世記において、
プログラマー達も多数参加していたことから、
プログラミングで日常的に用いていた言葉が
パソコン通信の世界で転化され使われていた。

例えば読み書きする人をRAMと呼んだり、
読むだけで書き込みしない人を
ROMと呼ぶといったようにである。

そのため、
パソコン通信における
ニックネームについても、
プログラミングにおけるポインタへの
ポインタが「**ハンドル」として
呼び習わされていたことから、
特定の人を示すニックネームを
ハンドルと呼ぶのが一般化した
というものである。



ハンドルネームの使用について

日本語では、
「ペンネーム」「ラジオネーム」
「Webネーム」などからの類推で、
名前を意味する「ネーム」を付けて
用いられることが定着した。

本来、
ネットワーク上で実名で発言することは
禁じられていないし、
実際に実名だけで活動している人も
少なくはない。

しかし、
遊び心にあふれた
ネットワーカー文化として、
なんらかのハンドルネームを持つことが
ほぼ伝統のようになっているのである。

それだけでなく、
利害や思想に絡んだ発言をしたときに、
身元を特定されて
現実の攻撃を受ける事態を
未然に防ぐ効果も指摘できるだろう。


ネットワーカーにとっては、
ネットワーク上ではハンドルネーム
実名と同等のアイデンティティとなる。

そのため、ネットワーク伝いに
知り合った者同士は電子メールで
やりとりするときもハンドルネーム
呼び合うことが多く、
また、実際に会うとき
(オフラインミーティング、オフ会)でさえ
ハンドルネームで呼び合う。

珍妙なあだ名で呼び合っている親密な集団は、
ネットワーカーのオフ会の特徴とも言える。

日本でのハンドルは、
それぞれのコミュニティによりその性格は
大分異なる。


通常、
一人の人間が色々な場面に応じて
複数のハンドルネームを使いわけることは
珍しくない。

ただし、
同じ場で複数のハンドルネーム
使い分け、
あたかも複数の人間が
活動しているかのように見せかける行為は
自作自演として激しく非難される
(悪意のない自作自演であれば
許容される場合もある)。


逆に、
他人が使っているハンドルネーム
同じ場の別の人が騙った場合も
マナーを逸脱した行為として非難の対象となる。

同名でなくとも、
数文字しか違わないものを使う行為は
「真似ハンドルネーム
(略して「真似ハン」)といい、
やはり問題視される。

騙りもしくは真似ハンで暴言をし、
相手に濡れ衣を着せるという
悪質な行為を行う輩もいる。

また、
2ちゃんねるなどのように
匿名で活動する者が多い場で、
あえて固有のハンドルネームを使い続けるとき、
これを明示的に「固定ハンドルネーム」
(略して「コテハン」「コテ」「固定」)
ともいう。

これに対して、
一時的に名乗って使い捨てにする
ハンドルネームは「捨てハンドルネーム
(略して「捨てハン」)という。

たまたま訪れた掲示板で
一度限りの書き込みをする時などに使われる。

「通りすがり」等を名乗って
捨てハンであることを明示する場合もあるが、
上記の自作自演行為のために
捨てハンとは気づかれない名前を
用いられることもあり、
同様に非難されている。

また、
匿名掲示板では
名無しで書き込んだあとに
同一人物であることを示す必要が出ると、
自分の発言番号を捨てハンとして
使用することもある。

尚、
実名を表示するサイトにおいても
ハンドルネームを使用する事がある。

例えば日本人の名前は同じ日本人でも
読み間違えてしまう事があるため、
あえてハンドルネームを使用する事により
サイト内での会話を円滑にすることができる。

あるいは同姓同名が存在する場合においても
有効である。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

あんたも、掲示板に書いたり、

ブログを作ったりするときに、

実名を使わないことがあるだろうね。

ハンドルネームは、言ってみれば、

ラジオで言うところの、ペンネーム、ラジオネーム

みたいなものなので、

あんたのことを表すような、名前を付けると良いよ。


「名は体を表す」
って言うし。


あんたが『なりたい姿を名前にする』

っていうことも良いねえ。

例えば、あたいの肩書き

『情報商材特別捜査官:スケバンyoko☆彡』

は、情報商材を紹介するときに、

『すけばんyoko』

は、可愛くコメントをしたときに。


そんな感じで使っているんだ。


あんたなら、どんな、

ハンドルネーム」をつけるかな?



最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年12月13日
初心者への道しるべ



電子掲示板


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



電子掲示板

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その24



電子掲示板

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

電子掲示板


電子掲示板 とは・・・。

電子掲示板

電子掲示板

電子掲示板とは?

電子掲示板
 (でんしけいじばん、BBS、
 英語: Bulletin Board System)
とは、

コンピュータ・ネットワークを使用した環境で、
記事を書き込んだり、閲覧したり、
コメント(レス)を付けられるようにした
仕組みのことである。

単に「掲示板」と呼んだり、
英語表記の略語で "BBS" と呼んだりする。

電子掲示板を利用すると、
情報交換や会話・議論などを行うことができる。

主に、パソコン通信や
インターネットのウェブなどの上で実装される。

あたかも掲示板を電子的に
実現したようなものであることから、
「電子掲示板」と名付けられた。


120中太文字インターネットの掲示板

インターネット上の電子掲示板は、
インターネットコミュニティの一種である。

個人がウェブサイトに開設するなど
小規模なものから、mixi、2ちゃんねるのように、
電子掲示板を集めて
一つのウェブサイトとして発展させ、
現実社会に影響を与える大規模なものまで、
様々な電子掲示板が存在する。

また、
学校や企業内で特定のメンバーのみが
利用するもの、
不特定多数が利用するものなど、
設定によっても利用方法は異なってくる。

世界最大の掲示板は、
SNSを含めるなら
利用者数1億2000万人の
MySpaceが挙げられる。
(月600万人規模で利用者を拡大している、
 世界最大のコミュニティである。)


日本語中心の大規模掲示板としては
月間利用者数930万人
(2007年2月現在ネットレイティング社調査)
の2ちゃんねるや520万人のmixi(SNS)
(2006年10月現在ネットレイティング社調査)
が挙げられる。


2006年現在はCGIを利用して、
PerlやPHP等のスクリプト言語で
実装されているものが主流である。

個人では掲示板スクリプトを利用することも多い。

掲示板スクリプトとは、
他の開発者が上記のような
スクリプト言語などで作成・配布している
電子掲示板プログラムのソースコード等を入手し、
開設しようとするウェブサーバで
スクリプト言語に応じたCGIが利用できれば、
個々の環境に合わせた修正を行うことで、
電子掲示板の開設が
可能となるようなもののことである。

そのようなスクリプトは
多く無料で配布されており、
これには、
技術的知識さえあれば
自由に掲示板の設定・仕様を
変えることができる利点がある。


ただし、
個人が簡単に利用できるウェブサーバ
(多くはプロバイダ契約に含まれるもの)
では、
CGIの利用が不可能であったり、
何らかの制限が加えられているものも多い。

たとえCGIが利用可能であっても、
スクリプトの設定には多少の手間が
かかることもある。

そのような場合には、
あらかじめ他のウェブサーバで
実装されている電子掲示板を貸し出す、
レンタル掲示板サービスが多く利用される。


歴史

1990年代前半、
電子掲示板は、
インターネットの普及前に全盛だった
パソコン通信の主要なサービスの一つだった。

それに起因する何らかの理由により、
"BBS" という言葉は
「掲示板システム」という意味のほかに、
「ホスト局」というものと
ほぼ同義として用いられていたことも多く、
ホスト用ソフトと呼ばれるものは
「BBSソフト」とも呼ばれていた。


当時は、
ホスト局に接続している時間に応じて、
電話料金やパソコン通信の利用料がかかったため、
長時間の接続は大きな負担になった。

そのため記事を一度にダウンロードして
回線をいったん切断し、
ゆっくり閲覧・書き込みをしてから再度接続し、
書き込みをまとめてアップロードする
通信ソフトウェアが使用された。


種別・参加方法

開設場所としては

* インターネットのウェブ
* パソコン通信
* 組織内のグループウェアや
 eラーニングシステム内


が主なものである。

また、
インターネット上で
情報のやりとりを行うという点では、

* ネットニュース
* メーリングリスト


も類似のシステムといえる。

中規模・大規模な電子掲示板サイトを運営する際には、
参加者をどう集めるか(どう絞るか)が
大きなポイントになる。


閲覧や投稿に関して、大まかに区分すると、

* いつでも誰でも参加できるもの
 (インターネットの掲示板など)
* 参加者は事前に参加申込み・
 登録をする必要があるもの
 (パソコン通信、
  インターネットの掲示板の一部など)
* 企業・大学内等の限定されたメンバーのみが
 利用するもの(グループウェアなど)


があり、
それぞれの枠組みによって
コミュニケーションの質は変わってくる。

ハードルを低くして誰でも参加できるシステムでは、
公序良俗やルールに従わずに
場を荒らす者が現れることもあるが、
一方であまりハードルを高くすると、
発言者が毎回限られたり、
話題が限定されたりしてきて
活気がなくなるといった問題が
生じることもある。


掲示板用語と文化

誰でも参加できる
インターネット上の電子掲示板では、
互いに面識のない利用者同士が
ネット上だけで会話していることが多い。

その中では、
現実社会とは異なるネット社会のマナー
(ネチケット)が必要とされることがある。

また、
主に電子掲示板上のみで見られる
社会現象(荒らしなど)や用語がある。


以下には、主に電子掲示板
ネットニュース上で使われる言葉をいくつか挙げる。


ハンドルネーム、ハンドル


掲示板に書き込む場合に使用する名前のこと。
多くの場合、本名とは別なものを使う。

掲示板上でのニックネームとも言える。
英語ではハンドル(Handle) だけで
用語として成立する。



シグネチャ

ネットニュースの用語。

文末に付け、
所属・氏名・メールアドレスなどを記した
署名(英語: Signature)のこと。

略してシグ、シグネともいう。

本名とハンドルネームを併記する場合もある。
電子掲示板(特に匿名掲示板)で
使われることは極めて少ない。



書き込み

掲示板にスレッドや意見・情報などを
投稿すること、
また、その投稿内容のこと。

カキコともいう。

ネットニュースでは、投稿、またはポストと呼ぶ。



スレッド、トピック

ある特定の話題・テーマに関する
書き込みの集まりのこと。

略してスレともいう。
記事。

スレッドを作成することを
「スレッドを立てる」といい、
スレッド内の投稿に関わる返信が
続いていくことでスレッドが形成される
(誰も返信しなくともスレッドとは言う)。

スレッドを立てた人のことを
スレ主ということがある。

最初の話題提供が
その後の流れ(盛り上がるか寂れるか)に
大きく影響する。

スレ主の同義語に(レス番号が1であることから)1さんがある。
なお、スレッドに返信することはレスという。
トピック(略してトピ)も同じ意味であり、
表現は掲示板によって異なる。



レス

ある書き込みに対して返信を投稿すること、
また、その投稿内容のこと。

語源は「レスポンス」
(英語: "Response")。

ネットニュースではフォローアップ、
あるいは略してフォローと呼ぶ。



引用

他人の書き込みをコピーすること、
またそのコピーした内容のこと。

人によっては、
それを用いて相手に返信することがある。

多くの場合は引用であることを示すために、
引用部分の行頭に「>」などの記号を付加する。

不必要に全文を引用することや、
引用とそれ以外の境界が不明確なのは
マナー違反とされたり、
著作権法上の観点から不適切
とされることがある。

メーリングリストの場合、
返信の際にメーラー
(メールを読み書きできるプログラム)の
設定によっては
自動的に相手の書き込みを
全文引用することがあるため、
引用文をそのまま返信→別の人がまた引用して返信……
が繰り返され、
異様な長文になってしまうことがある。




ROM

ロムと読む。
掲示板を閲覧するだけで、
書き込みを行わない者のこと。

反対用語はRAM
(ラム、英語: Random Access Member の略)、
あるいはアクティブ
(活発に書き込みを行う人)という。

「1人のRAMの背後には10人のROMがいる」
という格言がある。

資格要件の厳しいメーリングリストでは
一定期間ロム状態が続くと、
メンバーから外されることもある。



キャンセル

投稿を削除すること。
下記のように掲示板システムによって若干異なる。

* パソコン通信やグループウェアでは、
 いったん書き込んだ投稿でも投稿者本人
 (および管理者)が削除できる仕様に
 なっていることが多い。

* インターネットの掲示板の中には、
 仕様により削除ができる場合もある
 (「キャンセル」と言うことは少ない)。
 これは書き込み時にパスワードを入力しておき、
 パスワードを入れれば削除できるなどの
 仕様になっている。
 投稿者本人が削除できない掲示板の場合は、
 管理者に削除を依頼するなどの
 方法をとっている。

* メーリングリストでは、
 書き込みのメールを送信した時点で
 メールが転送されるため、
 キャンセルはできない。

* ネットニュースには、
 自分の投稿に対して
 キャンセル操作を行う仕様がある
 (「削除」とは言うことは少ない)。
 ただし、キャンセルの投稿が転送されるまでに
 時間がかかるが多い上、
 一部のニュースサーバでは
 キャンセル操作をしても
 キャンセルが効かないことがある
 (キャンセル指示の投稿を
  ニュースサーバが無視する)。


正当な理由なく
他人の投稿をキャンセルするのは、
マナー違反とされることが多い。
また、多くのシステムでは、
他人の投稿をキャンセルするには、
その人のパスワードやメールアドレスを入力し、
本人になりすます必要があり、
そのような行動は不正行為とみなされる場合がある。



マルチポスト

あちこちの掲示板・スレッドに
同じことを書き込む行為。

マナー違反とされる。

ネットニュースの場合は
クロスポストという機能があり、
マルチポストとは区別される(後述)。



フレーム

掲示板上で起こる論争や喧嘩のこと。

英語の flame (炎という意味)に由来し、
そこから炎上とも呼ばれる。

パソコン通信初期の時代から存在する。
掲示板では、対面しての論争とは違い、
相手の話を遮ることができない。
そのため一方的な内容になりやすい。
また懸命に書いたところで、
言葉の意味合いを上手く伝えられるほど
文章を上手に書ける人はおらず、
細かい揚げ足どりに終始して、
互いが感情的になり、
収拾がつかなくなることが多い。

原因のほとんどは、
要望・苦情のような議論を
直接関係のない第三者に提起して
無理に同意を求めようとすることと、
地域性・立場・趣味などの価値観の違いを
考慮しない文章を書くこと、にある。


以下に挙げる用語は、匿名掲示板によく見られるものである。


荒らしなど

荒らし

面白半分で、
あるいは自分や自分の属する組織などに
都合の悪いことが書かれた報復のため、
悪戯書きを繰り返すことである。
また、ネチケットでは
論争が昂じて感情的にこじれ、
または挑発に乗り、
意図的に雰囲気を壊すような
書き込みを続けるのも、
荒らし行為に含まれると理解されている。

荒らしに巻き込まれないようにするためには、
各発言の内容を
冷静になって注意深く読むこと、
論戦に参加している人間の各人が
敵か味方かを再度考えること、が大事である。


煽り

故意にフレームを誘発するような書き込みを
煽りという。
釣りとも言う。
すべての議題提起は論争開始、
つまり煽りでもある。


叩き

煽りや荒らしに反応し、
相手を非難・糾弾・指弾する行為を叩きという。
すべての反論は叩きでもある。
煽りとわかってそれに反応する
(叩く)荒らしもいる。



自作自演

自作自演は同一のサイト(掲示板含む)で
1人の人間が複数のハンドルネームを使い分け、
あたかも同時に複数の人物が
活動しているかのように見せかける行為。



ID削除

悪質な荒らし行為に対する最終手段であり、
書き込み権限を剥奪すること。
パソコン通信では管理者が
強制退会処分にすることができる。
また、メーリングリストの場合は、
管理者がメンバーのリストから外してしまう。



ログ

通信記録の意味。

掲示板でやりとりされた内容の記録を指すほか、
ホスト局と送受信したデータの記録も意味する
(後者は多くの場合は管理者しか確認できないが、
ソースを表示することで確認できる
BBSもまだ残っている)。
前者のログの中で古いものを分けて、
「過去ログ」と呼ぶこともあるが、
「ログ」と特に意味の差はなく
「過去ログ」との表現が用いられることも多い。

メーリングリストの中には
過去ログをWEBページ上で
公開しているものもあるが、
コマンドを送信して過去ログを
取り寄せる仕組みも取られる。



オフライン、オフ会

ふだんネット上(オンライン)で
やり取りしているメンバーが
ネットの外(オフライン)で実際に会って
飲み会や旅行などをすること。

ふだんネット上でハンドルネームで
呼び合うメンバー同士では、
オフ会でもハンドルで呼び合い
必ずしも本名を明かさない場合もあれば、
オフ会を機に名刺交換が行われる場合もある。



主な掲示板タイプ

主に日本のウェブサイトでは
書き込むと親のスレッドが
浮上するスレッドフロート型掲示板が
使用されているが、
2006年から海外のスパムが激化し、
機能しなくなっている掲示板もある。

海外ではこれ等のタイプは
殆ど前時代的なもので、
今では利用するサイトは極めて少ない。

海外で使用されているのは殆どがphpBB、
PowerBoardといった登録制の高性能フォーラムで、
画像やファイルのアップロードの役割も果たすため、
日本のように画像掲示板や
アップロード掲示板などで細分化されていない。


主なインターネット掲示板


日本語のインターネット掲示板


総合掲示板

* 2ちゃんねる(月間利用者数約930万人)
        (2007年2月現在)

* まちBBS

* mixiコミュニティ(SNS)
 (月間利用者数約520万人)
  (2006年10月現在)
* Yahoo!掲示板
* ザ掲示板
* 葉っぱ天国(月間利用者数約20万人)
       (2007年6月現在)



専門掲示板

* みんなの就職活動日記
 (就職専門。会員数54万人)
 (2006年11月現在)
* @cosme
 (化粧品専門。会員数150万人、
  月間訪問数550万人)
 (2006年11月現在)
* 価格.com 口コミ掲示板
 (月間訪問者数500万人)
 (2006年11月現在)
* ウィメンズパーク
 (妊娠、出産専門。会員数70万人)
 (2006年11月現在)
* OKWave
 (ユーザー参加型Q&Aサイト。
  月間訪問者数115万人、2007年1月現在)



* 教えて!goo
  (ユーザー参加型Q&Aサイト。
  月間訪問者数428万人、2007年1月現在)




* Yahoo!知恵袋
 (ユーザー参加型Q&Aサイト。
  月間訪問者数477万人、2007年1月現在)

* スラッシュドットジャパン
* 阿修羅掲示板(
  政治、経済、技術、科学などの社会問題)
* ミルクカフェ(受験専門)
* あやしいわーるど
* あめぞう
* eicネット(環境問題)



レンタル

* @BB
* ロケットBBS
* したらばJBBS
* teacup(ティーカップ)
* 掲示板的コトバ宇宙「-宙」
* Kodama.com掲示板
  (コダマドットコム掲示板)
* わいわいkakiko



画像掲示板

* ふたば☆ちゃんねる
  (スレッドフロート型匿名掲示板)
* Fiber☆ちゃんねる
* 画像ちゃんねる
* 萌え.jp
* おんぷちゃんねる
* 画箱(gazo-box)
* 俺街道自己中上等板
* 五葉ちゃんねる
* しおから@としあき



お絵かき掲示板

* お絵かきBBS.com
* さぼうる



地方ローカル掲示板

* みちのく掲示板
 (かつて2ch互換掲示板の
  スクリプトを配布していた)
* 福島ちゃんねる
* しずちゃん
* 長崎ちゃんねる
* 四国チャンネル
* タイちゃんねる



P2P型掲示板

* 新月
* 朔



年齢制限がある掲示板

* 10ちゃんねる(20歳未満限定)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

電子掲示板

2ちゃんねるとか、『電車男』で、有名になったけど。

あんたも使ったことはあるだろうか?

教えてgoo!とか、yahoo知恵袋は、
結構参考になったりするので、
良いかもしれない。



最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年12月09日
初心者への道しるべ



スレッド


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



スレッド

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その23



スレッド

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

スレッド


スレッド とは・・・。

スレッド

スレッド

スレッドとは?

スレッドとは?


スレッド

* 糸・筋を意味する英語thread。

* プログラムの実行におけるプロセスよりも
 細かい並行処理の実行単位。

* 電子掲示板やメーリングリストにおける、
 ある特定の話題に関する投稿の集まり。

 ある話題について初めに投稿をすることを
 「スレッドを立てる」といい、
 その投稿に関する返信や、
 その返信に対する返信を行うことで
 スレッドが形成される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

電子掲示板などに、

1つの項目について、

次々と、人々が書き込みをするんだけど、

そのことをスレッドっていうんだ。

情報商材などの特典で付いてくる、

『フォーラム』も、スレッドの集まり、

なんて所もある。

『フォーラム』は、友人、仲間が出来たり、

相談が出来るから、

凄く役に立つんだ。



有名なのは、2ちゃんねるで、

匿名でスレッドを立てられるから、

色々なことが言えて、

社会問題になったけど。


『ブログ炎上』なんて、

ブログバッシングもされたりするのが、

ちょっと問題だよね。



男なら、匿名じゃなくて、

実名で勝負しろよ!!!


なんて思うけど、

匿名だから、本音が言えるのか・・・。



そんな社会をもっと良くして、

みんなが言いたいことを言える社会にして、

この社会を改善していきたいね。


そのためには、あんたが最初に、幸せになろうね。


あたいが全面的に応援するからさ。






最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年12月07日
初心者への道しるべ



コピペ (Copy & Paste)


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



コピペ (Copy & Paste)

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その22



コピペ (Copy & Paste)

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

コピペ (Copy & Paste)


コピペ (Copy & Paste) とは・・・。

コピペ (Copy & Paste)

コピペ (Copy & Paste)

コピペ (Copy & Paste)とは?

コピペ (Copy & Paste)とは?




コピペ (Copy & Paste)とは

2ちゃんねるなどの電子掲示板において、
不特定多数の人に記事の一部として
転載されることを目的とした投稿
もしくはその内容。

文章やアスキーアートなどが含まれる。

主にスレッドの作成者を
煽る目的で使用されるため
深い意味のないものが大半を占めるが、
場合によっては
コピペそのものが議論の対象となることもある。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

コピペっていうのは、

文字や、文章を、

コピー(複写)して、

他のファイルにペースト(貼り付け)するコト。


『コマンド+C』がコピー(複写)

『コマンド+V』がペースト(貼り付け)

このコマンドを覚えると、ちょっと楽になるよ。

いちいちコピーとかの欄を開かなくて良いからね。


やり方は、

1:コピーしたいところをドラッグして色を変えてね。

2:『コマンド+C』でコピーします。

3:コピーしたモノを
  貼り付けたいところでワンクリックして。

4:『コマンド+V』で、貼り付けてね。





最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年12月03日
初心者への道しるべ



ブロガー


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロガー

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その20



ブロガー

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ブロガー


ブロガー とは・・・。

ブロガー

ブロガー

ブロガーとは?

ブロガー
blogger、ブロッガー、Weblogger)とは、

一般的にブログを更新している人のことを指す。

ブログ(blog)をする人(er)
という意味からブロガー(blogger)

という言葉になった。

今のところ、職業として「ブロガー」

を名乗る人たちはまだ現れていない。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。


ちなみに、

毎日、凄いアクセス数があって、

たくさんの人に読まれていて、

その人の言葉が、世間を動かすほどの、

力を持った、ブログを運営している人のことを、

『アルファブロガー』というんだ。


アメリカではこの人たちに、
記事を書いてもらって、
宣伝するというのが、
結構反能率が良くていいんだそうだ。

アルファブロガーくらいになれば、
お金にもなるんだね。

ちなみに、彼らは、この宣伝費で
生計を立てているんだって。


こつこつと続けていれば、

やがて成功するんだね。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年12月01日
初心者への道しるべ



トラックバック(TrackBack)


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



トラックバック(TrackBack)

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その19



トラックバック(TrackBack)

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

トラックバック(TrackBack)


トラックバック(TrackBack) とは・・・。

トラックバック(TrackBack)

トラックバック(TrackBack)

トラックバック(TrackBack)とは?

トラックバック(TrackBack)とは、
ブログの主要機能の一つ。

ある他人のブログの記事に
自身のブログへのリンクを作成する機能のこと。

またはトラックバック機能を
利用する行為自体を指すこともある。

その場合は、「トラックバックする」
のように表現される。


概要

一般的にトラックバックとは、
他人のブログの記事の内容を引用・参照した時、
あるいは他人のブログの記事が
自身のブログの記事と関連性のある話題を
書いている場合
などに、
自身のブログの記事が
引用・参照した事や関連性がある事を通知する目的で
行なわれるものである。

ただし、トラックバックの意義については、
ブロガーの間でも考え方に相異があり、
意義や許容範囲に関する部分で食い違う事がある


この機能を利用するためには、
自分のウェブサイトが
トラックバックPingを送信でき、
且つリンクを作成したい相手のウェブサイトが
トラックバックPingを受信できる必要がある。


自身のウェブページのリンクや、
概要を載せたい相手のウェブページの
トラックバックURLをコピーし、
自身のウェブページから
トラックバックPingを送信する
方式が多い。

トラックバック機能が出現する以前も、
コメント欄や掲示板などに書き込んで、
他人のウェブサイトにリンクを貼ったり、
自分のウェブサイトの概要を
まとめて通知する事はできた。

しかしトラックバックの機能は、
そのようなやり方に比べて、
かなり簡単にそれらと同じ結果が得られる点が、
非常に画期的である。



トラックバックスパムの問題から、
ブログの管理者が容認しないと
トラックバックの結果を表示しないブログもある。

トラックバックは、
ブログで使われることが一般的であるが、
最近ではブログ以外にも、
Wikiやニュースサイト、
掲示板などでも利用されている。


プロトコル

トラックバックに使用されるプロトコルは、
RESTアーキテクチャを採用している。

また送信にはHTTPのPostメソッドが、
返信にはXMLメッセージが使用される。


トラックバックする側の記事
(参照する側の記事)
のページからトラックバックされる対象である記事
(参照される側の記事)へ送信されるリクエストは、
トラックバックPingと呼ばれる。

この時トラックバックされる対象である記事
(参照される側の記事)
を指定するために使われるURLは、
トラックバックURL
あるいはトラックバックPing URLと呼ばれる。



サービス

ブログの世界では、
トラックバックに関するサービスがいくつか存在する。

そのなかで、
自分のブログをより多くの人に
見て貰うための
様々なサービスがウェブには存在する。



トラックバックサービス

トラックバックサービスは
ブログを更新するたびに特定のサイトに、
トラックバックを送ることで、
自分のブログを宣伝し注目度を高める効果を期待でき、
SEO対策にもなる。


これらのサービスの中には
ランキングシステムやカテゴリ毎に
トラックバックPing送信指定を
導入しているところもあり、
それによってさらにブログの
宣伝をする効果を期待することができる。


特定の話題毎に
トラックバック送信先を用意し、
その話題に関するブログ記事をリンクして、
一種のコミュニティを構成するようなサービスもある。

また、にほんブログ村のように、
トラックバックスパムを減らすために
登録制にしてトラックバック送信先URLを
ブログ毎に異なるものに変えている
サービスも存在する。


トラックバックツール


BlogPeopleが配布している
「ぶろっぐぴんぴん」は何らかの都合で、
自分が運営しているブログのサーバが
トラックバックを送信できない場合に
便利なソフトウェアツールである。

このソフトウェアは、
自分がすでに投稿済みのブログエントリを
表示させた状態で
ブラウザのURL入力欄のアイコン部分を
マウスでそのソフトウェアの定められたヶ所に
ドラッグアンドドロップすると、
トラックバック送信元と、
送信元のエントリのサブジェクト(タイトル)を
指定できる。

そして、
トラックバックを送りたい
ブログページのエントリを指定するか、
トラックバックを送りたい
トラックバックサービスURLを指定する。

トラックバックの送り先がブログの場合、
そのブログページのURLを
ブラウザに表示させた状態で
そのURL入力欄のアイコン部分を
ソフトウェアの指定された部分に
ドラッグアンドドロップする。

すると、送信先のパーマリンクURLを
指定しただけでなく、
送信先のタイトル、
ping URLなどを指定できる。

これでトラックバック送信先が
個人のページであっても
トラックバックスパムであると見なされずに済む。

これを使うと、
ブログを運営しているサーバの負荷を
分散させることもできる。

とくにトラックバック送信先が
沢山ある時は便利なツールである。



歴史

Six Apart社のブログツール
Movable Typeで実装され、
プロトコルとともに公開される。

その後、
他のブログツールでも
次第に導入されるようになり、
最近ではブログ以外にも、
wikiや掲示板などのウェブページにも
実装されている。


諸問題


トラックバックスパム


概要

コンテンツの中身を参照せずに、
無作為もしくは機械的な手順によって
トラックバックをする行為。


「迷惑トラックバック」とも言う。

トラックバックスパムを行なっているウェブサイトは、
アダルトサイトや商品販売を目的としているサイト、
アフィリエイトの効果を高める為に
行なっているサイトなど、様々である。

SEOの一環として行われる場合もある。

また
トラックバックは、記事参照を通知する為の機能だ」
と考えている人の中には、
その人のウェブページを参照していなかったり、
あるいは参照しているページへのリンクが
貼られていないウェブページからの
トラックバックを、
トラックバックスパム」とみなす者がいる



対策

トラックバックスパム対策として、
様々な機能が出現している。


例を挙げると、下記のようなものがある。

* ブログの管理者が承認しない限り、
 トラックバックの結果を表示させない。
* DNSブラックリストやURLブラックリストに
 載っているトラックバックを禁止する。
* 特定のURLからのトラックバックを禁止する。
* 特定のIPアドレスからのトラックバックを禁止する。
* 特定のキーワードを含むトラックバックを禁止する。
* 特定の文字コード以外のトラックバックを禁止する。

慣用では半角英字を禁止する。
これにより英字トラックバックできなくなる。
ただし、日本語、中国語等のスパムには無力である。


* URLを自動リンクしないか、
 してもrel=nofollowしておく。
* 自動トラックバック用のURLを記述しない
 (当然自動トラックバックできなくなる)。
* 各種ブログサービスやブログツールが提供する
 ブラックリストプラグインを使用して、
 スパムを自動的にスパムリストに移動し、
 トラックバックの結果表示を保留する
 (例: Movable TypeのMTBlackListプラグインなど)。



大量にトラックバックを送ってくる
ウェブサイトなどに対しては、
ブログサービスを提供している会社が
まとめて受信拒否したり、
あるいはそのウェブサイトからの
トラックバックを削除してしまう場合もある。


受信側ではなく送信側への対策として、
以下のようなものが考えられる。

* 誘導先サイト/
 ページのホスティング運営者に通報
* トラックバック発信元ISPに通報
* アフィリエイトASPに通報



トラックバックの意義についての

  考え方の相違


「どういったケースに、トラックバックをすべきか?」
または
トラックバックが認められるのは、どのようなケースか?」
という点については、
共通認識と言えるものがない。

また意見の相違を反映してか、
ブログサービスの提供会社の
トラックバックに関するガイドラインも、
まちまちである。

そのため利用者が自分の考えに基づき
トラックバックを行った時に、
その是非をめぐって論争が起こる事もある。


この点についてのトラックバック
対する考え方は、
主に次の2つに分けられる。


* 記事参照通知を重視する考え方。



トラックバックとは、
『あなたの記事を参照(または引用)して
記事を書きましたよ』と伝えるための機能である」
という考え方。

このような考え方を持っている人からは、
トラックバックをする場合には
トラックバック先の記事を参照して
記事を書いていることが、
当然の前提とされる。

また
「参照していることを明確にすべきだ」として、
参照元へのリンク(言及リンク)を
貼る事を求めることも多い。



* 関連性を重視する考え方。



トラックバック元の記事は、
トラックバック先の内容を参照して
作成されている必要はなく、
関連のある記事内容であれば構わない」
という考え方。

そのため参照元のリンクを貼る事も、
特に求めないことが多い。





トラックバックの文字化け

トラックバックの文字コードが
送信先ブログシステムの
それと一致しないために起きる現象。

例として、トラックバック送信側のブログが
EUC-JPなのに対し
送信先のブログはUTF-8を用いているため
文字が判読不能になる、
といったケースが該当する。

この問題は、
多バイトでかつ複数の文字コード体系を持つ
地域特有の問題ともいえる。


関連項目

* ブログ
* フィード(RSS、Atom)
* ブロガー
* 眞鍋かをり - 彼女のブログの記事
       (2004年7月12日)が、
       驚異的なトラックバック数を記録した。
       そのため彼女は、
       以後「ブログの女王」や
       「トラックバックの女王」などと
       称されるようになった。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

トラックバックって、大切だけど、
内容とあっていないトラックバックは、
迷惑なだけだよね。

人に迷惑をかけると、迷惑は戻ってくるから、
気をつけた方がいいよ。

『因果応報』ってわけだ。


トラックバックって、勝手に相手からのリンクを
自分に向けて貼る行為だから、
仲間意識みたいなモノも必要だろうね。

個人のブログに貼るときは、気をつけた方がいいよ。

もし、貼るのなら、
相手も得が出来るようなトラックバックなら
良いんだけどね。


もしも、試してみたいのなら、
あたいの所でやってみて良いよ。

さらに、コメントくれるとちょっと嬉しい。


やり方は、このブログの記事下に、
トラックバックっていう項目があるから、
そこにあるURLをあんたの記事の、
トラックバックURLというところに書き込んで、
記事の更新か保存をすれば良いんだよ。


もし良かったらやってみてね。











最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月30日
初心者への道しるべ



Movable Type(MT)


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



Movable Type(MT)

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その18



Movable Type(MT)

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

Movable Type(MT)


Movable Type(MT) とは・・・。

Movable Type(MT)

Movable Type(MT)

Movable Type(MT)とは?

Movable Type(通称:MT)

開発元: シックス・アパート
最新版: 4.01 / 2007年9月18日
対応OS: Linux, Solaris/Unix, BSD /
     Mac OS X / Windows Server
プラットフォーム: Perl / PHP
種別: ブログソフトウェア / CMS
ライセンス: プロプライエタリ (non-free)
公式サイト: www.MovableType.com

Movable Type(ムーバブル・タイプ)は、
シックス・アパート社が開発・提供する
ブログソフトウェア。

プラグインにより
あらゆる機能の拡張が可能な
ブログソフトウェアとして、
定番的存在である。


ソフトウェアはPerlとPHPで書かれており、
動作のためにはPerlが必要。

データストアには
リレーショナルデータベースを採用しており、
MySQL、PostgreSQL、SQLite を始めとして、
エンタープライズ向けのデータベースにも対応する。


Movable Typeには
ブログ記事とウェブページの作成を基本として、
フィード配信、トラックバック、アイテム管理、
複数のブログ管理、
複数ユーザと権限の管理(LDAP対応)、
タグやカテゴリによるブログ記事の管理、
スパム検疫、OpenIDやTypeKeyなどによる
コメント投稿者の認証機能、
テンプレートやスタイル、
ウィジェットによるデザイン機能などがある。


また、
ライセンスを GPL とした
Movable Type をリリースする
MTOS (Movable Type Open Source)
プロジェクトが発表されている。

なお、
英語で活字による印刷の仕組みのことを
movable typeと呼ぶ。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

Movable Type(MT)は、上級者向けのブログとして、
浸透しているんだ。

結構、好きなように作れるらしいから、
SEOにも良いんだって。

また、Movable Type(MT)は、
有料なサーバーを使わないと、
動かない。

だって、PHPは、無料の所では、
なかなか動かせられないんだ。

サーバーに負担がかかるから、
許可を出しているところが少ないんだ。

無料の所でも、無いとは言えないけど、
動くのが遅くてね。

俗に言う、『重い』ってヤツ。

重くて動きが鈍いから、ストレスが溜まるんだ。


気の長いヤツなら挑戦するかも。

いずれは、Movable Type(MT)を使って、
自由なこともしてみたいなあ、なんて、
あたいは画策してる・・・。


あんたも、Movable Type(MT)・・・

挑戦してみる?


ちょっと知識も必要だから、
勉強しような。


あたいも勉強するよ。







最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月28日
初心者への道しるべ



ドメイン


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ドメイン

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その17



ドメイン

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ドメイン


ドメイン とは・・・。

ドメイン

ドメイン

ドメインとは?

ドメイン (domain)とは:

* ドメイン (ネットワーク):
 イーサネット等のネットワークのコリジョンドメイン
 またはブロードキャストドメイン。

* ドメイン(オペレーティングシステム):
 ひとつ以上のドメインコントローラと
 ユーザおよびコンピュータのグループ。

* ドメイン (インターネット):
 ドメインネームで括られるグループ。

* ドメイン (ディレクトリサービス):
 Microsoft Windowsや、
 SUNの開発したUNIX系NIS等の、
 ディレクトリ・サービスのドメイン
 ネットワーク資源の管理、認証、
 共有を行うシステムの管理単位。
 なおActive Directoryではフォレストが相当。

* ドメイン (ワークステーション):
 apollo社が販売していたコンピュータ
 (ワークステーション)の名前。
 ネットワークの独自OSを搭載していた。

* ドメイン (データベース):
 特定の属性に入力される値が
 満たしているべき定義域。

* ドメイン (数学):
 関数の入力となる全ての値の集合。

* ドメイン (経営学):
 企業が経営活動を行って存続していくための
 事業領域を指す。

* ドメイン ( The Domain ):
 シドニー(NSW, オーストラリア連邦)東部の地名。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

上の説明を聞いても、わかんないかも・・・。

ドメインを簡単に言うと、


http://1jouhouhikaku.seesaa.net/

あたいの所でいうと、上↑の赤字の所。

○○.comとか

○○.net

○○.co.jp

なんてのもドメイン。


ドメインは、インターネット上の、

『住所』のこと。

だから、同じモノはないんだよね。

同じドメイン名は先着順で決まっちゃうから、早いモノ勝ち。





最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月26日
初心者への道しるべ



ホスト名


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ホスト名

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その16



ホスト名

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ホスト名


ホスト名 とは・・・。

ホスト名

ホスト名

ホスト名とは?

ホスト名(あるいはサイト名)とは、
コンピュータ、ファイルサーバ、
ネットワークストレージデバイス、
FAX、コピー機、ケーブルモデム、ルータなど
ネットワークに接続された機器(ホスト)に付けられた名前。

ホスト名はWorld Wide Web、
電子メールあるいはUsenetのような
さまざまな電子通信の形式において
特定のホストを識別するために使われる。

インターネット上では、
ホスト名」と「ドメイン名」は
しばしば同じ意味で使われるが、
両者には微妙な技術的違いがある。



概要

ホスト名はNIS、DNS、SMBなど
様々な名前付けシステムで使われる。

そのため、「ホスト名」の意味も
その名前付けシステムに依存して変化する。

また、ネットワークの種類によっても様々に変化する。

すなわち、マイクロソフト NetBIOS の
ワークグループにおいて有効なホスト名は
無効なインターネットホスト名であるかもしれない。

通常、文脈無しにホスト名を与えられたときに、
ネットワークがインターネットであり、
ホストの名前付けシステムとして
DNSが用いられていると想定することは
無難である。

ホスト名は人間が管理する目的で
典型的に使われ、
コンピュータブラウザリスト、
アクティブディレクトリリスト、
ホスト名からIPアドレスへの名前解決、
電子メールのヘッダなどで目にすることが出来る。

これらは人間が可読可能なニックネームであるが
これは究極的には固有の
ネットワークハードウェアMACアドレスに対応する。

時にホスト名は埋め込みのドメイン名
位置情報、ドットを取り除いた
IPアドレスなどを含むこともある。

単純なLANにおいては、
ホスト名は通常一語である。

例えば、組織のCVSサーバは、
「cvs」や「server-1」
という名前をつけられるだろう。




インターネットホスト名

インターネットでは、
ホスト名ホストに割り当てられるドメイン名である。

これは、通常、
親ドメイン名ホストのローカル名との
組み合わせで表現される。

例えば、「en.wikipedia.org」はホスト名「en」
ドメイン名「wikipedia.org」から構成されている。

この種類のホスト名はローカルなhostsファイル、
あるいはDNSリゾルバによって
IPアドレスに変換される。

1つのホストはいくつかのホスト名
持つことができる。

けれども一般的にホスト
オペレーティングシステムは
自分自身で使用するホスト名
1つであることを好む。

以下の制限事項に従う限り、
あらゆるドメイン名ホスト名
ということが出来る。

例えば、「en.wikimedia.org」と
「wikimedia.org」両方に
IPアドレスを割り当ててあるので、
これらはホスト名である。

ドメイン名「pmtpa.wikimedia.org」は
IPアドレスを持っていないので、
ホスト名ではない。

しかし、「rr.pmtpa.wikimedia.org」は
ホスト名である。

すべてのホストドメイン名である。

しかし、すべてのドメイン名
ホスト名であるわけではない。




有効なホスト名の制限

ホスト名
すなわちすべてのドメイン名
ドットで区切られた一連の「ラベル」で
構成されている。

それぞれのラベルは
1文字以上63文字以下の制限がある。

さらにすべてのラベルを結合し
ドメイン名を構成したとき、
その最大文字数は255文字以下である
と言う制限がある。

ドメイン名と違い、
ホスト名のラベルはASCII文字の
'a'から'z'まで(大文字小文字は無視される)と、
'0'から'9'の数字そしてハイフンだけを使うことが出来る。

ラベルの最初と最後の文字に
ハイフンを使うことは出来ない。

ハイフン(そしてラベルの間に打つドット)以外の
特殊文字は時に
誤って使われるが許容されない。

また、アンダースコアは
Windowsで構築されたシステムで
一般に使われるが、
RFC 952によれば許容されない。

また、DomainKeysやSRVレコードのような
いくつかのシステムは
それらの特別なドメイン名
ホスト名と混同されない事を確実にするために
故意にアンダースコアを使用する
(これらはドメイン名であるので許容される)。

システムがホスト名に許容される文字を
使用しているかを検査するものと
そうでないものとが存在するため、
アンダースコアのような
許容されない文字の使用は
より大きな外部のシステムとの
相互接続において
多くの微妙な問題が発生した。


このように、
「en.wikipedia.org」は
DNSラベル名の「en」、
「wikipedia」と「org」から構成される。

「2600」や「3com」のような
ラベル名をホスト名として
使用することは出来るが、
「-hi-」や「*hi*」などは無効である。

仮に、
トップレベルドメイン(TLD)までの
すべてのラベルが明示されたならば、
そのホスト名は完全修飾ドメイン名(FQDN)と
言うことが出来る。

システムによっては、
「compsci」や「wikipedia」のような
非完全修飾なドメイン名
FQDNを決定するために
デフォルトドメイン名と結合される
かも知れない。

すなわち、ハーバードの学生が
「joe@compsci」にメールを送ると、
それはcompsci.harvard.eduに
送られるようにすることができるだろう。



ホスト名の選択

良いホスト名を選ぶための
一般的なガイドラインがRFC 1178に
まとめられている。

ハッカーがしばしば示す想像力と
ユーモアによって名付けられるホスト名
民俗学として興味の対象となりうるものである。

ホスト名の名前付けは
ナンバープレートの名前付けと同じように
理解することが出来る。

我らは意味を理解するために、
文字数の制限と空白を使用することが
出来ないこと、
大文字小文字の区別ができないことを
踏まえた上で頭の中で
ホスト名を展開しなくてはいけない。

ハッカーは
(組織名またはアクロニムで名前付けした
公式の公共のゲートウェイを除いて)
ユーモアのある名前、
あるいはうまくつけた名前を好み、
退屈な規格化された名前をけなす風習がある。

ホスト名の命名に人気があるのは
多い順から、
神話からの引用、
漫画のキャラクター、
動物の名前、
SFやファンタジー作品に関連するものである。

米国においては名前付けについて、
「良いモノはすべて先に取られてしまう!
(All the good ones are taken!)」
という決まり文句がよく使われる。


特定の組織のホスト名を推測することは、
たいていの場合可能である。

もし、その組織がanonymous FTPや、
World Wide Webまたはfingerのような
ネットワークサービスを
提供しているかどうかを知りたいならば、
これは有用である。

たとえばmit.eduのように、
最初にその組織の名前
または省略形に適切なドメインを
追加して試す。

もしこれが失敗するならば、
"www.data-io.com"のように
"ftp."や"www."を頭に追加する。

pingコマンドが簡単にホスト名
正しいかどうかを判断する方法として
使うことが出来る。



脚注・参考文献

1. ^ Host name vs domain name explanation
  (DNS OP IETF Working Group)

2. ^ ABCテレビの人気コメディドラマ
  Barney Millerに登場するRon Harrisが
  劇中で嘆き放った言葉(ハリスの嘆き)。
  良いホストの名前や彼氏の不足について
  よく使われる。

この記述は
GNU Free Documentation License のもとに
公開されているコンピュータ用語辞典
『 Free On-line Dictionary of Computing (FOLDOC) 』
に基づいています。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

上の説明を聞いても、わかんないかも・・・。

ホスト名を簡単に言うと、

ブログや、ホームページのアドレスっていうのは、

実は、数字の羅列で出来ていて、

人間には、非常に覚えにくい。


そこで、開発されたのが、このホスト名だ。


アルファベットで出来ているから、

人間には、とても覚えやすい。


ということ。


分かったかな?


日本語だったら、ローマ字で読めたりするから、

使いやすくもなるよね。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月24日
ドメイン名


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ドメイン名

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その15



ドメイン名

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ドメイン名


ドメイン名 とは・・・。

ドメイン名

ドメイン名

ドメイン名とは?

ドメイン名とは、ホスト名でも使われる、

インターネット上のコンピュータを特定するための記号。






出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

ドメイン名は、

あたいのトコで言えば、

http://1jouhouhikaku.seesaa.net/

赤色の所↑の『1jouhouhikaku』ってとこね。

今、ドメイン名が、日本語表示になるのが流行ってるけど。

SEO対策に都合がいいみたい。

最後の『/』の後ろに来るのがサブドメイン。

ドメイン名が日本語だと、検索されやすいんだって。

ちなみに、このseesaaブログは、

ドメインが自分で決められるんだ。

あんたも、良いドメイン名があったら、

作ってみたらどうだろうか?



今回は、ちょっと短かったね。




ま、たまには良いか・・・。






最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月22日
初心者への道しるべ



CGI


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



CGI

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その14



CGI

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

CGI


CGI とは・・・。

CGI

CGI

Common Gateway Interface(CGI)

Common Gateway Interface
(コモン・ゲートウェイ・インタフェース、CGI)は、
ウェブサーバ上でユーザプログラムを
動作させるための仕組み。
現存する多くのウェブサーバプログラムは
CGIの機能を利用することができる。


ウェブサーバプログラムの機能の主体は、
あらかじめ用意された情報を利用者(クライアント)の
要求に応じて送り返すことである。

そのためサーバプログラム単体では情報を
その場で動的に生成してクライアントに送信するような
仕組みを作ることはできなかった。

そこで、サーバプログラムから他のプログラムを呼び出し、
その処理結果をクライアントに送信する方法が考案された。
それを実現するためのサーバプログラムと
外部プログラムとの連携法の取り決めがCGIである。


CGIを用いるプログラムとしては
どのようなプログラミング言語等で記述することも
できるが、C言語やPerlが使われることが多かった。
近年では、PHPやPython、
Ruby
なども使われている。

電子掲示板やアクセスカウンタ
WikiやBlogシステムなどを作る目的で
CGIを用いることがある。

これらはいずれも利用者の書き込みや
アクセスによって表示内容が変わっていく
動的なものであるため、
CGIのような技術が必要になる
(ただし、現在ではCGI以外の技術で
作ることが可能になっている)。


Webサーバにプロセスを常駐させておくことにより
パフォーマンスを向上させる
Java Servletやmod_perl、
mod_php、FastCGIなどの技術も出現しているが、
これらのうちJava Servlet、
mod_perl、mod_phpは
CGIとは仕組みが異なる競合技術である。


CGIに関する誤解


1990年代後半、
CGIを使うプログラムには
主にPerlが使われていた。

また、C言語はPerlよりも
難しいという印象がある他、
適切なプログラミングを行わないと
メモリリークが発生することや、
事前にコンパイルが必要であることなどが理由で、
多くの個人ウェブサイト用
レンタルサーバでは使用を許可していないこともある。



また、日本国内では、
レンタルサーバーの宣伝文句に「CGI利用可能」
とあれば暗黙的にPerlによるCGIを指しており、
この場合には .cgi の拡張子(MIME-Type)で
Perlが動作するよう設定されているケースが
ほとんどである。


これらのことが原因で
「CGIとはPerlのことである」
と誤解してしまう人が現在も後を立たない。


パフォーマンス

Java Servlet, JSPが登場してから、
CGIはServletやJSPよりも、
2倍〜10倍くらい遅くなり、
淘汰されようとしていた時期があった。

これは、CGIが、
クライアントからのレスポンスを受け取るたびに
CGIプログラムとプロセスが起動し、
CGIプログラムの実行が終了すると、
プロセスも終了するという効率が悪いものであることが
Servletよりも遅い原因の一つであった。

Servletは、初回にプログラムを起動すると
プロセスを常駐できたため、
あの遅いと言われていたJava言語で
書かれたプログラムがCGIで動かすPerlで書かれた
プログラムよりも10倍近く高速になったことが
まずあげられる。

CGIがServletよりも遅かったもう一つの原因は
CGIに主に使われているPerlやCGIスクリプトが
インタプリタ方式であり、
コンパイルされるJavaプログラムよりも
低速になるという点であった。


しかし、後にFastCGIの技術の登場により
パフォーマンスは改善され、
再びJava Servlet, JSPに追いついた。

現在では、サーバからクライアントに
単純にダウンロードするだけのレスポンス性能や
単純なスクリプトではServletよりも勝っている。

しかし、クライアント - サーバ間を頻繁に
通信する時やスループット性能に関しては、
最適化技術が進んだJavaの上で走るServletと、
初回起動時は最適化のために遅くなるものの、
Javaは起動後徐々に高速化するため、
CGIとServletを比較できる速度の優劣が
決定的ではなくなっている。

むしろ、CGI + PerlのほうがSerlvetよりも
少ないメモリで動作するという
大きなアドバンテージがあり、
それが、未だにServletに対応しているものの
レンタルサーバが少なく、
メモリコストのかからないCGIやPHPが
レンタルサーバにより多く使われていることに
繋がっている。


仕様

CGIの仕様はNCSAにより
最初に定義・実装され、
現在の最新版はCGI1.1である。
2004年にRFC 3875となった。


次のような仕様に従って動作し、
ウェブサーバープログラムから呼ばれることを
期待されているプログラムのことを
CGIプログラムと呼ぶ。


* CGIプログラムは、ウェブサーバが、クライアントからのリクエストに応じて起動する。

典型的には、ウェブサーバーの公開領域に置かれたプログラムに対応するURIへのリクエストがあると、サーバーはそのプログラムをCGIの取り決めに従って呼び出す。


* CGIプログラムへの情報の入力は、
 コマンドライン引数、環境変数、
 標準入力によって行われる。


* ウェブサーバーがプログラムを呼び出す時点で
 いくつかの環境変数を定義することが
 定められている。

* 特に、
 クライアントがサーバーに要求したURIのうち、
 検索文字列(Query String)部が
 環境変数 QUERY_STRING に設定されるので、
 これはHTMLフォームから
 GETメソッドで入力を受けるのに便利である。

* QUERY_STRINGに文字'='が含まれない場合は、
 サーバーはQUERY_STRINGの内容を
 コマンドライン引数としてCGIプログラムに渡す。
 これはHTMLのISINDEX要素を用いて
 送信された情報を扱うのに便利である。

* クライアントからのHTTPリクエストのBODY部は
 CGIプログラム標準入力に流し込まれる。
 また、その入力の長さが
 環境変数CONTENT_LENGTHに設定されている。
 これは、HTMLフォームから
 POSTメソッドで入力を受けるのに便利である。

* CGIプログラムに対応する仮想パスの後に、
 更に余分のパスが続いた場合、
 その情報は環境変数 PATH_INFO に格納され、
 PATH_INFO をウェブサーバーの仮想パスと
 解釈した際に対応すべき物理パスが
 環境変数 PATH_TRANSLATED に格納される。
 この方式もまた、
 CGIプログラムにユーザー側から
 パラメータを渡す目的でよく用いられる。


* プログラムが標準出力に出力したデータは、
 ウェブサーバーを経由して
 クライアントに送られる。
 このデータは正当なHTTPヘッダで
 始まらなければならない。

* ただし、
 いくつかの特別なヘッダフィールドは
 「サーバーディレクティブ」として解釈され、
 ウェブサーバーの挙動(ステータスコードなど)
 に影響を与える。
 これ以外の全てのヘッダフィールドは
 そのままクライアントに送信される。

* 現在のWWWではHTMLが中心的な役割を
 果たしているので、
 実際にはCGIプログラムは
 HTMLを出力するケースが圧倒的に多い。


* 画像データなどを出力することもある
 (これはアクセスカウンタなどを
 作る際に使われる)。





出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

CGIは、サーバーに負担をかけちゃうからね。

レンタルサーバー、特に、無料の所は使うのを嫌うんだよね。

使えないところが多いってコト。


もちろん使えるサーバーもあるから、

いいCGIを見つけたら、そこで使ってみると良いよね。

CGIはなかなか自分では作れないからね。


あたいが
CGIを、かければ、良いんだけど、

まだちょっと勉強不足で分からない。



じゃあ、使えそうなのを検索してみよう。

あんたのブログに、あんたのホームページに、

そのままコピーして使えるモノもあるから、探してみて。

あたいも見つけたら、すぐにあんたに教えるよ。


あたいも出来たら、

真っ先に教えるけど。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月20日
初心者への道しるべ



JavaScript


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



JavaScript

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その13



JavaScript

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

JavaScript


JavaScript とは・・・。

JavaScript

JavaScript

JavaScript(ジャバスクリプト、
ジャヴァスクリプト、略称:JS)は
スクリプト言語である。

主にWebブラウザ上で動作し、
HTMLの動的書き換えや入力フォームの自動補完など、
Webページの使用感向上を目的として使用されたり、
リッチクライアントアプリケーションの構築に使われる。

特徴

文法はプロトタイプベースの
オブジェクト指向型である。
多くの場合は、
C言語に似た手続き型言語のような
スタイルで書かれるが、
関数型言語とも多くの類似点がある。
近年ではその柔軟な設計が評価され、
様々なアプリケーションで自動実行の
用途におけるマクロ言語としても採用されている。

当初は、
テキストエディタで編集するだけの
簡単なアプリ構築に使われていたが、
近年では、IntelliJ IDEAなどにより、
IDEにコード補完・編集時のリアルタイム文法チェック
・リファクタリングなどの機能が搭載されるようになり、
大規模開発が可能となった。

また、Ajaxにおける、
ブラウザ間の互換性の問題は、
JavaScriptライブラリにより吸収することで、
大きく解決された。

さらに、
Extなどの本格的なGUIライブラリの登場により、
デスクトップアプリと差がないアプリを作ることが
可能となった。

また、
DWRなどのJavaScriptとサーバー間を
つなぐ技術の発達により、
クライアント・サーバー間の通信が著しく容易になり、

また、Jettyなどのアプリケーションサーバーが
Comet利用時のメモリ使用量の削減を実現したため、
サーバーからクライアントへの情報の
Push型の配信が実用的となった。


なおJavaとScriptの間は詰めて表記する。

Javaと名前や文法が似ているため
しばしば混同されるが、
互換性は全くない。

Javaと呼ぶ場合は
プログラミング言語Javaを指すので
注意が必要。
名前の由来については誕生を参照。


歴史


誕生

JavaScript
ネットスケープコミュニケーションズの
Brendan Eichによって開発され、
Netscape Navigator 2.0 で実装された。

開発当初は「LiveScript」と呼ばれていたが、
1995年にSun Microsystems社の開発した
プログラミング言語「Java」が
当時大きな注目を浴びており、
これに便乗したネットスケープ社の
マーケティング的な思惑が働き
JavaScript」という名前に変更されたといわれている。

1996年にマイクロソフトの
Internet Explorer3.0に搭載されるようになると、
その手軽さからJavaScriptは急速に普及していく。

1997年、通信に関する標準を策定する
国際団体Ecma Internationalによって
JavaScript の中核的な仕様がECMAScript
として標準化され
(ECMA 262, ISO/IEC 16262, JIS X 3060)、
多くの Webブラウザで利用できるようになった。

ネットスケープ社は、自社サーバ製品で、
WEBアプリケーション開発言語としての実装も行ったが、
こちらは余り普及しなかった。



不遇の時代

1990年代後半にMicrosoftのInternet Explorer、
NetscapeのNetscape Navigator間で勃発した、
いわゆる第一次ブラウザ戦争では、
両ブラウザが独自の拡張を施し
様々な仕様が乱立する事態に発展した。

ブラウザに関するセキュリティ意識も
今日程高くなく、
JavaScriptに関する脆弱性が
次々と発見されることになる。

また、
初心者でも比較的容易にプログラムが書けることが、
JavaScriptの言語仕様及び
その周辺技術に精通していない利用者が
増える原因ともなった。

さらにその名称から、
Javaのサブセットや下位バージョンの様な
印象を一部の人間に与えたことも事実である。

以上の様な理由から各ブラウザ上での
挙動に差異が出たり、
必要以上に「アマチュアが使うもの」
「低機能な言語」と
捉えられてしまうことになる。


現在のJavaScript

市場のブラウザ間互換性がある程度確立された
2000年頃にはGoogleやAmazon等の大手企業も
JavaScriptを積極的に利用し始めた。

代表的なものとしてはGoogle マップや
Amazon Diamond Search等がある。

2005年、JavaScriptの非同期通信を利用した技術に
Ajaxという名前がつけられたことによって、
高機能なWebアプリケーションの開発言語の一つとして
再び注目を集めている。

しかし今も尚、
JavaScriptによる脆弱性や攻撃は存在しており、
状況が本質的に変わった訳ではない。


また、
最近ではMozilla Firefox用拡張機能の
GreaseMonkeyや
Operaの標準機能などにおいて、
「User JavaScript」と呼ばれる、
JavaScriptを使ったWeb表示のカスタマイズ機能が
使用可能なWebブラウザも出てきている。


120中太文字JavaScript 2.0

2000年〜2003年にかけて、
JavaScript 2.0 を作ろうとした動きがあったが、
ネットスケープコミュニケーションズと
マイクロソフトの対立でまとまらなかった。

当時ネットスケープコミュニケーションズが
提案していた案が
アドビの ActionScript 2.0 に引き継がれ、
マイクロソフトの案が JScript .NET へと引き継がれた。

2006年現在 ECMAScript 4 の策定が進められており、
Mozilla Foundation はこれに基づいて
JavaScript 2.0 を作成することを表明している。

また、Mozilla は ECMAScript 4 の策定にあたって
Python のよさを取り込んだ案を提案しており、
自身でもこれを実装している。



セキュリティ上の制限

XmlHttpRequestや、IFRAMEを使った通信では、
ダウンロード元のサーバー以外のURLに
アクセスすることが出来ない。
そのため、一般的には、
サーバーを経由して他のドメインのリソースに
アクセスすることが多いが、
動的scriptタグの生成などにより、
他のドメインのURLにアクセスすることが
可能である。


問題点

* 悪意のあるユーザによって
 クロスサイトスクリプティングや、
 ブラウザクラッシャー等の危険性のある
 ページが生成される可能性がある。

* ブラウザ間の、
 言語仕様そのものの実装に関する互換性は極めて高く、
 DOMなど関連仕様の実装に関する互換性も比較的高い。
 しかし、単純な装飾処理や入力チェック等は
 比較的安易に導入できるため、
 現状では利用者の多くが言語仕様やDOM仕様、
 ブラウザベンダの提供する技術文書等に
 目を通さずに使用している。
 このため各利用者の使用法に
 大きな癖があることが多い。
 ベンダにとっては新しいブラウザの開発にあたり、
 現存するWebページの大半が問題なく
 表示・動作可能な製品を提供することも
 使命であるため、
 この実情がブラウザ間での
 完全な互換性を確立することを困難にしている。

* 1999年のECMA262-3以来、
 数えるほどのベンダ独自拡張があっただけで、
 言語仕様自体の変更は無かったと言える。
 しかし、XULでの使われ方や、
 Ajaxと呼ばれる使われ方など、
 複数の人間が長期間携わって作り管理するようなものが
 目に付くようになってきている。
 現在の言語仕様に限界が見えてきているわけではないが、
 より楽な管理を実現する為に、
 言語仕様改訂を待ち望む声は少なくない。



サンプルコード


// ブラウザに実装され、
多数の拡張が施されたJavaScriptが一般に使用される。

alert("Hello, JavaScript.");

var userName; //変数宣言。必須ではない。

userName = prompt("名前を入力して下さい","");
//入力を要求する

if(userName != "") {
//名前の入力があった場合
document.write(userName, "さん、ようこそ!");
//画面に出力
} else {
//名前の入力がなかった場合
document.write("名無しさん、ようこそ!");
//画面に出力
}



//JavaScriptでの継承の方法

var Dog = function() {};
//Dogクラスを作成

Dog.prototype.sit = "I am sitting.";
//Dogにsitプロパティを追加

var myDog = new Dog();
//DogからインスタンスmyDogを作成

alert(myDog.sit);
//“I am sitting.”が出力される。

var Dog2 = function() {};
//Dog2クラスを作成

for (var prop in Dog.prototype) {
//Dogから全プロパティを継承

Dog2.prototype[prop] = Dog.prototype[prop];
}

var myDog2 = new Dog2();
//Dog2からインスタンスmyDog2を作成

alert(myDog2.sit);
//“I am sitting.”が出力される。


/*
JavaScriptでは、
クラスは関数を定義するように作成し、
作成したクラスやインスタンスは
すべてオブジェクトと呼ぶ。
*/



privateメソッド、

publicメソッドの実装方法


名前空間のあるメソッドの実装方法。
クラス型オブジェクト指向でのクラスメソッドに相当。


var Test = function(){
var pub = {};
/** プライベート変数 */
var word = "Hello World!";

/** プライベートメソッド */
var privateMess = function() {
return word;
}

/** パブリックメソッド */
pub.staticMess = function() {
return "This is staticMess";
}
return pub;
}();

alert(Test.staticMess());




インスタンスメソッドのpublic,
privateメソッドの実装方法


var Test2 = function() {
/** プライベート変数 */
var word = "Hello World!";

/** プライベートインスタンスメソッド */
var privateInstMess = function() {
return "This is privateInstMess";
}

/** パブリックインスタンスメソッド */
this.instMess = function() {
return "This is instMess";
}
};

alert(new Test2().instMess());



主な実装

* KJS
* Narcissus(JavaScript)
* Rhino(Java)
* SpiderMonkey(C言語)



主な開発環境

* Aptana
* Dreamweaver
* IntelliJ IDEA -
  リファクタリング機能などを搭載
* JSEclipse




関連するプログラミング言語

* ECMAScript
* JScript
* ActionScript
* VBScript



関連していると誤解されがちな

プログラミング言語


* Java(JavaScriptと名称は似ていて間違えやすいが、
  文法が多少似ているのみで、違う言語。)


脚注

1. ^ 例えば Adobe Acrobat は
  JavaScript によるマクロ機能を搭載している。

2. ^ Crockford, Douglas; 訳:上津 竜太郎 (id:brazil).
  "JavaScript: 世界で最も誤解された
   プログラミング言語 (日本語(原文は英語))"
   2007年9月5日閲覧.

3. ^ "Python and JavaScript
   (英語)" Brendan's Roadmap Updates.
    2006-02-19. 2007年9月5日閲覧.





出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

JavaScriptは、サーバーに負担をかけない
って、結構喜ばれるよね。

ブラウザの上で動くから、良いんだよね。

JavaScriptが、かければ、良いんだけど、
初心者ではなかなか、そうも言えないよね。

じゃあ、使えそうなのを検索してみよう。

あんたのブログに、あんたのホームページに、

そのままコピーして使えるモノもあるから、探してみて。

あたいも見つけたら、すぐにあんたに教えるよ。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月18日
初心者への道しるべ



PDF


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



PDF

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その12



PHP

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

PHP


PHP とは・・・。

PHP

PHP: Hypertext Preprocesso


この項目ではプログラミング言語のPHPについて記述しています。



PHP: Hypertext Preprocessor
(ピー・エイチ・ピー
 ハイパーテキスト プリプロセッサー)とは、
動的にHTMLデータを生成することによって、
動的なウェブページを実現することを主な目的とした
プログラミング言語
およびその言語処理系である。


PHPは、
HTML埋め込み型のサーバサイド・スクリプト言語として
分類される。
この言語処理系自体は、C言語で記述されている。


ウェブサーバ上で動作し、
ウェブサーバ上の文書が要求されるたびに、
この文書に記述されたPHPのプログラムを実行し、
その結果をウェブブラウザに対して送信する。


ウェブブラウザに送信されるデータは
通常のHTMLであり、
PHPのプログラムを含まない。

この点でHTML埋め込み型の
クライアントサイド・スクリプト言語
JavaScriptなど)と本質的に異なっている。


平易な文法のため初心者でも習得しやすく、
また大規模な開発にも多く用いられている。

多くのフレームワークやライブラリが存在し、
開発の手助けとなっている。

名称

正式名称は「PHP: Hypertext Preprocessor」
であるが、
一般的には単に「PHP」と省略して用いられる。


仕様

PHP
Common Gateway Interface (CGI) を
サポートしており、
CGIをサポートするWebサーバ上で
PHPスクリプトを実行することができる。

この他にもFastCGIを通じて
Webサーバから起動したり、
利用するWebサーバがモジュール機構を
提供していれば、
モジュールとしてWebサーバに組み込んだ状態で
動作させることが可能である。

その為、phpモジュールに脆弱性があった場合、
簡単にWebサーバの権限を奪取され、
サーバを破壊されることもある。


PHPは、
PHP4以降Zend Engineをスクリプト言語を
処理するエンジンとして利用している。

Zend Engineは、PHP3の開発者によって設立された
Zend Technologies Ltd.により開発された
ソースコードが公開されている
スクリプティングエンジンで、
PHP5ではZend Engine 2.0になった。

Zend Engineは基本的に1つのプロセスが
インタプリタのコンテキストを1つだけ持つもの
として設計されている。

したがってマルチスレッドを
用いたスクリプティングはサポートしていない。

Zend Engineを除くPHP本体は、
PHP組み込み関数の実装を含むほか、
Webサーバやコマンドラインインターフェイスと
スクリプティングエンジンの間を仲介するSAPI
(Server API)レイヤ、
マルチスレッドで動くWebサーバのモジュールとして
利用される場合にグローバル変数のセマンティクスを
提供するTSRM (Thread Safe Resource Manager)、
さまざまなプラットフォームの入出力機構や
APIの差異を吸収するためのStreamsレイヤから成る。


開発者はSAPIの提供するSPIを実装することで、
さまざまなWebサーバのモジュールとして
PHPを動作させることができる。
標準では以下のWebサーバ用のSAPIが提供されている。


* CGI
* AOLserver
* Apache HTTP Server (バージョン 1.x 用 / 2.x 用)
* Sun Java System Web Server
* Roxen WebServer
* Tux
* ISAPI (Microsoft Internet Information Services等)
* Caudium
* Continuity
* Pi3Web
* thttpd


PHPを動作させる方法には、
実行ファイル形式(CGI / FastCGI)、
モジュール形式(mod_php / ISAPI)がある。

どの形式を使用するかはWebサーバーにより異なる。

一例を挙げるならば、
Apacheで動作させる場合はmod_phpを使用し、

IISで動作させる場合はISAPIを使用し、
lighttpdで動作させる場合はFastCGIを使用し、
AN HTTPDで動作させる場合はCGIを使用する
(いずれも代表例であり、
 他の形式でも動作させることは可能だが、
 実例は少ない)。


PHPにおいては一般的に実行ファイル形式よりも
モジュール形式の方が高速に動作するとされる。

そのためApacheとmod_phpの組み合わせが
よく用いられている。

ただし実行ファイル形式でも
FastCGIを使用することによりモジュール形式と
並ぶパフォーマンスを出すことも可能である
(例えばlighttpdとFastCGIの組み合わせ)。


PHPにはWindows、UNIXなどの
オペレーティングシステムに対応した
処理系が存在する。

一部の組み込み関数はプラットフォームごとに
挙動が違うため、
スクリプトによっては移植作業が
必要になる場合がある。


また、
多くのDBMSへのインターフェイスを
標準で備えており、
DBMSとの連携にも高い力を発揮する。


HTML埋め込み型の処理系としては
他にASP、JSPなどがある。


PHPには様々な付加機能がPEARという
オンラインライブラリ集でモジュールとして
提供されており、
同名のツールを使って導入/管理が出来る。

Perlで言うCPANと同じ役割を持っている。


構文


多くの構文をC言語、
Java、Perlなどのプログラミング言語から
転用しており、
動的に生成させるウェブ・ページを速やかに
作成できるのが特徴である。

ウィキ構築に用いられるソフトの一つである
MediaWikiは、PHPによって書かれている。


幾つかのサンプルコードと
その実行結果を交え、
PHPの文書構造を解説する。


基本と制御構造

PHPは"<?php"と"?>"で囲まれた内部を
PHPコードと認識し実行する。
それ以外の部分は全てHTMLコードとして
そのまま出力される。


<?php
if($a){?>
HTMLコード
<span><?php
echo "aは偽";?></span><?php
}
?>


<?phpと?>で囲まれていない部分を除外した際に、
構文通りの構造に文書がなっていれば
PHPはこれを正しく実行する。

出力は以下のようになる。
(便宜上2通り記す)


// $aが真の時の出力
<div>HTMLコード</div>

// $aが偽の時の出力
<span>aは偽</span>


if、else(elseif)は
条件評価の制御構造として
よく知られた構文であり、
他にもPHPではfor、while(do)、
foreach、switch文などの制御構造がサポートされる。

break、continue等の制御構造文もあるが、
ループ式を命名するlabel文構造はない。


記号$は変数であることを示し、
続く文字はその名前である。

PHPは比較的変数に寛容であり、
変数が確保されていない場合は、
これをエラーとせずにヌルとして処理する。



?php
$a = x;
$$a = y;
echo $x; // yを出力
?>



データ型

PHPは以下の型をサポートする

* スカラー型

* 文字列型 (String)
* 整数型 (Integer) - 整数型で扱える範囲は
 PHPスクリプトを実行するCPUに依存する。

* 浮動小数点数型 (Float)
* 論理型 (Boolean)


* 複合型

* オブジェクト型(Object)
* 配列型 (Array)


* 特殊型

* リソース型 (Resource)
* ヌル型 (Null)
配列

配列の使用法は以下のようになる。


// array関数での生成
$a = array("wikipedia","mediawiki",3 => "commons");
echo $a[0]; # wikipedia
echo $a[3]; # commons

// 明示的な代入
$b[0] = "wikipedia";
$b[] = "mediawiki";
$b[] = "commons";
echo $b[2]; // #commons



グローバル変数

PHPで定義されている
スーパーグローバル変数を幾つか挙げる。

$GLOBALS
全てのグローバル変数を連想配列とする。


括弧とは同義だが、
過去のバージョンは括弧内のみでしか参照できない。

$_SERVER($HTTP_SERVER_VARS)
実行環境情報情報
$_ENV($HTTP_ENV_VARS)
環境変数
$_POST($HTTP_POST_VARS)
POSTメソッド変数
$_GET($HTTP_GET_VARS)
GETメソッド変数
$_COOKIE($HTTP_COOKIE_VARS)
COOKIE変数


以下はPHP4.1以降で提供される。

$_REQUEST
$_GET、$_POST、$_COOKIE、$_FILES、
更にURIクエリー(ロケーション)を
連想配列として格納する。
$_FILES
ファイルアップロード処理変数
$_SESSION
セッション


全容把握には、print_r関数等で参照するとよい。


<?php
print_r($_SERVER);
?>



クラスとオブジェクト

オブジェクト指向のPHP
クラスとオブジェクトをサポートしている。
以下にクラス等オブジェクトの例をあげる。


<?php
class abc{
var $a = null;
function b(){
echo "abcクラスbメソッド\n";
return "戻値:abc->b";
}
function abc(){
echo "abc:コンストラクタ生成\n";
}
}
class def extends abc{
function def(){
echo "def:コンストラクタ生成 > ";
echo "def再定義メソッド(継承):" . parent::b() . "\n";
}
function b(){
echo "オーバーライドされたbメソッド\n";
}
}

$c = new abc();
abc::b();
$f = new def();
$f->b();
?>


PHPに於けるコンストラクタ生成の演算子は
newである。

extendsでクラスの継承が可能であるが
多重継承はサポートされていない。
varはおなじみだが、
メンバ変数を宣言し定義する。
echoは続くオブジェクトを出力する
PHPの文書構造である。

そのほかにもlist(配列)、final(メソッド)、
private・public・protected(アクセス権)
などの文書構造がある


parentは継承されたメソッドが、
インスタンスされオーバーライドされた結果、
継承されなかったメソッドを参照出来る。
ここでdefクラスに継承されたメソッドは
abc->bメソッドであり、
def->bメソッドにより上書きされている。
出力結果は以下の様になる。


abc:コンストラクタ生成
abcクラスbメソッド
def:コンストラクタ生成 > abcクラスbメソッド
def再定義メソッド(継承):戻値:abc->b
オーバーライドされたbメソッド




アクセス権

アクセス権やfinalは
PHP 5で導入された概念である(一部除く)。

finalはメソッドを子クラスで
上書きすることを禁止する構造である。

上記コードのインスタンス化されていない
abc::b();でスコープ解決されたメンバ部分は、
PHP5ではアクセス権の問題でアクセス出来ない。

この場合、インスタンス化せずに呼び出したいので、


// static:
class abc{
var $a = null;
static function b(){
---------------------


とstatic宣言をせねばならない。
宣言がない場合、
全てpublic(どこからでも参照可)で処理される。

なおvarは互換性のため残されており、
publicと等価であるが、
PHP5.1.3以前のPHP5はエラーとなる。

protectedは親クラス・派生クラス・ないし
それを定義するクラス自身からのアクセスを拒否し、
privateは定義クラス内部のみ参照が可能である。


その他

include、require等の演算子で
外部ファイルに記述されたPHPコードを追加ないし、
参照、実行が可能である。
returnは戻り値を返す文書構造である。
return()とすることで戻り値を評価することも
可能である。


Unixコマンドを実行可能であるが、
CGIより実行権限は低くなっている。
また一部関数はこのUnixコマンドを参照するため、
Windows系OSでは使用できない関数がある。

コマンドを参照する関数を使用する際は、
サーバーの設定でパスが通っている必要がある。

幾つもの拡張により扱える関数は
環境に依りまちまちである。


PHPによる有名なソフト

* MediaWiki
* phpBB
* phpMyAdmin
* PukiWiki
* Serendipity Weblog System
* WordPress
* XOOPS
* OpenPNE



対応する主要DBMS

* Apache Derby
* DB2
* Informix
* InterBase
* Microsoft SQL Server
* mSQL
* MySQL
* ODBC
* Oracle
* PostgreSQL
* Sybase
* SQLite


歴史


PHP 1.0

1995年6月8日にリリース。
ラスマス・ラードフが開発。
初期は Perl でかかれたスクリプトだったが、
その後C言語で書き直され、
PHP (Personal Home Page Tools) となる。


PHP Version 2 (PHP/FI)

1996年4月16日にリリース。
FI(Form Interpreter、SQLによるDBMSツール)が
統合され、1997年に PHP/FI2.0 となる。


PHP 3.0

1998年6月6日にリリース。
PHP/FI を元に、
アンディ・ガトマンズ (Andi Gutmans) と
ゼーブ・スラスキー (Zeev Suraski) によって
PHP3(PHP:Hypertext Preprocessor) が
再度書き直された。


PHP 4.0.0

2000年5月22日にリリース。
PHP3 を大幅に機能拡張。
Zend Engine 導入。


PHP 4.1.0

2001年12月10日にリリース。
スーパーグローバル関数が追加される。


PHP 4.2.0

2002年4月22日にリリース。
register_globals の初期値が
Off に変更される。


PHP 4.3.0

2002年12月27日にリリース。
コマンドラインインタフェースの実装。


PHP 4.4.0

2005年7月11日にリリース。


PHP 5.0.0

2004年7月13日にリリース。
擬似的なオブジェクト指向がより一層強化される
と共に、
クラスライブラリとして
SPL がサポートされた。
また、 SQLite が
標準装備されるようになった。
Zend Engine 2.0 導入。


PHP 5.1.0

2005年11月24日にリリース。
実行速度の改善、
PDO エクステンションが追加される。


PHP 5.2.0

2006年11月2日にリリース。
拡張モジュールに
Filter (フィルタ) がデフォルトで追加される。





出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

よく、無料レポートとかダウンロードすると、
○○.phpなんてでてくるよね。

その解説をしようとしたんだけど、
初心者には難しかったね。

.phpっていうのはこういうので動くんだ・・・なんて
思ってくれれば良いんだ。

ちょっと勉強になった?


最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月16日
初心者への道しるべ



PDF


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



PDF

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その11



PDF

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

PDF


PDF とは・・・。

PDF

Portable Document Format(PDF)



Portable Document Format (PDF)
拡張子: .pdf
MIME Type: application/pdf
タイプコード: 'PDF '(半角空白を含む)
UTI: com.adobe.pdf
マジックナンバー: %PDF
開発者: アドビシステムズ

Portable Document Format (PDF) は、
アドビシステムズ社が策定した
ファイルフォーマットおよびその関連技術。

Portableの名の通り、
可搬性を重視した設計が特徴で、
コンピュータ上のドキュメント(電子ドキュメント)を
扱うためのファイルフォーマットの1つとして
広く普及している。

概要

PDFのドキュメントは1以上のページで構成され、
各ページにはテキスト・画像・図形が含まれる。

PDFの特長は、作成したドキュメントを
異なる環境のコンピュータで元のレイアウトどおりに
表示・印刷できることである。

そのため、印刷物と同じレイアウトの電子ドキュメントを
公開するためにPDFは利用される。

また、DTPの過程でPDFファイルを作成・利用する場合も多くなっている。

PDFファイルは、
Acrobatを使うことで印刷可能な
あらゆるドキュメントから生成できる。

また、Webサーバなど、
サーバサイドでPDFを作成するための
ライブラリ類も多数ある。

PDFファイルの表示や印刷は、
アドビシステムズが無料で配布している
Adobe Reader(旧Acrobat Reader)などでできる。

Acrobat Reader等がインストールされた環境であれば、
一般のHTMLファイルと同様にWebブラウザ上で
PDFファイルを閲覧できるが、
Readerの起動のために表示に時間がかかることがある。

PDFの仕様はアドビシステムズ社から公開されている 。
そのためもあり、
アドビシステムズ以外でもさまざまな企業や団体が
PDF関連のソフトウェアを開発・公開している。

オープンソースソフトウェア、フリーウェアも数多い。


PDFの特長

PDFには、次の特長がある。

* 作成したドキュメントを異なる環境の
 コンピュータで元のレイアウトどおりに
 表示・印刷できる

* ドキュメントのセキュリティを設定できる

* 圧縮してデータを格納し、
 ファイルサイズを小さくできる

* しおり・リンク・コメント・注釈といった、
 ドキュメントを画面に表示するときに
 便利な機能を設定できる

* フォーム機能を使って、
 利用者の入力欄を受け取るような
 書式設定済み文書を作成できる

* 音声化などアクセシビリティに配慮した
 ドキュメントを作成できる

* マルチメディアに対応している



レイアウトの保持

PDFのドキュメントは、
Adobe Readerがインストールされている
コンピュータであれば元のレイアウトどおりに表示・印刷できる。

Adobe Reader Windows・Mac OS X・Linux など
各種 OS 用のものが無償配布されており、
他の PDF 閲覧ソフトも数多く存在するため、
PDF ファイルは多くの環境で閲覧・印刷できる。


PDF以外の電子ドキュメントは、
ほかのコンピュータ上で元のレイアウトを
保持したまま表示・印刷するのは難しい。

例えば、Word や Excel など Microsoft Office
ドキュメントは、
対応するソフトウェアがインストール
されていないコンピュータでは閲覧できない。

また、Microsoft Officeのバージョンや
設定が違うことが原因でレイアウトを保てない場合がある。

HTML のドキュメントは多くのコンピュータで閲覧できる。
しかし、レイアウトの制限が大きい上、
OS やWebブラウザの種類・設定で
レイアウトが変わりやすい。

そのため、レイアウトの保持が必要なドキュメントは
PDF 化することが多い。
ただしフォントの設定によっては、
PDF でも元のレイアウトを保持できない場合がある。
この問題は、フォントを埋め込むことで回避できる。


フォントの埋め込み

電子ドキュメントを正しく表示するためには、
フォントが正しく設定されている必要がある。

一般に、ドキュメント作成時に使用されているフォントが
インストールされていないコンピュータでは、
ドキュメントを正しく表示・印刷できない。

例えばヒラギノフォントを使って作成した
ドキュメントは、
このフォントがインストールされていない
コンピュータでは代替の日本語フォントで
表示する必要がある。

さらに、日本語フォントがインストール
されていないコンピュータでは
エラーや文字化けが発生し、正しく表示できない。

PDFのドキュメントでは、
使用しているフォントを埋め込むことで、
そのフォントがインストールされていない
コンピュータでも正しく表示・印刷できる。

フォントを埋め込む方法は2つあり、
当該フォントに含まれている
すべてのグリフ(字形)を埋め込む方法と、
文章に使用されているグリフのみを埋め込む方法である。

これらの選択は、PDFを作成する際に行う。

フォントを埋め込んで作成した
PDFの日本語ドキュメントは、
日本語フォントがインストールされていない
コンピュータでも正しく表示できる。

ただし、フォントを埋め込んだ
PDF ファイルはファイルサイズが大きくなる
という問題がある。

また、フォントを埋め込む場合は、
フォントのライセンスにも注意する必要がある。


セキュリティの設定

PDFファイルには、
情報の機密性を保つために、
閲覧パスワード(ユーザパスワード)と
編集パスワード(オーナーパスワード)を
設定することができる。

閲覧パスワードが設定されていると、
利用者は正しい閲覧パスワードを入力しないと
PDFファイルを開けない。

編集パスワードが設定されていると、
PDFを閲覧するだけならパスワード入力は
不要であるが、
次の作業をするには正しい編集パスワードを
入力して設定を解除しなければならない。

* 編集
* 印刷
* テキストや画像などのコピー


この機能を使うことにより、
ユーザの画面上では表示できるものの、
コンテンツ内の文章をコピー&ペースト
できないようしたり、
文書内の写真の印刷ができないよう
設定した文書を配布したりできる。

また、電子署名を付け、
ドキュメントの改ざんを防止する機能も持つ。


マルチメディアへの対応

PDFファイルには、
音楽、動画などのマルチメディアファイルを
含めることができる。

そのためPDFファイルは、
コンピュータを使ったプレゼンテーション用に
使うこともできる。

また、2005年、アドビシステムズ社が
Flashの開発・推進を進めてきた
マクロメディア社を買収しており、
それ以降アドビシステムズ社による
FlashとPDFの統合が進められている。



PDFファイルの表示と印刷

PDFファイルの表示や印刷には、
アドビシステム社から無料で配布されている
Adobe Readerを使うのが一般的である。

Acrobatがインストールされている場合は、
AcrobatPDFの表示や印刷ができる。

Mac OS XではOSに標準で付属する「プレビュー」を利用できる。


PDFファイルの検索

Web上のPDFファイルは、Googleなどで検索できる。

また、コンピュータ内のPDFファイルは、
AcrobatAdobe Readerによる全文検索が可能だが、
検索用インデックスを作成した
高速全文検索を利用するためには
AcrobatのProfessionalバージョン(6.0以降)や
Google Desktop Search
Mac OS X Tigerに付属するSpotlightなどが必要となる。




PDFファイルの作成

PDFファイルの作成には、
アドビシステム社のAcrobat
利用するのが一般的である。

Mac OS Xでは、
OSの標準機能で各種ドキュメントを
PDFファイルに変換できる。
そのほかにも、
後述するOpenOffice.org(OOo)など
オープンソースのものも含めて、
数多くのPDF作成ツールがある。


Acrobat

Acrobatでは、
データを各種ソフトウェアから
「Adobe PDFプリンタ」へ印刷することで
PDFファイルを作成できる。

この操作の場合、
Acrobatに含まれるDistiller
PDFファイルを作成することになる。

また、Microsoft Officeでは
Acrobatに含まれるPDFMaker
ドキュメントをPDFに変換できる。

PDFMakerDistillerを呼び出すとともに、
しおり・ハイパーリンク・注釈などを
自動的に作成する。

Adobe PDFプリンタによる方法以外としては
以下のような作成手法を備えている。


* Acrobat から直接、
 単数もしくは複数の画像ファイルを指定して、
 PDF化することが出来る。
 市販のデジタル写真集などでも利用されている。

* Web Capture機能により
 ウェブページを直接PDF変換する。
 階層を指定することで
 ハイパーリンク構造も再現できる。

* スキャナから直接画像を読み取り、
 PDFに変換できる。



PDFの歴史

1993年
アドビシステムズ社
   PDF1.0とAcrobat 1.0をリリース。
1994年
アドビシステムズ社
   Acrobat Readerの無償配布開始。
   この無償配布が、PDF普及の大きな要因となった。
1995年
アドビシステムズ社
   Netscape Navigator用のAcrobatプラグインを公開。
   Web上でのPDF利用を促進した。
1996年
アドビシステムズ社
   PDF 1.2とAcrobat 3.0をリリース。
   このバージョンからPDFとAcrobatが日本語に対応。
1999年
アップル社、Mac OS Xをリリース。
   Quartzを採用し、OSレベルでPDFへ対応。
アドビシステムズ社、PDF 1.3とAcrobat 4.0をリリース。
2001年
アドビシステムズ社、PDF 1.4とAcrobat 5.0をリリース。
2003年
アドビシステムズ社、PDF 1.5とAcrobat 6.0をリリース。
2004年
ソースネクスト社
   日本国内で「いきなりPDF」シリーズを発売開始。
   低価格のPDF作成ソフトということで注目を集めた。
アドビシステムズ社、PDF 1.6とAcrobat 7.0をリリース。
2005年
アドビシステムズ社、マクロメディア社を買収。
   PDFとFlashの統合が開始された。
2006年
アドビシステムズ社、PDF 1.7とAcrobat 8.0をリリース。



PDFとPostScript

PDFは、
アドビシステムズ社が開発し印刷業界の標準として
普及していたページ記述言語 PostScriptを元に
策定された。
PDFでは、コンピュータ上での
データ交換のために次の機能が追加されている。

* ファイルに含まれる各ページへの
 ランダムアクセスに対応。
 この機能により、必要なページをすばやく表示できる

* フォントの埋め込み

* 文書情報など、本文以外の情報を入力できる。
 PDFではしおり・リンク・注釈なども
 本文とは別の情報として扱われる


一方、
PostScriptのプログラミング言語としての機能は、
PDFでは簡略化されている。

ファイルを開いた場合にエラーが発生する
可能性を小さくし、信頼性を高めるためである。

こうした経緯からPostScriptPDFは似ており、
相互の変換は比較的容易である。

実際、Acrobatに含まれるDistillerでは、
各種アプリケーションのデータをいったん
PostScriptファイルに変換
(WindowsやMacintoshでは
 プリンタドライバを経由する形で行われる)し、
それを元にPDFを生成している。

また、AcrobatからPostScriptファイルを
生成することも可能である
Acrobatのバージョンにより、
 直接生成するかプリンタドライバを利用して
 「再変換」により作成するかの差異はある)。


PDFのバージョン

PDFのバージョンと仕様書(2006年11月現在)
年・PDFのバージョン・ Acrobat 仕様書 ・新機能
作成・表示・印刷 表示・印刷 バージョン

1993 1.0 Acrobat Acrobat Reader 1.0
1994 1.1 2.0
1997 1.2 3.0 2バイト言語対応
1999 1.3 4.0 PDF Reference, Second Edition
     PDFリファレンス第2版 ISBN 4894713381
     日本語フォントの埋め込み
     電子署名
     JavaScript対応
2001 1.4 5.0 PDF Reference, Third Edition
     OpenTypeフォント対応
     透明効果
     タグ付きPDF
2003 1.5 Adobe Reader 6.0 PDF Reference,
     Fourth Edition JPEG 2000圧縮のサポート
     16bit画像のサポート
     マルチメディアコンテンツの埋め込み
2004 1.6 7.0 PDF Reference, Fifth Edition
     3Dアートワークの表示
2006 1.7 8.0 PDF Reference, Sixth Edition
     3Dアートワークへの対応強化
     注釈機能の強化
     セキュリティ機能の強化



印刷物として制作したドキュメントのPDF化

Quark XPressやAdobe InDesignなどの
DTPソフトウェアで組版した結果のデータは、
しばしばPDFファイルとして出力される。

こうして作成されたPDFファイルは、
印刷物と同じレイアウトの電子ドキュメントとなる。

一般に、PDFファイルの公開・配布は
印刷物を配布するのに比べて低コストである。

そのためPDFを利用して
例えば、カタログやパンフレットなどを
インターネット上で公開したり、
マニュアルや雑誌の収録記事を
CD-ROMで配布することが多くなっている。

旧バージョンのQuark XPressなどから
PDFファイルを作成するには、
PostScriptファイルを生成したうえで
"Distiller"というAdobe Acrobatに添付の
ソフトを使ってPDFファイルに変換するのが
一般的である。

また、Adobe InDesign、Illustrator、
PhotoshopやQuark XPress
(バージョン6以降)を使うと、
Acrobatなどは使わずに直接PDFファイルを作成できる。


OfficeドキュメントのPDF化

Microsoft Officeや一太郎などで
作成したドキュメントも、PDF化されることが多い。

PDFのドキュメントは、
Microsoft Officeなどドキュメント作成時に
使ったソフトウェアをインストールしていない
コンピュータでも表示・印刷でき、
コンピュータの環境によって
レイアウトが変わる可能性も小さくなる。

Microsoft Officeのドキュメントは
PDF化しなくても、
Microsoft社から無償配布されている
表示専用ソフトウェア
(Word ViewerやExcel Viewerなど)で
表示させることができる。

しかしこうしたソフトウェアは、
Adobe ReaderなどのPDF表示用ソフトウェアと
比べると、
対応しているOSが限られていることもあり、
インストールされていない、
またはできない場合が多い。

そのため、
不特定多数の人を対象にしたドキュメントは
PDF化することで
正しく表示される可能性が高くなる。

PDFの作成には、
Microsoft Officeからはプリンタとして
インストールされる「Adobe PDF」
「Acrobat Distiller」を利用して
PDFを作成することもできるが、
Acrobatに含まれるマクロの
「PDF Maker」を利用し、
より簡単にPDFFを作成できる。

Microsoft Office 2007では
追加アドインを加えることで、
他にソフトウェアを追加しないで
PDFが作成できるようにもなった。

また一太郎では、
Justsystem PDF Creator
と連携させてPDFを作成することもできる。

OpenOffice.orgでは、
標準でPDF出力機能を備えている。


LaTeXとPDF

LaTeXで作成したドキュメントを
PDFに変換する機能も持つツールも
開発されている。

* PDFLaTeXはLaTeXソース文書を読み取り、
 そのままPDF形式に出力できる

* dvipdfmはLaTeX標準の中間形式である
 dvi形式のファイルをPDFに変換できる。
 dvipdfmxはdvipdfmのCJK対応版。

* これらPDFを直接扱う方法ではなく、
 LaTeX標準のdvipskなどの
 伝統的なPostScript出力用ツールで
 いったんPostScript形式に落とし、
 それをAdobe AcrobatGhostscriptといった
 標準的なPostScript→PDF変換ツールを使って
 PDF出力させるといったやり方も一般的である

* ProsperなどのLaTeX形式ファイルから
 プレゼンテーション用PDFファイルを
 生成できるツールも存在する



XMLドキュメントのPDF化

マークアップ言語XMLの応用技術である
XSL-FOを利用すると、
Apache FOPやXSL Formatterなどの
ソフトウェアを利用してPDFファイルに変換できる。

XSL-FOはXSLTなどを利用して
各種XMLドキュメントから生成できるため、
XSL-FOを利用することで
各種XMLドキュメントからPDFファイルを作成できる。


紙資料のPDF化

紙資料をイメージスキャナなどを使って
電子ドキュメントにする場合も、
PDFが利用されることが多い。

紙資料を電子ドキュメント化するとき、
PDFを利用しない場合には、
TIFFなどの画像ファイルとして保存する方法と、
OCRソフトウェアを使ってテキストとして
保存する方法がある。

画像ファイルとして保存された
電子ドキュメントは画面上で見る場合には
紙資料と同じ内容が再現できるものの、
コピーができないなどテキストの再利用に
大きな制限がある。

また、OCRソフトウェアを使って作成した
テキストファイルではテキストの再利用は
可能なものの、
OCRソフトウェアの精度の問題もあり、
元の内容を完全に再現できない場合が多い。


PDFを利用すれば、
紙資料をスキャンした画像の上に
OCRソフトウェアで変換して
作成した透明テキストを重ね、
1つのファイルとして保存することができる。

こうしたPDFのドキュメントでは、
画面上で見る場合には
紙資料の内容を完全に再現でき、
不完全ではあるがテキストの再利用もできる。

例えば、Acrobatにはバージョン6.0以降の
Standard版以上でOCR機能が
標準で搭載されるようになった。


PDF入稿

印刷物制作時の入稿をPDFですることも
増えてきている。
従来は、QuarkXPressなどで組版した結果の
データをそのまま入稿することが多かった。

PDF入稿には、

* 原稿作成方法の制限が小さくなる
* 画像ファイルの添付し忘れや
 エラーの発生を少なくできる
* データサイズをコンパクトに
 することができる


などといった利点がある。

ただし作成方法によっては、
商業印刷には使えないPDFファイルが
生成されることもある。

たとえば、紙資料をスキャンして作成した
PDFファイルから商業印刷に要求される結果を
得るのは難しい。

目的とする印刷品質を得るためには、
フォントの埋め込みや印刷時に使用する色の情報、
画像解像度などをPDFファイル作成時に
適切に設定する必要がある。

この設定を行うにはコンピュータの操作方法
ならびに印刷物とその製造工程を的確に
理解していることが必須であるため、
誰でも確実に行うことができるとは言い難い。

PDF/Xは、こうした問題を回避するために用いられる。


PDFの短所

PDFの短所として、次のような点が指摘されている。

* 仕様が複雑
* ドキュメントを画面で見るには不向き
* ほとんどの環境において
 読み込みに大変時間がかかる



仕様が複雑

PDFは、
元にしていたPostScriptの仕様が複雑だったため、
簡略化したとはいえやはり複雑な仕様になっていた。

また、PDFのバージョンアップとともに
さまざまな機能が追加されたため、
仕様はますます複雑になっている。

このため、PDFを扱うソフトウェアは
巨大で動作の重いものになりがちである。

例えば、Acrobat6ではソフトウェアの
サイズが大きく、
起動に時間がかかるなど動作が重いため、
敬遠する人も多かった。

Acrobat7になって起動時間は大幅に短縮したが、
ソフトウェアのサイズは相変わらず大きく、
動作の重さを感じる場面もある。

また、仕様が公開されているとはいえ、
PDFの複雑な仕様に完全に対応する
ソフトウェアを作成するのは難しい。


画面で見るには不向き

PDFは画面で見るには、ユーザビリティが
不十分なために不向きであるとも言われている。

ドキュメントの読みやすさという点では、
PDFを画面上で見るよりも印刷物の方が
優れていると感じる人が多い。

理由としては、

* 人間の目は反射光を受け取って
 物体を視認する構造になっているが、
 コンピュータなどのディスプレイは
 直接光を出すため、
 それを受け止めると眼球に対する
 負担が印刷物に比べ大きくなり、
 目が疲れやすい。

* ディスプレイに表示される物体は
 印刷物のそれに比べて解像度が低いため、
 寸法の小さいパーツは見えにくい。


といったことが考えられる。
但し、
この視認性の問題については
HTMLでも条件は同じなので、
PDFだけ取り立てて論ずるのは
公平性を欠くであろう。


ほとんどのPDF文書が
A4縦長で作られているが、
PC画面は横長であることが多く、
A4縦長ドキュメントを等倍で
表示させにくいという点も、
画面で見るには不向きな理由の一つである。

HTMLは、
ブラウザがウィンドウのサイズに合わせて
再整形するのでこのような問題は少ない。

ユーザビリティに十分配慮して作成された
HTMLドキュメントと比べると、
PDFは扱いにくい面がある。

PDFはWeb表示用に最適化(リニアライズ)
されてないと、
ドキュメントの一部分だけを参照したい場合でも、
最初から最後まですべてのデータを
閲覧端末に読み込む必要がある。

Acrobatなど既定値でWeb最適化したPDFを
作成するソフトも多いが、
廉価・無償のPDF作成ソフトでは
Web表示用に最適化する機能を
もたないものがあり、
このようなPDF作成ソフトで
作成されたPDFをWeb上で表示するときには
表示開始までの待ち時間が
長くなりがちである。


ナビゲーションのために、
しおり、PDFのページ間(内部)リンクや
PDF外部へのリンクをドキュメントの任意の
箇所に設定することも可能であるが、
これはPDF作成時に素材データの中で設定するか、
(Readerでない)Acrobatなどのしおり・
リンク編集機能をもつソフトで
追加する必要がある。

この点は、ソースに参照したい箇所を
テキスト情報として付記するだけで済む
HTMLに比べれば煩雑な手間に
なりがちである。


アクセシビリティの観点からも、
PDFではドキュメントの作成時に
タグ付きPDFとしなければならない点
などを考えると、
HTMLや単純なテキスト形式の方が
扱いやすいことも多い。


ユーザビリティに関して世界的に影響力を持つ
ヤコブ・ニールセンはPDFについて、
「オンラインの閲覧用に使ってはならない」
と結論づけている。




関連項目



PDFの関連規格

PDF/X
PDFを元に策定された、
印刷用途を目的としたファイル形式。

印刷時のデータ交換をスムーズにするため、
通常のPDFで使える機能を一部制限している。
ISO15930として標準規格化されている。

PDF/A
PDFを元に策定された、
電子ドキュメントの長期保存を
目的としたファイル形式。
ISO19005-1として標準規格化されている。



PDFの競合規格

DocuWorks
富士ゼロックス社製の、
電子文書と紙文書を一元管理する
オフィス向け文書管理アプリケーション。
DocuWorks(Ver6)のドキュメントから
PDFの作成も標準でできる。

FlashPaper
Macromedia社が策定。
PDFと同様に各種ドキュメントから
「印刷」して作成でき、
作成されたドキュメントは
レイアウトを保持したまま表示・印刷できる。

XML Paper Specification(XPS)
Microsoft社が策定し、
Windows Vistaや次期Microsoft Officeで
採用される印刷用のプラットフォーム。

PDFとよく似た機能をもち、「PDFキラー」といわれている。

Scalable Vector Graphics(SVG)
各種図形を表すファイル形式であるSVGは、
PDFと同じくドキュメントのレイアウトを
保持したまま表示・印刷する用途に利用できる。

ただし現状では、SVGが普及しておらず
対応するソフトウェアが少ないため、実用は難しい。
そうした中で、
XSL FormatterはXMLドキュメントから
PDFと同等のレイアウト結果をSVGで出力できる。

DjVu(デジャヴ)
米国AT&T研究所が開発した、
PDF同様にドキュメント公開用に使われる
ファイルフォーマット。
特に画像データの圧縮率が高く、
PDFやJPGよりもサイズが小さい割に画像の
劣化が少ない特徴を持つとされ、
2005年頃から一部で使用されはじめている。



参照文献

1. ^ Adobe PDF Specifications
  PDF仕様書の一覧ページ(英語)
2. ^ TeX Wiki PDFの作り方
  (奥村晴彦(Haruhiko Okumura)のサイト)
3. ^ さまざまなPDFの作成技術の概観
4. ^ PDF形式の7つのメリット
  なぜPDFなのでしょうか?
  (特売プレス+吉田印刷所 DTPサポート情報Blog)
5. ^ PDF:人間が消費するには不向き
  (Jakob Nielsen博士のAlertbox)



関連書籍

* 赤羽紀久生『PDFプロフェッショナルブック』
  (玄光社、2007/08)ISBN 9784768302507
* Professional DTP編集部
  『ビジネスで活用するAcrobat 7.0入門―用途に合った
    PDFの「作成」「編集」「管理」』
  (工学社、2005/01) ISBN 4777510980
* トップスタジオ『Windowsユーザーのための
  PDF&Acrobat7.0入門』
  (オーム社、2005/04) ISBN 4274500209
* 大沢文孝『はじめてのAcrobat7.0―
  PDFファイルの「作り方」から「使い方」まで、
   詳しく解説!』
  (工学社、2005/06) ISBN 4777511413
* 川上恭子『Acrobat7+PDFスパテク315 7/6対応』
  (翔泳社、2006/01) ISBN 4798110167
* PDF研究会
  『PDFを使えば 業務文書はすべてうまくいく』
  (技術評論社、2006/02) ISBN 4774125032
* PDF Hacks―文書作成、管理、
  活用のための達人テクニック
  (オライリー・ジャパン/オーム社、2005/03)
    ISBN 4873112222
* PDFリファレンス第2版
  (アドビシステムズ/ピアソンエデュケーション、2001/9)
    ISBN 4894713381
* PostScript & Acrobat/PDF
  (トーマス・マーツ 著/広田 健一郎 訳
    /東京電機大学出版局、1998/11)
    ISBN 4501528907
* インターネットのための
   Acrobat/PDF―Acrobat4技術詳述
   (トーマス・マーツ 著/広田 健一郎 訳
    /東京電機大学出版局、1998/11)
    ISBN 4501530200




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

PDFは、これから、在宅ワークや、アフィリエイトを
インターネットを使ってするあんたにとっては、
長いつきあいになるんだよ。

無料レポートを作ったり、
特典レポートを作ったり、
果ては、商材を作ったり。

PDFを作るには、ソフトが必要になるんだけど、
無料のモノから、高額なモノまであるからね。

MACはちょっと便利で、
OS.Xには、PDFに変換する機能が付いていたりします。

無料レポート作りにも便利だね。

あたいにも出来るんだから、簡単さ。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月14日
初心者への道しるべ



スタイルシート


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



スタイルシート

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その10



スタイルシート

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

HTML


スタイルシート とは・・・。

スタイルシート

スタイルシート (Style Sheet)とは、
HTML や XML、SGML といったマークアップ文書の
表示形式を制御する概念。

マークアップ文書において見栄えと構造を分離する
という目的で提唱された。

Web 上で広く使われている
HTML 文書スタイルシートを適用させる場合には、
一般的に CSS が利用される。

こうした現状から
CSS が圧倒的な普及度を誇っているため、
単にスタイルシートといえば
CSSsを指すことがある。

しかし、
本来 CSSスタイルシート
実装の一つであるにすぎない。


スタイルシートの一覧

スタイルシートは何らかの
コンピュータ言語によって記述される。
そのような言語をスタイルシート言語と呼ぶ。


標準

* CSS (Cascading Style Sheets)
* DSSSL
(Document Style Semantics and
Specification Language;
 文書スタイル意味指定言語)
* XSL (Extensible Stylesheet Language;
    拡張可能スタイルシート言語)

* XSLT (XSL Transformations)
* XSL-FO (Extensible Stylesheet Language
Formatting Objects)



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

ブログにもスタイルシートってのがあって、
選んだスタイルシートによって、
ブログの形も変わってくるんだ。

あんたなら、どんなスタイルシートにするだろうか?

って、それは、もう少し先の話かな?





最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月12日
初心者への道しるべ



HTML


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



HTML

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その09



HTML

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

HTML


HTML とは・・・。

HTML

HyperText Markup Language(HTML)


HTMLコードの例。

拡張子: .html, .htm

MIME Type: text/html

タイプコード: TEXT

UTI: public.html

開発者: W3C

種別: マークアップ言語

拡張: XHTML

国際標準: ISO/IEC 15445:2000HTML

Cascading Style Sheets

ダイナミックHTML
XHTML
HTML エディター
HTML要素
HTMLレンダリングエンジン
W3C
ウェブブラウザ


HyperText Markup Language
(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ、HTML)は、
ウェブ上のドキュメントを記述するための
マークアップ言語である。

ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つで、
HTMLでマークアップされたドキュメントは
ほかのドキュメントへのハイパーリンクを
設定できるハイパーテキストであり、
画像・リスト・表などの高度な表現力を持つ。


HTMLは現在W3Cによる標準規格であるが、
最近では後継規格であるXHTMLへの
置き換えが進められている。


特徴

HTMLの特徴は、ハイパーテキストを利用した、
相互間文書参照のフレームワークである。

マークアップはプレーンテキストの文書を
要素で括って意味付けすることで行い、
文書の特定要素にURIを用いた他文書へのリンクを
記載しておけば、ユーザエージェントは
それを解釈して指定された他文書を表示させる事が
可能となる。

また、マークアップを施す際に引用や画像の埋め込み、
文書のタイトルの指定などを定める要素を記載すれば、
ユーザエージェントがそれらを解釈し、
形態に見合った表示を行う。

HTML はそうしたマークアップの規則を定めている。

マークアップ規則はDTDとして公開され、
要素ごとに記載することの出来る属性、
内容に含むことの出来る要素などが定められている。

2007年4月現在の最新バージョンである
XHTML 1.0 では、厳密なもの (Strict)、
HTML 3.2からの移行過渡期のためのもの
(Transitional)、
フレームを用いた文書のためのもの
(Frameset)
といった3つのDTDが定義されている。


要素は開始タグ
内容
終了タグ
の三つで構成される。


開始タグ・終了タグはそれぞれ
<要素名>, </要素名> のように表現される。

必要であれば、要素に付加する特性を
現す属性を記述してよい。

属性は開始タグの中に、
要素名に続けて
属性名と属性値の組み合わせを記述する。

要素名と属性名については大文字と小文字を区別しない。
属性値については、
属性によって大文字と小文字を区別するかどうかが
個別に定められる。

要素によっては、
文脈上一意に特定できる場合は
開始タグや終了タグを省略できる。

また内容を持たず開始タグのみで構成される
空要素も存在する。

さらに一部の属性についても
属性値の省略が可能となっている。


HTML 3.2 では
見た目を左右する要素や属性が追加されたが、
HTMLは本来文書構造を示すためだけに
その存在意義があり、
それらの要素は目的に反するものとされた。

そのため視覚的・感覚的効果を定義する手段として
スタイルシート(一般にはその中のCSS)が
考案された。

見た目を左右する要素や属性の一部は、
HTML 4以降では非推奨とされており、
HTML 4.01 Strictでは定義されていないので
使用できない。

ただし、非推奨とされず、
HTML 4.01 Strictで定義されている要素や
属性の一部にも見た目を左右するものがある。

装飾的な視覚表現のためにそれらの要素や
属性を用いているのであれば、
その内容に適する要素を用いた上で、
スタイルシートで表現を指定するのが望ましい。

HTML 4.0策定時は、
多くの利用者が未対応のブラウザを愛用していたため、
スタイルシートによる制作の普及が遅れたものの、
2005年の時点でHTML 4.01に対応するブラウザ
普及したことで、
主要なWebサイトではHTML 4.01に準拠した
制作方法に切り替えられている。

実際に表現力において、
従来のHTML 2.xベースに比べて
多彩な表現を可能にしている。


HTML文書

HTMLで書かれた文書をHTML文書と言い、
DTDによって定義される書式に沿って
記述しなければならない。

DTDは文書型宣言(DOCTYPE宣言)で
宣言したバージョンのものが選択される。


以下よりDTDはHTML 4.01 Strictのものを使い、
要素名は大文字、属性は小文字で記すものとする。

ただし、上述の通りHTMLにおいて
要素名・属性の大文字小文字は区別されない。


HTMLでは、まず文書型宣言が必要となる。
HTML 4.01 Strictの文書型宣言は以下のようなものである。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">


このとき、
HTML 4.01 Strictの使用および
その DTD の場所が明示されている。

次にHTML文書の例を挙げる。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<HTML lang="ja">
<HEAD>
<META http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
<LINK rev="made" href="mailto:mail@example.com">
<TITLE>HyperText Markup Language - Wikipedia
</HEAD>
<BODY>
<DIV>
<H1>HyperText Markup Language</H1>
<P>HTMLは、<A href="http://ja.wikipedia.org/wiki/SGML">SGML</A>
アプリケーションの一つで、ハイパーテキストを利用してワールド
ワイドウェブ上で情報を発信するために作られ、
ワールドワイドウェブの<STRONG>基幹的役割</STRONG>をなしている。
情報を発信するための文書構造を定義するために使われ、
ある程度機械が理解可能な言語で、
写真の埋め込みや、フォームの作成、
ハイパーテキストによるHTML間の連携が可能である。</P>
</DIV>
</BODY>
</HTML>


このHTML文書は次のような構造を示している。


文書型宣言

HTML要素
(ルート要素。
 また、言語コードjaの言語が
 使われていることの明示)

HEAD要素
(この文書のヘッダ情報の明示)

META要素
(文書のメタ情報。この場合、
HTTPヘッダの代用)

LINK要素
(他のリソースとの関連を明示。
 この場合、作者の明示)

TITLE要素
(この文書のタイトルの明示)

BODY要素
(この文書の内容の明示)

DIV要素
(ブロックを明示)

H1要素
(第一レベルの見出しを明示)

P要素
(段落の明示)

A要素
(他のリソースへのアンカーであることの明示)

STRONG要素
(強い強調であることの明示)


タグによって文字列を括ることにより
その文字列の意味付けがなされる。

ユーザエージェントはそれを解釈して、
例えばGUIによるウェブブラウザであれば
STRONG要素で括られたテキストを太字として
表示するなどする。

また、スタイルシートを用いることで
見た目などを指定することができるようになっている。


HTMLタグ

タグとは本来 に始まり に終わる要素を
記述するための符号を示す意味で用いられる
言葉であるが、
HTMLの要素を示す意味でタグと言う言葉が
用いられることもある。

W3C勧告のHTML4.01仕様書には、
「要素はタグではない」として
この用法を明確に否定する文言が見られる。


Webページを構築するCSSJavaScript
CGIなどのこともタグであると言う事例があるが、
これらは要素を記述する符号と言う意味が
派生・曖昧化したものであり、
コンピュータ用語として正しい用法であるとはいえない。


歴史

HTMLは、
環境に依存せずHTMLを書く側・読む側で
矛盾が起こらぬよう標準化が進められてきた。
初期はIETFからRFCとして標準化されていた。
HTML 3.2 からはW3Cがその役目を担っている。


オリジナルのHTML
(および多くの関連したプロトコル、HTTPなど)
はティム・バーナーズ=リーによって、
NEXTSTEPの動作するNeXTcubeワークステーション上で
開発された。

当時のHTMLは仕様ではなく、
直面していた問題を解決するためのツール群であった。
直面していた問題とは、
バーナーズ=リーやその同僚たちが
どのように情報や進行中の研究を
共有するかということである。

彼の成果は後に国際的かつ
公開のネットワークの出現として結実し、
世界的な注目を集めることになった。


HTMLの初期のバージョンは
ゆるい文法規則によって定義されており、
ウェブ技術になじみのない層に
受け入れられる助けとなった。

ウェブブラウザウェブページの意図を推測し、
レンダリングを実行するのが一般的であった。

やがて公式規格においては
厳格な言語構文をつくることを志向するように
なっていったが、
ブラウザにおいては
妥当なHTMLからは程遠いページを
レンダリングすることがまだ続いている。


HTMLが形式的な仕様として定義されたのは
1990年代のことであった。

それは今までのSGML風のマークアップ言語に
インターネットのためのハイパーテキストの機能を
取り入れる、
というバーナーズ=リーの提案に
大きく影響を受けたものだった。

初めてHTMLと呼ばれ、
1993年にIETFから公開された仕様(バージョン 1.0)
から文法定義のDTDを持つようになり、
形式的なSGMLアプリケーションとなった。

また1994年にIETFのHTMLワーキンググループが
発足した。

しかし、2.0以降のIETFの元での開発は
他の開発との競合から停滞した。

1996年からはW3Cによって、
商用ソフトウェア・ベンダーからの支援も受け、
HTMLの仕様が標準化されている。

また2000年からは国際標準ともなった
(ISO/IEC 15445:2000)。

W3Cから公開された最新のHTML仕様はHTML 4.01である。


HTML 1.0

1993年6月に、
IETFのIIIR Workingグループより提出された
インターネット・ドラフトを通常HTML 1.0と呼ぶ。

このドラフトはティム・バーナーズ=リーおよび
ダニエル・コノリーによって、
ティムの出したHTML Design Constraintsに
極力従うように書かれた。


HTML 2.0

1995年11月に、
IETFのHTMLワーキンググループによって
RFC 1866として仕様が発表された。

HTML 2.0はRFC 2854によって破棄された。


HTML 3.0

策定作業が行われたが、
ドラフトの段階で策定途中に破棄された。


HTML 3.2

1997年1月14日に、
W3C勧告として仕様が発表された。


[編集] HTML 2.x

1997年1月、RFC 2070として発表された。
「HTML i18n」とも呼ばれるが、
現在はRFC 2854によって破棄された。

日本語を扱えるHTMLのバージョンとしては、
最も古い。


HTML 4.0、HTML 4.01

1997年12月18日に、
W3C勧告としてHTML 4.0の仕様が発表された。
HTML 4.0は1998年4月24日に仕様が改訂された。
この仕様にいくらかのマイナーな修正が加えられた
HTML 4.01は1999年12月24日にW3C勧告となった。
Strict DTDの他にHTML 3.2からの移行過渡期のための
Transitional DTDとフレームを使うことのできる
Frameset DTDの3つのスキーマを持つ。


この後、HTML 4.01をベースとして
XHTML 1.0が策定されることになる。



ISO/IEC 15445:2000

HTML 4.01を参考にし、
より厳密に規格化されたISO規格。
翻訳されたものがJIS X 4156:2005という
JIS規格になっている。



HTML形式の電子メール

Outlook Expressなどの電子メールソフトでは、
メール内容をHTML形式で送信するため、
HTML描画用レンダリングエンジンの
セキュリティホールを突いたコンピュータウイルスの侵入など、
セキュリティなどの面で問題が生じることが多い。



関連項目


* SGML - HTMLやXMLなどのマークアップ言語を
     定義するためのメタ言語の一つ
* XHTML - HTMLをXMLで再定義したマークアップ言語
* HDML (Handheld Device Markup Language)
     - モバイルコンテンツ用に定義された
      マークアップ言語
* CSS (カスケーディング・スタイル・シート)
    - HTMLやXMLの修飾に使われる仕様・規格
* ダイナミックHTML (Dynamic HTML, DHTML)
    - 動的なHTMLの抽象的概念
* ユーザビリティ - ユーザーの立場に立った利便性を
          追求する概念
* アクセシビリティ - 誰もが情報を取得・発信できる
          柔軟性に富んでいて、
          アクセスした誰もが同様に情報を
          共有できる状態にあること
          (あるいはその度合い)
* ウェブブラウザ
      - Microsoft Internet Explorerや
Mozilla Firefox
などウェブページにアクセスして
       表示するためのブラウザ・ソフトウェア
* HTMLレンダリングエンジン - 実際にHTMLを解析・組み立て
               を行いウェブブラウザなど
               クライアントの画面に表示させる
               機能を担う
* 文字参照 -   や ' などの表記方法
* Hypertext Transfer Protocol
* Webオーサリングツール - HTMLファイルをタグの知識が
              なくてもビジュアルに編集できるソフト
* SEO - 検索エンジン最適化



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

ブログは、簡単にボタンで出来るから、楽チンだよね。

ホームページを作るときは、HTMLを知ってると、
結構いろんなコトが出来るんだよね。

でも、あんたは、技術者になりたい訳ではないから、
程々で良いよ。

基本が分かればいいと思うし。

ホームページ作成ソフトで、『ソースコード』を選ぶと、
そのページのHTMLが分かるから、勉強になるね。

もし、余裕があんたにあったらいっぺん見てみると良いよ。





最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月10日
初心者への道しるべ



ウェブページ


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ウェブページ

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その08



ウェブページ

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ウェブページ


ウェブページ とは・・・。

ウェブページ

ウェブページ(Web page, webpage)は、
ウェブ上にある個々の文書のこと。

もし、あなたがこの記事をWorld Wide Webを使って
パソコンの画面上で見ているなら、
この記事もウェブページの1つである。

ウェブページのことを略して
ページ」ともいう。
又、WP(WebPage)と呼ぶ人もいる。

書物のページとは異なり、
ウェブページ同士を相互にハイパーリンク
という形で指し示して移動できる
ハイパーテキスト)が特徴である。

大半のウェブページは、
HTML(またはXHTML)とスタイルシート、
画像データで構成されており、
Webブラウザを使用して
閲覧されることが一般的である。

HTMLではブラウザ毎の解釈が異なる場合があるため、
企業などが制作しているページにはPDF
用いられていることもある。

JavaアプレットJavaScript
Flashなどを付加的に用いて、
アプリケーションやインタフェースの機能を
追加する場合がある。

インタラクティブなウェブページの生成には
CGIを介してC言語Perl
利用する方法、
Javaサーブレットを利用する方法、
PHP
HTML中にプログラムを埋め込むJSP、
ASPなどの技術が使用されている。


一連のウェブページの集まりとして
できている意味のあるまとまりをウェブサイトという。

ウェブサイトの入り口にあたる部分を
ホームページという場合がある。

ホームページ」を、ウェブページあるいは
ウェブサイトの意で用いる場合がある。

この使い方は本来は誤用であったが、
日本やドイツなど一部の国では一般的になっている。

自分でウェブページを作成する場合、
多くは専用のアプリケーションソフトウェアとして
Webオーサリングツール、
通称HTMLエディターと称するカテゴリーの
ソフトウェアを用いる。

Office系アプリケーションでは
作成したドキュメントをHTML形式で
出力する機能を持たせたものもある。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

ウェブページは、一言で言ってしまえば、
ウェブ上にあるサイトの1ページのこと。

このページみたいなもんだ。

このページが集まってサイトになっていくんだね。

あんたが作ったら、
あたいにも教えておくれよ。

必ず応援に行くからな。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2007年11月09日
初心者への道しるべ



ホームページ


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ホームページ

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その07



ホームページ

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ホームページ


ホームページ とは・・・。

ホームページ

ホームページ (homepage) とは、
ウェブブラウザを起動した時や、
多くのウェブブラウザに存在する
ホームボタンを押した時に表示される
ウェブページのことである。
スタートページともいわれる。
また、後述のように本来の意味から派生した用法もある。


概要

ホームページの用法には
現在でも揺れが見られるが、
おおよそ以下のように分類できる。

1. ウェブブラウザを起動した時や、
  多くのブラウザに存在するホームボタンを
  押した時に表示されるウェブページ。
  本来の用法。
2. ウェブサイトの入り口、最上位階層にあたるページ。
3. ウェブページの意。あらゆるウェブページ一般を指す。
4. ウェブサイト全体を指す意味として。
5. さらに飛躍して、インターネットのシステムそのものの意。


また、「ウェブサイト」と
ウェブページ」も若干意味が異なる。


ホームページという言葉

本来は「ウェブブラウザ」を起動した際に
表示されるページの事を指すが、
誤用が広まり「ウェブサイト=ホームページ」が
定着してしまっている。

ウェブページインターネット全般を
指す場合も正確には誤用である。

例を以下に詳しく記す。

ホームページという言葉の正しい使い方は
本来は(例1)「ウェブブラウザ」を起動した際に
表示されるページの事を指すが、
現在では上記のように別の意味としても
広く使われるようになり、
辞書にも本来の意味と併せて
(例2)・(例3)・(例4)の用法を掲載しているものもある。

日本国内では、ホームページと呼ぶ場合、
(例1)の「ブラウザのホームボタンに登録された
ウェブページ(本来のホームページの意味)」よりも、
(例2)の「ある特定のウェブサイトのトップページ」を
示す用法、
(例3)の「ウェブページ」、
(例4)の「ウェブサイト」を指して使う傾向にある。

要するに、ウェブブラウザを通して
見る物を全般的に「ホームページ」と
ひとくくりにするのに近い形で使われる。

また、こういった用法がマスコミなどでも多用されたことが、
本来は誤用とすべき用法を広めることに繋がったと思われる。

また、最近では企業・個人を問わず、
各種インターネットサイトでは「ホームページ」よりも
ウェブサイト」の表記が
増えている傾向にある。

加えて、更新が安易なブログ
普及してきたことにより、
個人の管理運営するウェブサイトの事を
ブログ」と呼ぶケースも増えている。

ただしそれは、そのウェブサイトを構築している
システムがブログで構成されていなければ誤用である。

また、
(例5)「インターネットのシステムそのもの」も誤用であり、
インターネット初心者が使用することがある。

例えば、一切インターネットブラウザを使わない
インターネット電話メッセンジャーサービス
といったものを、
ホームページ」と誤用する場合である。

また、「ホームページ」は
私的なイメージであるのに対し
ウェブサイト」は公的、
公式なイメージとして取り扱われる場合もある。

ホームページ」をウェブサイト全体
という意味で使うことが多いのは、
日本や韓国、ドイツなど一部の国で見られる現象である。
アメリカでは
(例1)の「ブラウザのホームボタンに登録されたウェブページ」 や
(例2)の「ウェブサイトの入り口」の意味として
限定的に用いられるのが一般的である。


省略されたホームページ

ホームページ」の省略形として
HP、ホムペなどといったものもある。

これらは単に省略して言っているだけなので、
上記の用例の意味のままで、
それ以上に意味が加味されたり減るということは無い。

ただし英語圏では「HP」は米国の企業、
ヒューレット・パッカード社の省略名として
定着しており、
そのままの省略したのでは通じない場合がある。

外国人が読むと思われる文章を書く場合は
むやみに省略せずに書くか、
website」や「webpage」と
明確に記載することで誤解は避けられる。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

あんたは、ホームページって、作ったことあるかい?

って、ココを見てるってコトは、無いのかもしれないね。

すまん。

あたいも、難しいことは出来ないけど、

前に、こんなモノを分けたことがあった。


簡単に、ファイルを置いただけなんだけど、

まあ、良かったら、見ておくれ。

あたいでも、こんなコトだけでも出来たんだから、

あんたなら、もっと出来そうだね。

あたいから、あんたへ勇気のメッセージだ。

まあ、これがホームページとは言えないけどな。

ウェブページ・・・で良いんだよねえ?(笑)





最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。