2007年11月07日
初心者への道しるべ



ウェブサイト


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ウェブサイト

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その06



ウェブサイト

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ウェブサイト


ウェブサイト とは・・・。

ウェブサイト (Website) は、
World Wide Web(WWW)上にあり、
(一般に)特定のドメイン名の下にある
複数のウェブページの集まりのこと。

サイトと呼ばれることもある。

例えばある企業が自社製品について紹介するため
自ら立ち上げたサイトを
その企業の公式サイトなどと呼ぶ。

なお、「ホームページ」という語が
ウェブサイト」の意味で使われることもある。

これは本来は誤用であるが、
2007年現在、広く用いられている。


ウェブサイト構成の例

ここではある美術館の公式サイトを想定して説明する。

* トップページ(メインページ):
 そのウェブサイトの「顔」になる部分

* 概要:画家の紹介や、美術館の沿革など。

* 施設案内:施設の平面図、交通アクセスなど。

* 催し案内:企画展のお知らせなど。

* 作品紹介:作品のデータベースが公開されていることもある。

* 掲示板:ウェブサイトを閲覧した人が
 感想などを書けるようにしていることがある。

* リンク集:関連する外部団体などのリンク集。



歴史

WWWの黎明期は暗中模索の試行錯誤の時代であり、
前時代の集中型を引きずった、
総合的な情報を掲載したウェブサイトである
ポータルサイト
企業などが立ち上げる例が多かった。

しかし、検索エンジンウェブディレクトリの分業化など、
次第にインターネットの基本的な考え方である
分散型へ移行しつつある。


イギリスのネットクラフト社の調査によると、
95年8月にはインターネット上のサイト数は
約1万8000だった。
2006年11月2日の時点でサイト数は1億を突破した。


管理者を失ったウェブサイトの扱い



個人が製作したウェブサイトブログ等が、
その個人の死後、
どのように管理・保存されるべきかという問題がある。

この問題を「関心空間」では
「ネット墓守(-はかもり)」
というキーワードとして登録した。

インターネット上の個人の墓標といった、
慰霊や追憶といったものとは別物である。
あくまで、これは個人が生前活動していたかたちを
そのままに残すというものである。


現在まだ日本国内では、
直接個人のウェブサイトを本人の死後
維持していくサービスのようなものは
商品サービス化されていないが、
難病で闘病生活をおくって亡くなった
個人のウェブサイトを担当医、
もしくはボランティアが個人の意図を尊重しつつ管理、
維持しているものは
マスターブレイカーズ (管理者の友人が管理) など、
いくつか存在する。


こうした動きの中で、
「まろまろ記」のWeb遺書などがきっかけになり、
ウェブマスター自身が急死にそなえて死後の方針を
サイト上で意思表明するWeb遺書などの活動も
おこなわれている。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)
mixi内での
Web 遺書コミュニティでも
情報交換がおこなわれている。



この問題に対する社会的関心は徐々に高まっており、
日本経済新聞2006年4月21日付の夕刊
「ホームページよ永遠に」でも取り上げられている。


もっとも管理者が死去する以前に、
管理者が自身のウェブサイトの管理・運営に飽きてしまい、
途中で放置してしまう事例は数多くある。

韓国では2006年に韓国政府情報通信部と
韓国情報保護振興院(KISA)により、
放置されたサイトが悪用されるのを防ぐ為、
長い間更新されていないサイトの大掃除
(管理者に閉鎖を促したりホスティング業者が
 復旧可能な閉鎖状態にするキャンペーン)
が行われた。


一部の管理者は、
ウェブサイトの閉鎖を宣言してから完全に削除するが、
このような事例はまれである。

そしていちいち管理者を失ったウェブサイト
保護していたらきりが無いため、
一般的にはこのような問題はほとんど注目されていない。

そもそも、
個人のウェブサイトを未来永劫にわたって
保護する価値は無いとする見方もある。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

あんたも、ウェブサイトを作ってるのかい?
これから作ろうと思うのかい?

あんたの思いが詰まったウェブサイトが出来たら、
あたいにも教えてね。


必ず行くからね。






最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。