2007年10月25日
『人生には3つの拒絶がある』の魔法


その2


のお話しをするよ!



↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



『人生には3つの拒絶がある』の魔法

その2


超爆裂!


大逆転!


人生とお金の法則その29



今日は、

『人生には3つの拒絶がある』の魔法

その2

のお話しを

するよ!




何で、人生には3つの拒絶があるのか?

何で、3回もあるのか?

その意味を

あんたのためだけに話していくから、

よーく聞いておくれよ。

前回に、話せなかった

『人生には3つの拒絶がある』の魔法


を、幸せに向かって使ってみる、


その方法をお話しするからね。


「何で自分は幸せでは、ないんだろうか?」

「何で幸福が入ってこないんだろうか?」

「何で、恋人が出来ないんだろうか?」

「何で、結婚が出来ないんだろうか?」

「どうしたら、幸せなお金持ちになれるんだろうか?」

「どうしたら、副業で稼げるようになるんだろうか?」

「どうしたら、
 在宅ワークで稼げるようになるんだろうか?」

「どうしたら、
 アフィリエイトで稼げるようになるんだろうか?」


あんたはどう思っているだろうか?


ちょっと、自分に問いかけてみてよ。


何で、こんなことを言いだしたのかというと・・・・。

























回答は、この先で。

















お金儲けにも、人生にも使える

『人生には3つの拒絶がある』の魔法を

あんただけにお話しするから、よーく聞いておくれよ。




そして、あんたがこの記事を参考にしてくれたらいいな、

なんて思うよ。




あたいも感じたことなので、

きっと役に立つよ。



前置きが長くなったけど、

大切な話をたった1つだけするので、

聴いてくれるかい?





あたいは、情報商材特別捜査官こと、スケバンyoko 

今日も、集会に集まってくれてありがとう。
今日も、ヨロシクな。


では、早速。





何で、『人生には3つの拒絶がある』のか?






==今回の話を、日常の幸せに向かって使ってみると・・・==

3つの拒絶。

1:初めから信用されない

2:毎日がつまらない

3:決断出来ない


こんな所からかな。

1:初めから信用されない。という拒絶


ネットビジネスや、副業、在宅ワーク
アフィリエイトを始めたあんたにとって、
最初の関門だ。

これが人生にも当てはまっちゃうから、びっくりする。

まあ、初めから、凄い肩書きとか、
凄い業績を持っているなら別だけど。

日本人は、特に、肩書きに弱いから、
ついつい信じちゃう。

肩書きで信用されちゃったりするんだよね。

基本的には、いい人が多いんだよね。


元々農耕民族で穏やかなもんだから。

(まあ、日本人の成り立ちなんだけど、
今回は、関係ないので、
この話は追々するよ。)



でも、普通の人って、そんな肩書きや、
業績なんて持ってないから、信じてもらうのに、
結構時間がかかったりするんだよね。


時間がかかったりするもんだから、
途中であきらめちゃう人も出てくるんだよね。


でも、人って、
接触回数が増えれば、増えるほど、
相手を知って、信用していくんだよね。



だから、なるだけ、接触回数を多くして、
会話を交わすことが、有効手段となるんだ。


もちろん、ネットの上では、会話が出来ないから、
メールのやりとりや、
コメントの書き込みが必要になってくるんだけどね。


これはオンラインでも、オフラインでも同じコト。


接触回数を増やして、相手も自分も知って、
お互いに分かり合うこと
が、
この第一の壁
『初めから信用されないという拒絶』
を破る秘訣。


例を挙げると、
初めて知り合った男女が恋に落ちるコトって、
そうそう無いってコト。

初めから、信用されることはないよね。





男性は、綺麗な女性を見ると、
すぐに好きになったりするんだけど。

女性の場合、すぐに好きになるってコトは、
滅多に無い。

もちろん、女性にも、一目惚れはあるんだけど、
大概の場合、
その相手の男性が、信用、信頼の置ける人なのか、
ちゃんと、見極めてからでないと、
付き合うことや、
それ以上の関係になることは、まず無い。


だって、女性は、リスクを背負っているからね。

不誠実な男性との間に子供が出来たとしたら、
自分も、子供も不幸になるからね。

だから、ちゃんと、見極めてからでないと、
お付き合いなんか出来ない。

どこぞのバ○女は、そんなことはお構いなしに、
誰とでも、夜をともにするようだけど、
それは、ある意味、彼女が病気、

(それも精神的な飢餓感とか、寂しいとか、
環境にもよるんだけど、子供の頃からの、
育ち方とか・・・
細かく書くと、何日もかかるので、
それは、又、後で、追々話していきます。)

にかかっていると思われる。

彼女たちは、実は、可哀相な女性なんだ・・・。


って、あたいには言われたくないかもな・・・。


○カ女なんて書いたけど、早く気づいて欲しい。

誰とでも一夜をともにするっていうのは、
その時は、一時的に、心が、
満たされるかもしれないけど、
心の奥の方では、いつまでも、
「悲しみ」や「寂しさ」、「人恋しさ」
は消えていかない。


キツイ言葉で言うと、

『他人に依存しすぎている』

と言えるんだ。


彼女たちも、
寂しかったり辛いことがあるんだろうけど、
その『寂しさ』や『悲しみ』から逃れるために、
他人を媒体として、仲介して、
何とかしようとしている感じが見えるんだ。

『他人に何とかしてもらおう』なんて、
心の奥で思っていたりするんだろうね。


キツイ言い方だけど・・・。



でも本当の心は、

『助けて!!!』

『誰でも良いから救って!』


って叫んでる。




あたいには聞こえるんだ。



彼女たちが、心の中のことを
言葉で言えなくてもがいている、

その心が・・・。



『私を認めて!』

『私を信じて!』

『もっと私を見て!!』



って言っている。



第一の壁に当たってるんだけど、

気がついていないんだよね。


第一の壁、
『初めから信用されない』という拒絶に
早く気がついて、

『自分を助けることが出来るのは
 自分だけ・・・』


ということを知って欲しい。


こつこつと、信用を築いていって、
第一の壁、
『初めから信用されない』という拒絶に
うち勝ってもらいたいね。

まあ、若いうちは、実績より先に、
『最初から信じてくれたら期待に応えるよ!』
というスタンスになりがちだからね。

それが若さなんだけど・・・。










そして、周りのあんたたちが、
そっと導いてあげて欲しい・・・。

そんなことも考えたんだ。

あんたも覚えがあるかもしれないね。

若いときには、自分の力を試したいとか思っちゃうから、

世間で言うことと逆の順番になっちゃって、

結果を求めすぎて、
世間、家族から、反対されることがあるよね。

それを乗り越えて、

『新しい自分』になるんだよね。


あんたも、この壁・拒絶を思い出して、
乗り越えて、良い人生を送ってもらいたいね。



まあ、○カ女になれという訳じゃないからな。

『初めから信用されない』コトを知っているなら、
信用を築くために、こつこつと回数をこなして、
こつこつと壁を壊していって欲しい。


一気に爆破しようとしても壊れないのが、
この第一の壁なんだ。

第一の拒絶は堅くて頑丈だけど、
破れないことはないからね。



『小さなコトから、こつこつと・・・』

BY西川きよし




2:毎日がつまらない。という拒絶


第一の壁を越えた次にやってくる、拒絶だ。

例えば、
あんたに、好きな相手が出来たとしよう。

普通、その相手との関係を維持しようと、
イヤ、もっと深い仲になろうと、
努力するよね。

相手とに共通の趣味をやってみたり、
相手と同じ本を読んでみたり、
相手と同じ音楽を聴いてみたり・・・。


でも、相手と話を合わせながら、
相手との距離を縮めていきながら、
相手に気に入られようとするよね。




でも、ある日、
相手が、あんたの思っていなかった行動を取ったり、
あんたが思い描いた相手とは別の反応をした時、
あんたは、相手に失望したり、
相手のことが少し、信じられなくなったりするよね。


あんたはそんな、経験ないかい?


それは、あんたが思い描いた相手と、
現実の相手との差にあるんだけど。


あんたが幻滅したことって、
相手の本当の姿が見えていなかったことになるんだ。


けど、
これがなかなか厄介で、
自分では、
本当の相手を見ているつもりになっていたのに、
実は、全然違っていた・・・。

何てコトは、多々あることだね。

さらに、
自分が思っていた相手の行動と、
相手の反応が違っていたことに、
なんか、自分まで信じられなくなったコトって
無いだろうか?

『俺は、ちゃんと、彼女のことを見ていたんだろうか?』

なんて・・・。

男性にありがちなんだけどね。

女性は、好きな人のことばかり考えているから、
ちょっとした変化でも、分かっちゃう。


だから、浮気がばれるのは、いつも男の人の方。

ちょっとした仕草や、いつもと違う反応、
声の調子なんか、すぐ分かっちゃう。


いつもは買わないのに、おみやげなんて買ってきたら、
それこそ浮気をしている証拠。

女の子は敏感なんだぜ。


髪の毛とか、口紅の後、臭いなんかも気をつけないと、
分かっちゃうぜ!



って、浮気を増長する言い方みたいだけど、
違うんだ。


話がそれててごめんな。

話を元に戻そう。





好きになった相手に幻滅したと思ったら、
こう↓思って欲しい。


『好きになった相手に、
 自分が思い描いていた理想を、
 勝手に押しつけていた』


ってコト。

相手のイメージにばかり囚われていた

ってコトなんだよね。


このような、
『相手のイメージに囚われていた』
ということを知らないと、
相手が信じられなくなって、
あんたの情熱も冷めて、
『つまらない日々』が繰り返されていくんだ。

キーワードは、『情熱』だ。


これが、第2の壁・拒絶
「毎日がつまらない」という拒絶の内訳だ。


もちろんこれは、仕事にも、同じコトが言えるんだ。

仕事の本質を知らないと、ただ仕事をこなすだけなので、
つまらなくなってしまう。




毎日がいつも通りの単調なモノと思ってしまうと、
なんだかつまらなくなる。


平凡なことが幸せなんだけど、
人間は、時々、刺激が欲しくなる。

刺激がないと、情熱も、
やる気もなくなってくるんだよね。

それは、自分の思い方を変えることで
変えられるんだ。

その方法は・・・。












『毎日の中に、楽しみを見つけること』



仕事の中で、単調だけれども、
何か、楽しいことが必ずあるはず。



あんたが楽しんでしている仕事は何ですか?


少しでも、一つでも、
毎日の仕事の中に楽しみが見つかれば、
その楽しみを糧として、
毎日を過ごすことが出来る。


恋人や好きな人に幻滅を感じたら、
恋人や、好きな人の良いところを思い出せばいい。

良いところを思い出すと、幻滅していたことが消え、
楽しさが心の中から目を覚ます。

『毎日がつまらない』と思ってしまうのは、
自分を大切にしないことと同じコトなんだ。


だって、今この時を生きているのは、あんた自身なんだし。
つまらなくたって、楽しんだって、同じ1日だ。

なら、楽しい方がいいと思わない?


人生や、生活も、自分から動いて、
受け身にならずに捉えることが、
鍵になるよ。


受け身になると、つまらない壁にぶつかるからね。

自分から楽しんで、第2の拒絶を越えて欲しい。





3:『決断出来ない。』という拒絶



2の「毎日がつまらない」という拒絶を越えると、

次にやってくるのが、

『決断出来ない』という拒絶・・・。



人間は、土壇場になると、身を引いてしまうことがある。

特に大きな決断を下すときに、身を引いてしまうようだ。



例えば、恋愛。


ずっと好きだった相手に、なかなか告白が出来ない。

「嫌われたらどうしよう。」

「断られたらどうしよう。」

いざ告白となると、なかなか言い出せない。

付き合いたいのに、付き合おうとしない・・・。

もし、告白をしないで、
そのまま離れてしまうことになったら、
一生後悔するのに・・・。


あんたにも覚えがないだろうか?

例え、告白をしてフラれたとしても、
そこには、気づきや、学習があるんだ。

あたいの師匠は、
若い頃からすぐ好きになってしまうので、
めちゃくちゃフラれたらしい。

本人は、
1勝42敗2引き分け
って言ってた。

今は結婚してるから1勝で、
婚約までして、逃げられたのが2引き分け、
後はフラれまくりで42敗・・・
なんだって。

婚約までしたのに
逃げられたのが「引き分け」って
よく分からないけど・・・。


付き合った人数は?って聞くと、
8人位って言ってた。
でも最後にフラれてるんだ・・・。

誰かと付き合ってるときに限って、
逆告白されたりしたんだって。


あたいの師匠、
見た目は、強面で、
子供には、必ず泣かれてしまうくせに、
よくやるよな。


めげないその根性が凄いよね。


もちろん、
あたいが奥さんじゃないから、
スケバンファンは心配しないでね。


そんだけフラれたから、
最後には、幸せをゲット出来たんだね。




それだけ、決断したってコト。


決断しないと前に進まない。


もちろん、あたいだって、
このブログを始めるときには、
決断の力が必要だったよ。


でも、あたいのこのブログで、
幸せな人が増えてくれればいいな、
なんて思ったのも事実だし。


これを見てくれているあんたが、
幸せとお金を手にしてくれたら、
こんなにすばらしいことはないよ。


『決断出来ない』という拒絶は、いろいろな場面で出てくるよ。

コンビニでおでんを買うとき、
スーパーで、今日のおかずを買うとき、
情報商材を買うとき、
コンピューターを買うとき、
大切な人にプレゼントを買うとき、
車を買うとき、
口紅を買うとき、
大好きな彼のために、デート用の服を買うとき、
今日のデートの服を選ぶとき、
等々・・・。




決断の力を付けるのに、いい方法があるんだ。



日々の暮らしで、決断をするとき、
なるべく素早い決断をすること。


ホントに小さなコトからで良いから、
日々の暮らしの中で決断をしていくと、
あんたの能力も上がるし、
決断力も上がる。


大きな決断を迫られたときは、
勇気がいる決断をすると、人生が好転する。


人生は、『それをする!』
と決断したときに変わってくるんだ。



人生は、どうやら、逃げていることは、
いつまでも回ってくるらしい。
それも形を変えて。



あたいは、この通りのスケバンだから、
喧嘩を逃げると、
いつまでも誰かが喧嘩を仕掛けてくる。

1つ喧嘩をすると、しばらくは喧嘩がやってこない。


ホントに不思議なことなんだけど。

あんたも喧嘩ではなくても、
何か、逃げ切れないコトって無いだろうか?

でも、いざやってみると、
たいしたことがなかったり・・・。


ココで、ある少年の話をしよう。

.。o●.。o○.。o○.。o●.。o○.。o○.。o●.。o○.

それは、夏の終わり。

ある日の出来事だ。



その少年は、ホントに普通の少年なんだけど、
ちょっと太ってて、鉄棒が出来なかった。

学校の体育の授業では、鉄棒の時には、
いつも仮病で逃げていた。



でもある日、
クラス対抗の障害物競走に出ることになっちゃった。

もちろん種目には、鉄棒の逆上がりが入っている。
少年は、障害物競走に出ないように、
何とか理由をつけようとしたんだ。

でも、あいにく、クラスの人数不足で、
休むことが出来なくなってしまった。
代わりの人がいないんだよ。

少年は、仕方なく、あたいに助けを求めてきた。
「お姉ちゃん・・・。鉄棒教えてよ。」
「逆上がり」

あたいは見本を見せて、
少年にやらせてみた。

体育は苦手といっているだけあって、
なかなか回れない。

何回もチャレンジしたけど、
鉄棒から体が離れちゃうから回れない。

半べそをかきながら、少年は、
それでも、毎日がんばったよ。

障害物競走まで2週間・・・。

毎日、毎日・・・。




手に豆を作っても、逆上がりが出来ない・・・。




毎日毎日・・・。

「ちくしょう・・・ちくしょう・・・」
って言いながら、半べそをかきながら・・・。



後3日・・・というところで、少年は、こう言った。


「僕には、もう出来ないよ。
 僕には才能がないんだ・・・。」


「悔しいけど、みんなには、謝るよ。」



肩をがっくりと落として、
地面をじっと見つめたまま、
半べそをかきながら。


「じゃあ、あんたは、みんなに、
 これからもずっと謝るだけの人生で良いのか?」


「だってしょうがないじゃないか!
 これだけやっても出来ないんだから!」

少年は、半ば叫びながら言った。


「あんたが、初めにあたいんトコに来たとき、
 あたい、凄く嬉しかったんだよ。」

「あんたに頼まれたから、あんたのコーチ引き受けたんだ。」

「あたいはあきらめないよ、あんたは絶対に出来るよ。」

「あんたがあたいを選んだってコトは、
 あたいを信用してくれたってコトだからね。」

「あたいホントに嬉しかったんだから。」

「あんたにも、そんな嬉しさを知ってもらいたいんだよ。」

「大丈夫、あんたはココまでやったんだ、きっと出来る。」

「きっと出来るよ。」




あたいは、少年にアドバイスをした。

「踏み足を上に上げるのと同時に腕を引いてごらん。」


「うん。」

少年は、うなずくと、逆上がりの練習を始めた。

「もう少し!」

「そう!もう少し!」











少年はめげずに何回も何回も練習をしたんだ。








そして、障害物競走の日。










クラスは、前の子供たちが足が速くて、2番手につけていた。

もう少しで1番になろうというところだった。



ついに、少年の番になった。


少年の顔は、引き締まり、やる気満々だった。


1番手が少年の横をすぎ、たすきを渡して走っていった。

次は少年の番だ。



前の子供からたすきを受け取ると、
すぐさま走り始めていった。


ネットをくぐり、
平均台の上を走り、
跳び箱を跳び、



いよいよ鉄棒だ。







そして・・・。















クラスの結果は、6番。







少年は、走り終わると、あたいの所にやってきた。




「お姉ちゃん。」



「やったな。」


少年はニコニコして、言った。

「ありがとう。」

「良いってコトよ。あたいは何にもしなかったんだし。」

「あんた、よくあきらめずにがんばったな・・・。」

「でも、ビリになっちゃった。」



「良いんだ、それは。あんたはよく頑張ったし。」

「良く出来たな・・・逆上がり。」


少年は恥ずかしそうに、あたいに笑顔を送った。






あたいは、少年の頭をくしゃくしゃとなでた。

少年の顔は、何か達成感であふれていた・・・。

その顔を見て、あたいは、嬉しくなった。





あたいは、少年の肩を抱き、同じ南の空を見つめていた。





そこには、

オレンジ色に染められた雲たちが、



悠々と空を泳いでいた。










夏はもう終わり・・・。


秋の風が吹き、

真っ赤な太陽が、

少年の汗を誇らしげに照らしていた。

.。o●.。o○.。o○.。o●.。o○.。o○.。o●.。o○.




こんな話なんだが、

あきらめないと決断したとき、
少年には新しい現実がやってきたんだ。




それだけ、決断には強い力がある。


決断しないことには、それだけリスクが伴っているんだ。





3つ目の『決断出来ない。』という拒絶には、
勇気を持って立ち向かえば、必ず道は開けてくる。


あんたも諦めずに、決断して欲しい。








そこに待っている幸せは、

あんたにしか用意されていないのだから。


3つの拒絶が、何故あるのか?

まだ話してなかったね。



3つの拒絶は、

あんたを試すための人生の試験と思ってもらって良い。

あんたが望んでいる方向へ行くときは、

必ずと言っていいほど現れる。


もちろんスルーしてやり過ごすことも出来る。

その時は、あんたが思った路線図等は違う方向に行くことになる。

人生のレールは、あんたが敷いているんだけど、

思ったようにならないときは、

どこかで、拒絶を避けていることを知って欲しい。


あんたが生きている限り、

この拒絶という試練はやってくる。



結婚するときにする、
相手方のお父さんへの挨拶であったり、
恋人にするための告白だったり。


人によってまちまちだ。


でも必ずやってくる。


この拒絶のマインドを知っているか知らないかで、
あんたの人生が変わってくるから、
覚えておいて欲しい。


すべてはあんたのために・・・。







========================

マインドの使い方は、

1:自分の力を信じること。

2:どんなことがあっても、止めないこと。
  (続けること)

3:最高のパフォーマンスを出すために、
  普段の不摂生をしないこと。

========================

成功の黄金法則によると。

『用意の出来ている者に、世界は望んでいるモノを差し出す。』

と、言われている。

========================



あたいも、あんたのために、
がんばるからさ。




あたいは、とにかくあんたが幸せになって、
あんたが幸せに稼げるお手伝いがしたいんだ。



あんたが幸せになってくれたら、あたいは嬉しいんだ。

まあ、そのためのブログでもあるんだけどね。


あんたのために、応援するからね。

あんたのために、幸せの法則を紹介するからね。



すべてはあんたのために・・・










長々と、ココまで読んでくれてありがとう。



いつだってあんたが幸せになれるように、祈っているからね。



すべては、あんたのために。



あんたの幸せを祈ってます。


あんたが、もっと稼げて、

あんたがもっと幸せになりますように・・・。




長々と、ココまで読んでくれて、ありがとう。

あんたが、幸せになるのを祈っているよ。





『人生には3つの拒絶がある』の魔法その2


あたいの評価は

【評価点:50点

-50点は、まだまだあんたに伝えることが
あると思うからね。

もっとカスタマイズできると良いんだけど。

ホントに、あんたのために、細かくお話がしたいんだ。


今回の記事を
たとえて言うなら、

『中華料理フルコース』

って感じかな。


とにかく、大切なことを書いたんだけど。

人生において、知っていると勝者の道を選べるんだ。

だからフルコース。


こってりしてたかもしれないけど。


昔から言われていたことだから。


押しつけがましかったかもしれないけど、
どうか、知っておいて欲しい。






書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。




最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆

次回予告


次回は、初心者のあんたのために。

『初心者が知っておきたい用語集』をお送りします。



だから、必ず見ておくれ!

そして、楽しみにしておいとくれよ。




いつも、あんたの幸せを願っているからね。


まあ、期待していておくれ。


↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心(マインド)の情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。