2008年03月24日
初心者への道しるべ



電子メール


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



電子メール

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その40



電子メール

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

電子メール


電子メール

電子メール

電子メール

電子メールとは?

電子メール


電子メールとは?

電子メール

電子メール


電子メール(でんしメール、
electronic mail 略してe-mail、
Eメールとも)は
電気的な符号を使って
メッセージを伝達する通信手段である。


概要

インターネットの初期からある
通信手段であり、
Unix to Unix Copy Protocol
(UUCP) や
Simple Mail Transfer Protocol
(SMTP) などの
プロトコルを介して、
メールを相手サーバに
届ける事ができる。

一方で、
インターネットの普及以前に
コンピュータ通信手段として広く
行われていた、
いわゆるパソコン通信でも、
加入者同士で文書のやり取りを
行うシステムが「電子メール」として
提供されていた。

ただし、パソコン通信では、
一般的に、
通信が1つのパソコン通信システム内に
とどまっていたので、
他のシステムとの間での電子メールの
交換機能などの相互通信機能は、
一部のケースを除きほとんどなかった。

また、
各パソコン通信システムごとに
独自のシステムが構築されていた事が
多かったため、
ユーザインタフェース等についても
互換がなかった。

しかしその後、
インターネットの普及に伴い、
大手パソコン通信システムと
インターネット間で相互に通信が
可能にもなった。
メール友達(メル友)も、
流行になった時期があった。

インターネットが普及し始めた頃
(あるいは現在も)は
BBSの書き込みや
ブログのコメントさえも含めて
「メール」と呼称していた
ライトユーザが多かった。


また、
携帯電話やPHS間で
ごく短い文字メッセージ(メール)を
やりとりする、
ショートメッセージサービス
(SMS。iモードなどの
サービス開始前より行われている)も、
広義の電子メールに含まれる。

なお、日本では導入経緯から、
e-mail、EメールはRFCに準拠した、
UUCP/SMTPのプロトコルを
使用した電子メールに限って用いられる。

以下はそのような
電子メールについてのみ記述する。


電子メールを支える技術


一般

個々の電子メールのアドレスは、
xxxx@example.co.jp などのような形で
表現される。
実際に電子メールを使うためには
独自ドメイン名(この例では "example.co.jp")
を得て、
ドメイン名を管理する
DNSサーバやメールサーバに
登録する必要がある。

一般的には、
加入プロバイダや勤務先・
通学先の企業・学校などのアドレス
(アカウント)になっていることが多い。

容量については理論的には制限はないが、
送受信可能な最大容量は、
プロバイダの提供する容量で制約を受ける。

一般的には、
ダイヤルアップ接続時代の
名残の数メガバイトから、
近年のブロードバンド対応として
大容量を謳ったものでは
100メガバイト程度に設定されることが多い。
これ以上の大容量のデータのやり取りには
FTPやP2Pなどが使われることが多い。

無料アドレスの場合は
フリーメールサービスを利用する
一般的な電子メールソフトではなく、
Webブラウザを使いWebページ上で、
送受信を行うWebメールがほとんどである。


プロトコル

現在、インターネットでは、
メールサーバ間での通信および
クライアントからの送信には、
一般にSMTPが使われる。

古くは、また現在でも希に、
UUCPが使われる。
メールは、
数々のサーバをリレーのように経由して
目的のメールサーバに伝えられる。
なお、電子メールには、
送信者の使用メールソフトや
経由サーバなどのヘッダーと
呼ばれる情報が付属されている。

メールサーバから
メールを読み出す場合には、
Post Office Protocol (POP) 、
Internet Message Access Protocol
(IMAP) などのプロトコルが用いられる。
メールの書式については、
RFC 2822で規定がある。
また、
各国語やテキスト以外のデータを
メールで送るなどのために
Multipurpose Internet Mail
Extensions (MIME) が
規定されている。


文字コード

日本語(2バイト文字)
を扱う場合の文字コードは、
ISO-2022-JPを使うことが原則である
(JUNET利用の手引第一版より)。
それ以外の文字コードを使う場合には、
MIME形式で文字コードを指定する
必要がある。


メール形式

元来は、
メールはプレーンテキスト形式の
物のみであったが、
上記MIMEの規定および普及に伴い、
メール本文をHTMLにより記述した
HTML形式のメールも、
RFCに規定され一般にも
使われるようになった。
HTML形式のメールを単に
HTMLメールと呼ぶ事も多い。

HTML形式のメールは、
メール本文をHTMLで記述できるため、
メールにWebページと同様の表現力を
持たせられる利点がある。

携帯電話でも、
cHTML形式のメールが
一般向け仕様のサービスとして
提供されているものもある。

その一方で、
特に、
Microsoft Windowsと
その標準メーラーである
Outlook Express
(メールの作成はHTML形式がデフォルト)
の普及に伴い、
HTML形式のメールが送受信されることも
多くなった。

しかしながら、メーラーにおいては、
メール中のHTMLデータを展開し
表示するためのレンダリングエンジン
(特にInternet Explorerを用いる物)に
しばしばセキュリティホールが
発見されているため、
メールを見る(プレビューする)だけで、
コンピュータウイルスが侵入する被害を
受けたり、
迷惑メール・架空請求メール等で
画像タグを埋め込んだメールを送りつけて
表示させ、
メールを表示させた情報を収集
(スパムビーコンと言う)して
悪用するなど、
セキュリティ上の問題がある。
このため、
HTML形式のメールを
フィルタリング機能などではねる
(人によってはゴミ箱フォルダへ
 振り分ける)
設定をしていることもある。
また、全てのメーラーが
HTMLメールの表示に
対応している訳でもないため、
一般的には、
断り無くHTML形式のメールは
送信しないようにすることが、
いわゆるネチケットの一つとされる。

なお、
あるファイルデータをメールに
添付して送る場合、
添付ファイルとして
MIMEなどによってテキスト化
(エンコード)をして
メール本文に埋め込んで送信し、
受信側で元のデータファイルに
復元(デコード)する方法が取られる。

添付ファイルには、
コンピュータウイルスも
仕込む事が可能なため、
受信時に添付ファイルを自動的に
開く設定になっていると、
やはりコンピュータウイルスが
侵入する被害を受けるなどの
危険もある。

そのため、一部では
「添付ファイルとはしないで
メール本文に記載するように」、
メール受信側から促している
場合もある。


ヘッダ情報

一通一通それぞれのメールは、
本文とは別に、
ヘッダ情報と呼ばれる
各種の特殊な情報を持つ。

殆どのメーラーでは、
何らかの方法(メーラー毎に異なる)
によって、
このヘッダ情報を参照可能である。
ヘッダ情報は、
脅迫メールやスパムなどのメールが
届く場合などに、
送信元の特定などに威力を発揮する。


代表的なヘッダ情報

* Return-Path:
 送信者が返信を希望する
 メールアドレス

* Received: from
 このメールが届くまでに経由した
 インターネット上の
 グローバルIPアドレスの経路

* Received: 受信した時刻

* Message-Id:
 メール一通一通に
 付加された固有の番号

* From:
送信元のメールアドレス
(< >で囲まれる場合が多い)
(と名前)


このヘッダの記載は
送信者がメーラーの設定によって
自由に変更できる。
このような電子メールの仕様から、
いわゆる「なりすまし」などの
悪用を完全に防ぐことは
困難とされる。


* To:
 受取人のメールアドレス
 (と名前)

* Subject: 題名
 (返信の場合はRe:、
  転送の場合はFw:
  が先頭に自動的に
  付加される場合が多い)

* Date: 送信年月日と日時

* MIME-Version:
MIMEのバージョン

* X-Priority:
 送信者が指定した重要度

* X-Mailer:
 メーラーの種別

* X-IP:
 送信者のグローバル
IPアドレス

* X-FROM-DOMAIN:
 送信者のドメイン



機能


CcとBcc

電子メールを送信する際の機能として、
Cc(カーボンコピー、Carbon Copy)
とBcc(ブラインドカーボンコピー、
Blind Carbon Copy)とがある。

メールの本来の送信先は
一般的にTo:に指定して送信するが、
本来の送信先以外にも
一応コピーを送っておきたい
相手などがいる、
という場合に
この機能を使用する。

メールを
初めて利用する人はもちろん、
それなりに使い慣れている人
にしても、
この機能の本来の使用方法を
理解していない事も多い。

この機能を使うに当たっては、
よく理解して使えば
とても便利であるが、
私用・公用に限らず、
Cc機能とBcc機能の違い・
それぞれに指定されて
送信された相手に見える
自分以外の送信先を
よく理解して使わないと、
例としてメールアドレスの
個人情報漏洩など、
色々な意味で面倒な事になる
こともある。


Cc(カーボンコピー、

Carbon Copy)



To:で指定した本来の送信先以外にも、
一応コピーを送っておきたい
相手などがいる場合に
使用する機能である。

To:で宛先を指定するのと同様に、
Cc:にコピーを送りたい相手を
指定して使用する。

To:に指定された本来の相手には、
To:とCc:に指定された宛先が
全て見える。
また、Cc:に指定された相手にも、
To:とCc:に指定された宛先が
全て見える。

要するに、
送信者(From:)、To:の相手、
Cc:の相手、の各3者相互で、
各アドレスが各3者全員に
知られることになる。


Bcc(ブラインドカーボンコピー、

Blind Carbon Copy)



To:で指定した本来の送信先以外にも、
一応コピーを送っておきたい
相手がいる、
しかしTo:とCc:に指定した相手には
このBcc機能を使って
コピーを送った相手、
もしくはその相手が
いることを知られたくない、
という場合などに使用する
機能である。

To:で宛先を指定するのと同様に、
Bcc:にコピーを送りたい相手を
指定して使用する。
メールの送信時に、
メールサーバ(MTA)において
Bcc:ヘッダを削除して
転送するため、
To:/Cc:に指定された相手には、
このBcc:に指定された宛先は
全く見えない。

が、
Bcc:に指定された相手には、
To:とCc:に指定された宛先が
全て見える。
また、
Bcc:の宛先アドレスが
複数ある場合には、
Bcc:指定された各宛先相互間で、
自分以外の他の宛先を
知ることはできない。

複数のメーラーから
単一のメールアカウント・
サーバにアクセスする場合には、
Bccを活用した
テクニックがある。

Bcc:にFrom:(自分自身)と
同じアドレスを指定する
(メーラー (MUA) による
常時設定も可能)事により、
自分が送信したメールが
そのままの内容で
自分のメーラーの受信箱にも
配信される。

POP3等のメールサーバで
サーバからメーラーへ
受信したメールを
サーバから除去しない
(数日後に削除する)設定を
メーラーにすることにより、
1つのメーラーから送信した
メールが他のメーラー全てに
コピーとして配信される。

これにより、
通常は送信したメーラーの
送信済み箱を見ないと
分からない所が、
複数のメーラーで
送信メールを確認できる。

なお、
時々
「ブラックカーボンコピー
(Black Carbon Copy)」
と言われることがあるが、
これは間違いである。

そう覚えている人も少なくないので、
それで通じることもあるが、
言葉として利用する際には
「ブラインドカーボンコピー」
が望ましい。


ReとFw


Re


Re:は
返信されたメールの
サブジェクトに付加される。
この略号は、
メーラーの機能で
自動的に付加され、
これがあることによって
返信されたメールであることが
わかる。

しかし、
送信者が送信時に
サブジェクトから意図的に
削除することもできる。


Fw(フォワード、Forward)


Fw:は、
転送されたメールのサブジェクトに
付加される略号である。

この略号もメーラーの機能で
自動的に付加されるもので、
Fw:が連続していれば
何度も転送されたメールだ
と言うことが分かる。

これもRe:同様、
送信者が送信時にサブジェクトから
意図的に削除することもできる。
Fw:の連続はチェーンメールに
多いため、
チェーンメールかどうかを
判別する1つの手段にもなる。
そのため、
転送時にFw:を
削除するように指示する
内容が記述された
チェーンメールもある。



歴史


電子メールの起源


電子メールは
インターネットに先行して
開発された。
既存の電子メールシステムは
インターネットを作るに
当たって重要な道具
となった。

最初の電子メールは
1965年、
メインフレーム上の
タイムシェアリングシステムの
複数ユーザーが
相互に通信する方法として
使われ始めた。
正確なところは不明だが
その類の機能を持つ
最初のシステムとして、
SDC(ランド研究所からの
スピンオフでSAGEの
ソフトウェア開発を行った会社)
のQ32システムと
MITのCTSSがある。

電子メールは
間もなくユーザーが
異なるコンピュータ間で
メッセージを
やり取りするための
「ネットワーク電子メール」に
拡張された。
1966年には
異なるコンピュータ間で
電子メールを転送していた
(SAGEでの詳細は
明らかではないが、
もっと早い時期に
実現していたかもしれない)。

ARPANETは
電子メールの発展に
多大な影響を与えた。
その誕生直後の1969年に
システム間電子メール転送の
実験を行ったというリポートがある。
BBN社のレイ・トムリンソンは
1971年にARPANET上の
電子メールシステムを開発し、
初めて@を使ってユーザー名と
マシンを指定できるようにした。
ARPANET上では
電子メール利用者が急激に増大し、
1975年には1000人以上が
利用するようになっていた。


一般への浸透

ARPANETでの
電子メールの利便性と
利点が一般に知られるようになると、
電子メールの人気が高まり、
ARPANETへのアクセスが
できない人々からも
それを要求する声が出てきた。
タイムシェアリングシステムを
代替ネットワークで接続した
電子メールシステムが
いくつも開発された。

例えばUUCPやIBMのVNETなどがある。


全てのコンピュータや
コンピュータネットワークが
直接相互に接続される
わけではないので、
電子メールのアドレスには
メッセージの伝達「経路」、
つまり送信側コンピュータから
受信側コンピュータまでの
パスを示す必要があった。

電子メールは
この経路指定方法で
いくつものネットワーク間
(ARPANET、BITNET、NSFNET)
でやり取りすることができた。
UUCPで接続されたホストとも
電子メールをやり取りすることが
可能であった。

経路は「バングパス」と呼ばれる
方法で指定された。
あるホストから直接到達可能な
ホストのアドレスを書き、
そこから次に到達可能なホストの
アドレスをバング(感嘆符=!)で
接続して書いていく
アドレス指定方式である。

CCITTは、
種々の電子メールシステムの
相互運用を可能とするために
1980年代にX.400標準規格を
開発した。
同じ頃、
IETFがもっと単純なプロトコル
Simple Mail Transfer Protocol
(SMTP)を開発し、
これがインターネット上の
電子メール転送の
デファクトスタンダードとなった。

インターネットに各家庭から
接続するようになった現代では、
SMTPベースの電子メールシステムの
相互運用性は
逆にセキュリティ上の
問題を生じさせている。

1982年、
ホワイトハウスは
国家安全保障会議(NSC)スタッフ
のために
IBM の電子メールシステム
Professional Office System
(PROFシステム)を採用した。

1985年4月、
このシステムがNSCスタッフ向けに
完全動作するようになった。
1986年11月、
ホワイトハウスの残りの部分も
オンライン化された。
1980年代末ごろまでは
PROFシステムだけだったが、
その後は様々なシステムが
導入されている
(VAX A-1(オールインワン)
や、cc:Mailなど)。


問題


不着や遅延

電子メールの不着及び遅延の主な原因
となっているのはスパムメールである。
ある報告 によると、
2007年中に送信された
メールのうち90%から95%が
スパムメールであったという。

大量に送信される
これらのスパムメールは
メールサーバーに過大な負荷を与え、
メール配送遅延の
大きな原因となっている。

たとえば2004年7月下旬から
8月上旬にかけて、
大手インターネットプロバイダ
@niftyで、
海外から大量に送信された
スパムメールにより
メールサーバーに
断続的な負担が掛かり、
メールの受信に支障が生じる
状態が続いた。

また近年、
トロイの木馬などのマルウェアに
感染しゾンビ化したコンピュータ群
によって引き起こされる
DDoS型のスパム送信の割合が
急激に増加しており、
ますますメールサーバーに
多大な負荷を及ぼすものと
されている。

また、
スパムメール対策として
サーバー上、クライアント上での
フィルタリングが普及してきたが、
誤検知により通常のメールが
スパムであると判断されてしまい、
不着となるトラブルが増えている。

スパム以外に配送遅延の
大きな原因となるのが、
いわゆる「年賀メール」である。
新年を迎えると同時に
大量のメール送信が発生し、
サーバーに負荷がかかり
遅延が発生することがある。

ここ数年はメールサーバーの
処理能力向上により、
かつてに比べると問題と
なることは減ったものの、
特に携帯電話・PHSのメール機能は
「即時にコミュニケーションを
取りあう手段」として
チャット的に利用される傾向が
あるために年賀メールの発信も多く、
遅延や輻輳の可能性も高い。

このため毎年年末の、
特に年をまたぐ時間帯には
各キャリアが年越時間帯のメール、
コールの自粛を呼びかけている。
また、平行して発信制限も
行っている。

かつてパソコン通信が
全盛だった時代には、
処理の集中を防ぐため、
あらかじめ年賀メールを
サーバーに予約送信しておき
元旦に順次配送する
といったサービスも
提供されていた。


コミュニケーション上の問題


パソコン通信や
インターネット等における
文字だけのコミュニケーションに
見られる問題(炎上、Flaming)は
電子メールにおいても見られる。

メールの真意、
感情が相手に伝わらず、
度々トラブルに発展するケースが
挙げられている。
英語圏では、
メールの真意を読み取り間違え、
感情に任せて送るメールの呼称
(スラング)にFlame Mail
というものがある。



フリーメールサービス



フリーメールサービスとは、
インターネット接続サービスに
加入していなくても、
必要な事項
(希望のメールアドレス、
パスワードなど)を入力すれば
無料で電子メールアカウントが
取得できるサービスのこと。

こういったメールアカウントの事を
フリーメールという。


フリーメールの特徴

また、
同サービスで取得した
メールアドレスのことを、
不要になった際すぐに捨てる
(使用を放棄する)こともできるため
「(ポイ)捨てメアド」
などと揶揄されることもある。

主にポータルサイトを提供している
多くの会社がこのサービスを
提供している。
こういったメールの
メールアカウントは、
多くがWebメールを用いているため
インターネットに接続出来る環境
であればどこからでも
メールのやり取りが出来るが、
本人確認を行わなくても
簡単に取得できることから
匿名性が高くなり、
犯罪やいたずら等への
悪用を避けるため、
このアカウントを利用しての


* フリーメールのアドレスでは
 十分な本人確認ができないため、
 インターネットオークション
 などへの出品ができない

* サイトによっては
 オークションの入札すら
 できないこともある

* 大手企業のホームページが
 開設している掲示板で、
 メールアドレスによる認証を
 取り入れている場合、
 フリーメールを用いての
 書き込みができない
 (かつてセガやアクアプラスなどの
 ゲームメーカーのHPで
 開設されていた各種の掲示板でも
 このような認証を取り入れており、
 フリーメールや携帯電話の
 メールアドレスでは
 認証されない仕様が
 実装されていたが、
 現在はサービスを終了している)

* 送信先のPCにある
 メーラーの設定によっては、
 フリーメールによる
 メッセージの受信を拒否され、
 削除される可能性が高い

* サーバがダウンするか、
 アクセスの殺到により
 メールが全て消えたり、
 受信の遅延といった障害が
 生じたとしても、
 提供者は一切の責任を負わない


などの制約がある。

多くのフリーメールサービスは、
送信するメールの末端に
企業の広告が自動挿入される。


フリーメールのセキュリティ

フリーメールサービスを
提供する大手企業のフリーメールの
セキュリティは
一定の信頼を置くことが出来るが、
フリーメールのIDやパスワードを
不正に入手しようと試みる
フィッシングサイトが存在するため、
利用には注意を払う必要がある。

また、
フリーメールを提供する会社の
システムアドミニストレーターは
利用者のメールを
覗き見ることも可能であり、
社外秘の情報を
フリーメールサービスに
転送するのは情報漏洩の
リスクも存在する。

近年では利用者のメールを解析して
広告を挿入する事業者も出てきたが、
広告の挿入だけに留まらず、
メールの中身を事業者側で
検索可能な状態に置いている
ケースもあり、
機密情報の漏洩を防ぐため、
社員によるフリーメールの利用を
制限しようと試みる企業も出てきた。




主なフリーメール

メールアドレスの「****」の部分は、
ユーザが一定の範囲で
任意に選択することができる。

@以下はサーバー名で、
ユーザーは自由に選択できない。


* @niftyメール

* メールアドレス:****@nifmail.jp


* au one メール

* メールアドレス:****@auone.jp


* Exciteメール

* メールアドレス:****@excite.co.jp


* Gmail

* メールアドレス:****@gmail.com


* gooメール

* メールアドレス:****@mail.goo.ne.jp


* infoseekメール

* メールアドレス:****@infoseek.jp


* livedoor メール

* メールアドレス:****@livedoor.com


* Windows Live Hotmail

* メールアドレス:****@hotmail.co.jp


* Yahoo!メール

* メールアドレス:****@yahoo.co.jp


* 10 Minute Mail

* メールアドレス:****@modmailcom.com





脚注

1. ^ フリーメールの場合、
一定期間Webメールへの
アクセスが行わなければ、
自動的に登録が抹消され、
使用できなくなる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

メールって、とっても便利だよね。

直接、相手に近づける方法の1つだから、

大切にメールしたいよね。

メールのやりとりは、

何か、親近感がわくから、

友達になったり、

より良い情報をあげられるよね。


あんたも、メールを利用して、

友達(ダチ)を増やしてみるかい?


最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90159119
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。