2008年03月28日
初心者への道しるべ



Webメール


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



Webメール

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その42



Webメール

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

Webメール


Webメール

Webメール

Webメール

Webメールとは?

Webメール


Webメールとは?

Webメール

Webメール


Webメール(ウェブメール)は
Webブラウザを通じてアクセスを
行うことのできる、
ウェブアプリケーションのメーラーである。
一般に、
利用者がウェブのインターフェースを
通して行った操作をプログラムが
解釈し、
Webページに接続されている
メールサーバに送受信等の
指示を行うことによって
実現されている。

機能

大半のWebメールサービスは
以下の機能を持っている。
これらの機能は
一般的な電子メールソフトにも
大抵は搭載されている。

* フォルダ

* フィルタ
 (設定した条件に一致する
  メールを自動的に特定の
  フォルダに移動させる)

* ゴミ箱

* アドレス帳


また一部のWebメールサービス
には以下の機能もある。

* 迷惑メール自動削除

* コンピュータウイルス
 自動駆除



主なWebメールサービス

Webメールサービスは
フリーメールサービスで
用いられることが多いが、
インターネット接続サービスの
メールサービスでも
利用者の利便性を考慮して
電子メールソフトで使うPOP、
SMTPなどとともに採用している
ところも多い。

規模の大きいサービスに
Yahoo!メール、Hotmail、Gmail
などがあり、
そのほかのWebメールサービスに
livedoorメールやgooメール
などがある。


規制

一部の会社では
Webメールの私的使用による
個人情報、
社内機密文書等の情報漏洩、
コンピュータウイルス感染を防ぐため、
社内のサーバにフィルタリングを
導入し、
Webメールを行うサイトには
アクセスできないようにしているところ
がある。


Webメールを採用するソフトウェア

インターネット上の
Webメールサービス以外に、
個々のソフトウェアが
Webメールを採用している場合
もある。
Webメールを電子メールの
インターフェイスとして
採用している例には
グループウェアや一部の
コンテンツマネージメントシステム
などがある。



主な公開された実装

* IMP Webmail Client
* SquirrelMail



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

メールって、とっても便利だよね。

特に、Webメールって、

大容量のところが多いから、

とっても便利だよね。

やりとりするときも、

大きなファイルが送れるから、良いね。

無料なところも良いよね。

登録だけで良いからさ。

あんたも、1つくらい持っていても

損はないと思うよ。



最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2008年03月26日
初心者への道しるべ



メールアドレス


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



メールアドレス

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その41



メールアドレス

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

メールアドレス


メールアドレス

メールアドレス

メールアドレス

メールアドレスとは?

メールアドレス


メールアドレスとは?

メールアドレス

メールアドレス


メールアドレス (mail address) とは、
電子メールにおける
送信先や発信元を表し、
すなわち、住所の役割を
果たすものである。

誤解の恐れのないときは
単にアドレスとも呼ばれる。

他に略称としてメルアド、メアドがある。


構成

メールアドレスは、次の構文を持つ。


ローカル部@ドメイン部

(例:hoge@foo.bar)


ローカル部の構成は
メールサーバの仕様によるが、
ユーザ名であることが多い。
ドメイン部はドメイン名
またはホスト名であり、
メールサーバを特定する。

この例では、
「“foo.bar”で特定される
メールサーバーに登録されている
“hoge”というユーザ」
として扱われる。

メールアドレスのフォーマットを
規定する文書として、
RFCのRFC 2821
(Simple Mail Transfer Protocol)
およびRFC 2822
(Internet Message Format)
が存在する。

RFC 2821およびRFC 2822で、
メールアドレスに
使用できる文字が定義されている。


ローカル部に使用できる文字

ローカル部に使用できる文字は
以下のASCII文字である。

1. まず、次のASCII文字を
 そのまま並べたdot-atomの形式が
 使用できる。

* 大小のラテン文字
- 大文字小文字は区別されるが、
大文字小文字を区別する
メールボックスを定義するのは
避けるべきである。

* 数字

* ! # $ % & ' * + - / = ?
  ^ _ ` { | } 〜

* . - ただし、先頭、末尾以外でのみ
 使用可能。
 2個以上連続してはならない。


2. さらに、" "でくくられた
quoted-stringの形式であれば、
 上記の文字に加えて、
 次の文字を使用できる。
 ただし、quoted-string形式が
 要求されるメールボックスを
 定義するのは避けるべきである。


* ( ) < > [ ] : ; @ ,

* . - quoted-string中では
 制限はない。


3. さらに、quoted-stringで、
 \ を前につけたquoted-pairの
 形式であれば、
 上記の文字に加えて、
 次の文字を使用できる。

* スペース

* \ "




たとえば、
以下は有効なメールアドレスである。


Abc@example.com

Abc.123@example.com

user+mailbox/department=
shipping@example.com

!#$%&'*+-/=?^_`.{|}〜@
example.com

"Abc@def"@example.com

"Fred\ Bloggs"@example.com

"Joe.\\Blow"@example.com


以下は無効なメールアドレスである。


Abc.@example.com
(“.”をローカル部の
   末尾に使用している)

Abc..123@example.com
(“.”が連続している)


ローカル部の長さの最大値は
64文字である。


仕様を逸脱したピリオドの使用


上述のように、
quoted-string形式でなければ、
“.”を先頭、末尾で使用することや、
2個以上連続して使用することは
できない。
しかし、一部の実装は
この仕様を逸脱しており、
規定外の特殊な文字が
使用可能な場合もある。


Postfixは、
配送する電子メールの
エンベロープやヘッダに
仕様を逸脱したローカル部を持つ
アドレスが存在すると、
ローカル部を" "でくくった形に
変形する。
エンベロープ中のアドレス
については、
この機能を無効に設定できるが、
ヘッダ中のアドレスについては、
無効化できない。


ドメイン部に使用できる文字


ドメイン部には、
次のいずれかの形式が使用できる。

* ラテン文字・数字・“-”
(先頭はラテン文字または数字)
から成るサブドメインを“.”で
つないだ形式で、
A RRまたはMX RR
(またはそれらに名前解決される
CNAME RR)に
名前解決される
完全修飾ドメイン名 (FQDN)。
* [123.255.37.2]のように、
[ ]でくくられたIPアドレス。


ドメイン部の長さの最大値は
255文字、
メールアドレス全体の長さの
最大値は256文字である。


電子メールでの

メールアドレスの使用



電子メールでは、
メールアドレスはいくつかの箇所で
使用される。
使用される箇所により、
メールアドレスは決まった形式で現れる。


電子メールで


メールアドレスが使用される箇所




* エンベロープ中の箇所。
RFC 2821で定義される。

reverse-path
電子メールの送信元。
エンベロープfromとも呼ばれる。

forward-path
電子メールの送信先。
エンベロープtoとも呼ばれる。


* メールヘッダ中の箇所。
RFC 2822で定義される。

Fromフィールド
電子メールの著者。
Senderフィールド
電子メールの送信者が著者と
異なる場合や、
著者が複数の場合の
電子メールの送信者。

Toフィールド
電子メールの受信者。

Reply-Toフィールド
電子メールの返信先。

Ccフィールド
カーボンコピーの受信者。

Bccフィールド
ブラインドカーボンコピー
の受信者。

再送フィールド
(Resent-From・Resent-Sender・
Resent-To・Resent-Cc・
Resent-Bcc)
電子メール再送時の情報。
それぞれ、
“Resent-”のつかない
フィールドに対応する。

Return-Pathフィールド
SMTPサーバにより、
reverse-pathの情報が記入される。


電子メールでの使用形式

* 「ローカル部@ドメイン」の形式を、
  RFC 2821ではMailboxと呼び、
RFC 2822ではaddr-specと呼ぶ。

* reverse-pathおよび
forward-pathには、
Mailboxの形式を< >でくくった
 “”のような
 形式を用いる。
 Return-Pathフィールドも同様である。

* Return-Path以外の
 ヘッダフィールドには、
addr-specのほか、
addr-specの形式を< >でくくった形式、
 さらに“hoge
 のように、前に表示名を挿入する
name-addr形式が使用できる。
RFC 2822では、
addr-specとname-addrを
 あわせてメールボックス
 (mailbox) と呼ぶ。

* Fromフィールドには
 メールボックスを“,”で並べて、
 複数の著者を記入できる。
 このとき、1人の送信者の
 メールボックスを記入した
Senderフィールドが必須である。

* Reply-To、To、Cc、
Bccフィールドには、
 “foobar:foo ,
bar ;”の形式で、
 複数人のメールボックスをまとめた
 グループ (group) も使用でき、
RFC 2822では、
 メールボックスとグループをあわせて
 アドレス (address) と呼ぶ。
 アドレスを“,”で並べて、
 複数記入できる。
 なお、RFC 2821では、
 メールボックス (mailbox) と
 アドレス (address) との間には
 形式の差異はない。


それぞれの使用箇所で使用できる
メールアドレスの形式を、
以下の表に示す。


メールアドレスの形式一覧

形式 RFC 2821での呼称
使用箇所(エンベロープ)
RFC 2822C?CAa°?e`A
e´go´pa^”e`a¨A°iE´wE´bE´_A°j

foo@example.com Mailbox -
address mailbox addr-
spec From Sender Reply-
To To Cc Bcc

Path reverse-path
forward-path path Return-Path
name-
addr From Sender Reply-
To To Cc Bcc
foo - -
foobar:
†foo ,
†bar ;
- - group Reply-To To Cc Bcc

c?e¨o´E´tE´BA°[E´aE´h
(Resent-FromA°EResent-SenderA°E
Resent-ToA°EResent-CcA°EResent-Bcc)
C?e´go´pC?C´CE`E´A°A°[E´aE´AE´hE´a°E´XCAa°`e´AECOA°A
C?CI´C?CI´e¨OEa^u^C任E`A°gResent-A°h
CAC¬C(C)C》C¢E´tE´BA°[E´aE´hCΔi`?o´lC?C†CE`A°B


i`?i¨C》E´A°A°[E´aE´AE´hE´a°E´X


Postmaster

E´A°A°[E´aE´VE´XE´eE´A¨CAa¨《o´u`e´“CAE´AE´hE´a°E´X
CΔCμC?e´gCI`CI´CE`A°B
SMTPE´TA°[E´oCOA°A
forward-pathC…
A°uPostmaster@E´hE´A°E´CE´i`A°vA°A
C〈CΩCOE´hE´A°E´CE´i`CAC》C¢
A°gPostmasterA°hC(TM)e´wi´E¨C≧CI´CΩ
i`de´qE´A°A°[E´aC?e´U^C?e´E^CA´C》C?CI´COEC》CA´C》C¢A°B
A°gPostmasterA°hCAi¨∂e´o¨COA°A
e¨A^i¨∂e´o¨e`¨i¨∂e´o¨C?aE^i¨CμC》C¢A°B


E´kE´aE´AE´hE´a°E´X

メール転送エージェント (MTA) は、
宛先の間違いなどで
電子メールを配送できない場合に、
その電子メールの
reverse-path宛に
配送不能を知らせるバウンスメールを
配送する。
バウンスメールの
reverse-pathには
ヌルのアドレスが使用される。


MAILER-DAEMON

sendmail、Postfix、
qmailなどのMTAは、
バウンスメールのFromフィールドに
「MAILER-DAEMON@ドメイン」
のアドレスを使用する。


そのほか、
RFC 2142
(Mailbox Names for Common
Services, Roles and Functions) に、
よく使われるメールアドレスが
定義されている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

メールって、とっても便利だよね。

直接、相手に近づける方法の1つだから、

大切にメールしたいよね。

メールのやりとりは、

何か、親近感がわくから、

友達になったり、

より良い情報をあげられるよね。


あんたも、メールを利用して、

友達(ダチ)を増やしてみるかい?


そして、アドレスって、

あんたの好きな言葉がつけられるよね?


わかりやすくて、

あんたらしいアドレス名をつけてあげてね。

だって、アドレス名は、あんたの分身でもあるし、

あんたの所に来てくれる人が、覚えやすかったり、

また来たくなったらいいよね。

そうやって、知ってる人が増えていくと素敵だよね。


最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2008年03月24日
初心者への道しるべ



電子メール


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



電子メール

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その40



電子メール

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

電子メール


電子メール

電子メール

電子メール

電子メールとは?

電子メール


電子メールとは?

電子メール

電子メール


電子メール(でんしメール、
electronic mail 略してe-mail、
Eメールとも)は
電気的な符号を使って
メッセージを伝達する通信手段である。


概要

インターネットの初期からある
通信手段であり、
Unix to Unix Copy Protocol
(UUCP) や
Simple Mail Transfer Protocol
(SMTP) などの
プロトコルを介して、
メールを相手サーバに
届ける事ができる。

一方で、
インターネットの普及以前に
コンピュータ通信手段として広く
行われていた、
いわゆるパソコン通信でも、
加入者同士で文書のやり取りを
行うシステムが「電子メール」として
提供されていた。

ただし、パソコン通信では、
一般的に、
通信が1つのパソコン通信システム内に
とどまっていたので、
他のシステムとの間での電子メールの
交換機能などの相互通信機能は、
一部のケースを除きほとんどなかった。

また、
各パソコン通信システムごとに
独自のシステムが構築されていた事が
多かったため、
ユーザインタフェース等についても
互換がなかった。

しかしその後、
インターネットの普及に伴い、
大手パソコン通信システムと
インターネット間で相互に通信が
可能にもなった。
メール友達(メル友)も、
流行になった時期があった。

インターネットが普及し始めた頃
(あるいは現在も)は
BBSの書き込みや
ブログのコメントさえも含めて
「メール」と呼称していた
ライトユーザが多かった。


また、
携帯電話やPHS間で
ごく短い文字メッセージ(メール)を
やりとりする、
ショートメッセージサービス
(SMS。iモードなどの
サービス開始前より行われている)も、
広義の電子メールに含まれる。

なお、日本では導入経緯から、
e-mail、EメールはRFCに準拠した、
UUCP/SMTPのプロトコルを
使用した電子メールに限って用いられる。

以下はそのような
電子メールについてのみ記述する。


電子メールを支える技術


一般

個々の電子メールのアドレスは、
xxxx@example.co.jp などのような形で
表現される。
実際に電子メールを使うためには
独自ドメイン名(この例では "example.co.jp")
を得て、
ドメイン名を管理する
DNSサーバやメールサーバに
登録する必要がある。

一般的には、
加入プロバイダや勤務先・
通学先の企業・学校などのアドレス
(アカウント)になっていることが多い。

容量については理論的には制限はないが、
送受信可能な最大容量は、
プロバイダの提供する容量で制約を受ける。

一般的には、
ダイヤルアップ接続時代の
名残の数メガバイトから、
近年のブロードバンド対応として
大容量を謳ったものでは
100メガバイト程度に設定されることが多い。
これ以上の大容量のデータのやり取りには
FTPやP2Pなどが使われることが多い。

無料アドレスの場合は
フリーメールサービスを利用する
一般的な電子メールソフトではなく、
Webブラウザを使いWebページ上で、
送受信を行うWebメールがほとんどである。


プロトコル

現在、インターネットでは、
メールサーバ間での通信および
クライアントからの送信には、
一般にSMTPが使われる。

古くは、また現在でも希に、
UUCPが使われる。
メールは、
数々のサーバをリレーのように経由して
目的のメールサーバに伝えられる。
なお、電子メールには、
送信者の使用メールソフトや
経由サーバなどのヘッダーと
呼ばれる情報が付属されている。

メールサーバから
メールを読み出す場合には、
Post Office Protocol (POP) 、
Internet Message Access Protocol
(IMAP) などのプロトコルが用いられる。
メールの書式については、
RFC 2822で規定がある。
また、
各国語やテキスト以外のデータを
メールで送るなどのために
Multipurpose Internet Mail
Extensions (MIME) が
規定されている。


文字コード

日本語(2バイト文字)
を扱う場合の文字コードは、
ISO-2022-JPを使うことが原則である
(JUNET利用の手引第一版より)。
それ以外の文字コードを使う場合には、
MIME形式で文字コードを指定する
必要がある。


メール形式

元来は、
メールはプレーンテキスト形式の
物のみであったが、
上記MIMEの規定および普及に伴い、
メール本文をHTMLにより記述した
HTML形式のメールも、
RFCに規定され一般にも
使われるようになった。
HTML形式のメールを単に
HTMLメールと呼ぶ事も多い。

HTML形式のメールは、
メール本文をHTMLで記述できるため、
メールにWebページと同様の表現力を
持たせられる利点がある。

携帯電話でも、
cHTML形式のメールが
一般向け仕様のサービスとして
提供されているものもある。

その一方で、
特に、
Microsoft Windowsと
その標準メーラーである
Outlook Express
(メールの作成はHTML形式がデフォルト)
の普及に伴い、
HTML形式のメールが送受信されることも
多くなった。

しかしながら、メーラーにおいては、
メール中のHTMLデータを展開し
表示するためのレンダリングエンジン
(特にInternet Explorerを用いる物)に
しばしばセキュリティホールが
発見されているため、
メールを見る(プレビューする)だけで、
コンピュータウイルスが侵入する被害を
受けたり、
迷惑メール・架空請求メール等で
画像タグを埋め込んだメールを送りつけて
表示させ、
メールを表示させた情報を収集
(スパムビーコンと言う)して
悪用するなど、
セキュリティ上の問題がある。
このため、
HTML形式のメールを
フィルタリング機能などではねる
(人によってはゴミ箱フォルダへ
 振り分ける)
設定をしていることもある。
また、全てのメーラーが
HTMLメールの表示に
対応している訳でもないため、
一般的には、
断り無くHTML形式のメールは
送信しないようにすることが、
いわゆるネチケットの一つとされる。

なお、
あるファイルデータをメールに
添付して送る場合、
添付ファイルとして
MIMEなどによってテキスト化
(エンコード)をして
メール本文に埋め込んで送信し、
受信側で元のデータファイルに
復元(デコード)する方法が取られる。

添付ファイルには、
コンピュータウイルスも
仕込む事が可能なため、
受信時に添付ファイルを自動的に
開く設定になっていると、
やはりコンピュータウイルスが
侵入する被害を受けるなどの
危険もある。

そのため、一部では
「添付ファイルとはしないで
メール本文に記載するように」、
メール受信側から促している
場合もある。


ヘッダ情報

一通一通それぞれのメールは、
本文とは別に、
ヘッダ情報と呼ばれる
各種の特殊な情報を持つ。

殆どのメーラーでは、
何らかの方法(メーラー毎に異なる)
によって、
このヘッダ情報を参照可能である。
ヘッダ情報は、
脅迫メールやスパムなどのメールが
届く場合などに、
送信元の特定などに威力を発揮する。


代表的なヘッダ情報

* Return-Path:
 送信者が返信を希望する
 メールアドレス

* Received: from
 このメールが届くまでに経由した
 インターネット上の
 グローバルIPアドレスの経路

* Received: 受信した時刻

* Message-Id:
 メール一通一通に
 付加された固有の番号

* From:
送信元のメールアドレス
(< >で囲まれる場合が多い)
(と名前)


このヘッダの記載は
送信者がメーラーの設定によって
自由に変更できる。
このような電子メールの仕様から、
いわゆる「なりすまし」などの
悪用を完全に防ぐことは
困難とされる。


* To:
 受取人のメールアドレス
 (と名前)

* Subject: 題名
 (返信の場合はRe:、
  転送の場合はFw:
  が先頭に自動的に
  付加される場合が多い)

* Date: 送信年月日と日時

* MIME-Version:
MIMEのバージョン

* X-Priority:
 送信者が指定した重要度

* X-Mailer:
 メーラーの種別

* X-IP:
 送信者のグローバル
IPアドレス

* X-FROM-DOMAIN:
 送信者のドメイン



機能


CcとBcc

電子メールを送信する際の機能として、
Cc(カーボンコピー、Carbon Copy)
とBcc(ブラインドカーボンコピー、
Blind Carbon Copy)とがある。

メールの本来の送信先は
一般的にTo:に指定して送信するが、
本来の送信先以外にも
一応コピーを送っておきたい
相手などがいる、
という場合に
この機能を使用する。

メールを
初めて利用する人はもちろん、
それなりに使い慣れている人
にしても、
この機能の本来の使用方法を
理解していない事も多い。

この機能を使うに当たっては、
よく理解して使えば
とても便利であるが、
私用・公用に限らず、
Cc機能とBcc機能の違い・
それぞれに指定されて
送信された相手に見える
自分以外の送信先を
よく理解して使わないと、
例としてメールアドレスの
個人情報漏洩など、
色々な意味で面倒な事になる
こともある。


Cc(カーボンコピー、

Carbon Copy)



To:で指定した本来の送信先以外にも、
一応コピーを送っておきたい
相手などがいる場合に
使用する機能である。

To:で宛先を指定するのと同様に、
Cc:にコピーを送りたい相手を
指定して使用する。

To:に指定された本来の相手には、
To:とCc:に指定された宛先が
全て見える。
また、Cc:に指定された相手にも、
To:とCc:に指定された宛先が
全て見える。

要するに、
送信者(From:)、To:の相手、
Cc:の相手、の各3者相互で、
各アドレスが各3者全員に
知られることになる。


Bcc(ブラインドカーボンコピー、

Blind Carbon Copy)



To:で指定した本来の送信先以外にも、
一応コピーを送っておきたい
相手がいる、
しかしTo:とCc:に指定した相手には
このBcc機能を使って
コピーを送った相手、
もしくはその相手が
いることを知られたくない、
という場合などに使用する
機能である。

To:で宛先を指定するのと同様に、
Bcc:にコピーを送りたい相手を
指定して使用する。
メールの送信時に、
メールサーバ(MTA)において
Bcc:ヘッダを削除して
転送するため、
To:/Cc:に指定された相手には、
このBcc:に指定された宛先は
全く見えない。

が、
Bcc:に指定された相手には、
To:とCc:に指定された宛先が
全て見える。
また、
Bcc:の宛先アドレスが
複数ある場合には、
Bcc:指定された各宛先相互間で、
自分以外の他の宛先を
知ることはできない。

複数のメーラーから
単一のメールアカウント・
サーバにアクセスする場合には、
Bccを活用した
テクニックがある。

Bcc:にFrom:(自分自身)と
同じアドレスを指定する
(メーラー (MUA) による
常時設定も可能)事により、
自分が送信したメールが
そのままの内容で
自分のメーラーの受信箱にも
配信される。

POP3等のメールサーバで
サーバからメーラーへ
受信したメールを
サーバから除去しない
(数日後に削除する)設定を
メーラーにすることにより、
1つのメーラーから送信した
メールが他のメーラー全てに
コピーとして配信される。

これにより、
通常は送信したメーラーの
送信済み箱を見ないと
分からない所が、
複数のメーラーで
送信メールを確認できる。

なお、
時々
「ブラックカーボンコピー
(Black Carbon Copy)」
と言われることがあるが、
これは間違いである。

そう覚えている人も少なくないので、
それで通じることもあるが、
言葉として利用する際には
「ブラインドカーボンコピー」
が望ましい。


ReとFw


Re


Re:は
返信されたメールの
サブジェクトに付加される。
この略号は、
メーラーの機能で
自動的に付加され、
これがあることによって
返信されたメールであることが
わかる。

しかし、
送信者が送信時に
サブジェクトから意図的に
削除することもできる。


Fw(フォワード、Forward)


Fw:は、
転送されたメールのサブジェクトに
付加される略号である。

この略号もメーラーの機能で
自動的に付加されるもので、
Fw:が連続していれば
何度も転送されたメールだ
と言うことが分かる。

これもRe:同様、
送信者が送信時にサブジェクトから
意図的に削除することもできる。
Fw:の連続はチェーンメールに
多いため、
チェーンメールかどうかを
判別する1つの手段にもなる。
そのため、
転送時にFw:を
削除するように指示する
内容が記述された
チェーンメールもある。



歴史


電子メールの起源


電子メールは
インターネットに先行して
開発された。
既存の電子メールシステムは
インターネットを作るに
当たって重要な道具
となった。

最初の電子メールは
1965年、
メインフレーム上の
タイムシェアリングシステムの
複数ユーザーが
相互に通信する方法として
使われ始めた。
正確なところは不明だが
その類の機能を持つ
最初のシステムとして、
SDC(ランド研究所からの
スピンオフでSAGEの
ソフトウェア開発を行った会社)
のQ32システムと
MITのCTSSがある。

電子メールは
間もなくユーザーが
異なるコンピュータ間で
メッセージを
やり取りするための
「ネットワーク電子メール」に
拡張された。
1966年には
異なるコンピュータ間で
電子メールを転送していた
(SAGEでの詳細は
明らかではないが、
もっと早い時期に
実現していたかもしれない)。

ARPANETは
電子メールの発展に
多大な影響を与えた。
その誕生直後の1969年に
システム間電子メール転送の
実験を行ったというリポートがある。
BBN社のレイ・トムリンソンは
1971年にARPANET上の
電子メールシステムを開発し、
初めて@を使ってユーザー名と
マシンを指定できるようにした。
ARPANET上では
電子メール利用者が急激に増大し、
1975年には1000人以上が
利用するようになっていた。


一般への浸透

ARPANETでの
電子メールの利便性と
利点が一般に知られるようになると、
電子メールの人気が高まり、
ARPANETへのアクセスが
できない人々からも
それを要求する声が出てきた。
タイムシェアリングシステムを
代替ネットワークで接続した
電子メールシステムが
いくつも開発された。

例えばUUCPやIBMのVNETなどがある。


全てのコンピュータや
コンピュータネットワークが
直接相互に接続される
わけではないので、
電子メールのアドレスには
メッセージの伝達「経路」、
つまり送信側コンピュータから
受信側コンピュータまでの
パスを示す必要があった。

電子メールは
この経路指定方法で
いくつものネットワーク間
(ARPANET、BITNET、NSFNET)
でやり取りすることができた。
UUCPで接続されたホストとも
電子メールをやり取りすることが
可能であった。

経路は「バングパス」と呼ばれる
方法で指定された。
あるホストから直接到達可能な
ホストのアドレスを書き、
そこから次に到達可能なホストの
アドレスをバング(感嘆符=!)で
接続して書いていく
アドレス指定方式である。

CCITTは、
種々の電子メールシステムの
相互運用を可能とするために
1980年代にX.400標準規格を
開発した。
同じ頃、
IETFがもっと単純なプロトコル
Simple Mail Transfer Protocol
(SMTP)を開発し、
これがインターネット上の
電子メール転送の
デファクトスタンダードとなった。

インターネットに各家庭から
接続するようになった現代では、
SMTPベースの電子メールシステムの
相互運用性は
逆にセキュリティ上の
問題を生じさせている。

1982年、
ホワイトハウスは
国家安全保障会議(NSC)スタッフ
のために
IBM の電子メールシステム
Professional Office System
(PROFシステム)を採用した。

1985年4月、
このシステムがNSCスタッフ向けに
完全動作するようになった。
1986年11月、
ホワイトハウスの残りの部分も
オンライン化された。
1980年代末ごろまでは
PROFシステムだけだったが、
その後は様々なシステムが
導入されている
(VAX A-1(オールインワン)
や、cc:Mailなど)。


問題


不着や遅延

電子メールの不着及び遅延の主な原因
となっているのはスパムメールである。
ある報告 によると、
2007年中に送信された
メールのうち90%から95%が
スパムメールであったという。

大量に送信される
これらのスパムメールは
メールサーバーに過大な負荷を与え、
メール配送遅延の
大きな原因となっている。

たとえば2004年7月下旬から
8月上旬にかけて、
大手インターネットプロバイダ
@niftyで、
海外から大量に送信された
スパムメールにより
メールサーバーに
断続的な負担が掛かり、
メールの受信に支障が生じる
状態が続いた。

また近年、
トロイの木馬などのマルウェアに
感染しゾンビ化したコンピュータ群
によって引き起こされる
DDoS型のスパム送信の割合が
急激に増加しており、
ますますメールサーバーに
多大な負荷を及ぼすものと
されている。

また、
スパムメール対策として
サーバー上、クライアント上での
フィルタリングが普及してきたが、
誤検知により通常のメールが
スパムであると判断されてしまい、
不着となるトラブルが増えている。

スパム以外に配送遅延の
大きな原因となるのが、
いわゆる「年賀メール」である。
新年を迎えると同時に
大量のメール送信が発生し、
サーバーに負荷がかかり
遅延が発生することがある。

ここ数年はメールサーバーの
処理能力向上により、
かつてに比べると問題と
なることは減ったものの、
特に携帯電話・PHSのメール機能は
「即時にコミュニケーションを
取りあう手段」として
チャット的に利用される傾向が
あるために年賀メールの発信も多く、
遅延や輻輳の可能性も高い。

このため毎年年末の、
特に年をまたぐ時間帯には
各キャリアが年越時間帯のメール、
コールの自粛を呼びかけている。
また、平行して発信制限も
行っている。

かつてパソコン通信が
全盛だった時代には、
処理の集中を防ぐため、
あらかじめ年賀メールを
サーバーに予約送信しておき
元旦に順次配送する
といったサービスも
提供されていた。


コミュニケーション上の問題


パソコン通信や
インターネット等における
文字だけのコミュニケーションに
見られる問題(炎上、Flaming)は
電子メールにおいても見られる。

メールの真意、
感情が相手に伝わらず、
度々トラブルに発展するケースが
挙げられている。
英語圏では、
メールの真意を読み取り間違え、
感情に任せて送るメールの呼称
(スラング)にFlame Mail
というものがある。



フリーメールサービス



フリーメールサービスとは、
インターネット接続サービスに
加入していなくても、
必要な事項
(希望のメールアドレス、
パスワードなど)を入力すれば
無料で電子メールアカウントが
取得できるサービスのこと。

こういったメールアカウントの事を
フリーメールという。


フリーメールの特徴

また、
同サービスで取得した
メールアドレスのことを、
不要になった際すぐに捨てる
(使用を放棄する)こともできるため
「(ポイ)捨てメアド」
などと揶揄されることもある。

主にポータルサイトを提供している
多くの会社がこのサービスを
提供している。
こういったメールの
メールアカウントは、
多くがWebメールを用いているため
インターネットに接続出来る環境
であればどこからでも
メールのやり取りが出来るが、
本人確認を行わなくても
簡単に取得できることから
匿名性が高くなり、
犯罪やいたずら等への
悪用を避けるため、
このアカウントを利用しての


* フリーメールのアドレスでは
 十分な本人確認ができないため、
 インターネットオークション
 などへの出品ができない

* サイトによっては
 オークションの入札すら
 できないこともある

* 大手企業のホームページが
 開設している掲示板で、
 メールアドレスによる認証を
 取り入れている場合、
 フリーメールを用いての
 書き込みができない
 (かつてセガやアクアプラスなどの
 ゲームメーカーのHPで
 開設されていた各種の掲示板でも
 このような認証を取り入れており、
 フリーメールや携帯電話の
 メールアドレスでは
 認証されない仕様が
 実装されていたが、
 現在はサービスを終了している)

* 送信先のPCにある
 メーラーの設定によっては、
 フリーメールによる
 メッセージの受信を拒否され、
 削除される可能性が高い

* サーバがダウンするか、
 アクセスの殺到により
 メールが全て消えたり、
 受信の遅延といった障害が
 生じたとしても、
 提供者は一切の責任を負わない


などの制約がある。

多くのフリーメールサービスは、
送信するメールの末端に
企業の広告が自動挿入される。


フリーメールのセキュリティ

フリーメールサービスを
提供する大手企業のフリーメールの
セキュリティは
一定の信頼を置くことが出来るが、
フリーメールのIDやパスワードを
不正に入手しようと試みる
フィッシングサイトが存在するため、
利用には注意を払う必要がある。

また、
フリーメールを提供する会社の
システムアドミニストレーターは
利用者のメールを
覗き見ることも可能であり、
社外秘の情報を
フリーメールサービスに
転送するのは情報漏洩の
リスクも存在する。

近年では利用者のメールを解析して
広告を挿入する事業者も出てきたが、
広告の挿入だけに留まらず、
メールの中身を事業者側で
検索可能な状態に置いている
ケースもあり、
機密情報の漏洩を防ぐため、
社員によるフリーメールの利用を
制限しようと試みる企業も出てきた。




主なフリーメール

メールアドレスの「****」の部分は、
ユーザが一定の範囲で
任意に選択することができる。

@以下はサーバー名で、
ユーザーは自由に選択できない。


* @niftyメール

* メールアドレス:****@nifmail.jp


* au one メール

* メールアドレス:****@auone.jp


* Exciteメール

* メールアドレス:****@excite.co.jp


* Gmail

* メールアドレス:****@gmail.com


* gooメール

* メールアドレス:****@mail.goo.ne.jp


* infoseekメール

* メールアドレス:****@infoseek.jp


* livedoor メール

* メールアドレス:****@livedoor.com


* Windows Live Hotmail

* メールアドレス:****@hotmail.co.jp


* Yahoo!メール

* メールアドレス:****@yahoo.co.jp


* 10 Minute Mail

* メールアドレス:****@modmailcom.com





脚注

1. ^ フリーメールの場合、
一定期間Webメールへの
アクセスが行わなければ、
自動的に登録が抹消され、
使用できなくなる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

メールって、とっても便利だよね。

直接、相手に近づける方法の1つだから、

大切にメールしたいよね。

メールのやりとりは、

何か、親近感がわくから、

友達になったり、

より良い情報をあげられるよね。


あんたも、メールを利用して、

友達(ダチ)を増やしてみるかい?


最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2008年03月22日
初心者への道しるべ



ディレクトリ(Directory)


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ディレクトリ(Directory)

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その39



ディレクトリ(Directory)

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ディレクトリ(Directory)


ディレクトリ(Directory)

ディレクトリ(Directory)

ディレクトリ(Directory)

ディレクトリ(Directory)とは?

ディレクトリ(Directory)


ディレクトリ(Directory)とは?

ディレクトリ(Directory)


ディレクトリ

ディレクトリ(Directory)

* 英語で住所録や電話帳の意味。
以下のコンピュータ関連の用語は
これの派生である。

* ディレクトリ・サービスの略称。
住所、ユーザIDを始めとする
各種情報をコンピュータ上に
保管する仕組み。

* ウェブディレクトリの略称。

* コンピュータの記憶メディア
(ハードディスクなど)のファイルを
整理するための、
階層構造を持つグループ名。


------------------------------------

ディレクトリ(Directory)は、
コンピュータの記憶メディア
(ハードディスクなどファイルシステム)
のファイルを整理・管理するための、
階層構造(ツリー構造)を持つグループ名。
初心者向けの解説書などでは
ファイルの入れ物と表現されることもある。

「ディレクトリ」は
主にUNIX系オペレーティングシステムや
MS-DOS、
3.1以前のWindowsで使われる語で、
95以降のWindowsやMacOSでは
フォルダと表現される。

UNIX系のオペレーティングシステムでは、
最上位(root)を
根(ルートディレクトリ)とする。
DOS系やWindows系、
MacOSではディスクまたは
パーティションごとにツリーが
構成されるが、
その場合も各ツリーの最上位を
ルートディレクトリと呼ぶことがある。

ファイルはルートディレクトリからの
パス名で識別される。
これを「絶対パス」や「フルパス」と呼ぶ。

これに対して、
あるディレクトリからの相対的なパス
(「相対パス」)でファイルを
識別することもできる。
このときのディレクトリを
カレントディレクトリ
あるいはワーキングディレクトリと呼ぶ。

UNIXやMS-DOSでは、
カレントディレクトリを
chdirコマンドあるいは
cdコマンドで変更することができる。

また、
ユーザーがシステムに
ログインしたときの
カレントディレクトリを
ホームディレクトリと呼び、
その配下にユーザー個人の
ファイルを置くことが多い。


UNIX系OSのディレクトリ例


* / (ルートディレクトリ)

* /bin
* /etc
* /mnt

* /mnt/cdrom
* /mnt/fdd


* /usr






Windowsのディレクトリ例
(Windows XPの場合)


* C:\ (ルートディレクトリ)

* C:\Documents and Settings\
* C:\Program Files\
* C:\Windows\


* D:\ (ルートディレクトリ)




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

今回、ディレクトリなんて、

難しい説明をしたけど、

たまに、出てくるから、

ちょっとだけ、頭の片隅にでも入れておいてね。



最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2008年03月20日
初心者への道しるべ



Google


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



Google

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その38



Google

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

Google


Google

Google

Google

Googleとは?

Google


Googleとは?

Google


この項目では企業としてのGoogle
について記述しています。

Google Inc.
種類 公開会社

市場情報
NASDAQ GOOG
略称 Google

本社所在地 アメリカ合衆国
      カリフォルニア州 マウンテンビュー
      アンフィシアター パークウェイ 1600番

設立 1998年9月7日
業種 情報・通信業

事業内容 インターネット関連事業、
     ソフトウェアの研究・開発・販売
代表者 CEO エリック・シュミット

売上高 106億ドル(約1兆2720億円)(2006年)

従業員数 13,748名(2007年6月)

関係する人物 ラリー・ページ・セルゲイ・ブリン

外部リンクGoogle

Google本社にある標識(Welcome sign)

Google(グーグル)は、
アメリカ合衆国のソフトウェア会社、
あるいは、
同社の運営するインターネット上での
検索エンジンである。

米国グーグルは
人類が使う全ての情報を集め整理すると言う
壮大な目的をもって設立された。

独自開発したプログラムが、
世界中のウェブサイトを巡回して情報を集め、
検索用の索引を作り続けている。
約30万台のコンピュータが
稼動中といわれる。

検索結果の表示画面や
提携したウェブサイト上に
広告を載せることで、
収益の大部分をあげている。

検索エンジンとしては、
2002年には世界で最も人気のあるものになり、
AOLなどのクライアントを通じて
インターネット検索のトップを
占めるまでになっている。
日本では、Yahoo! JAPANに次いで
シェア2位である。

会社

米Google本社のCEOは
エリック・シュミット。

日本法人のグーグル株式会社の
CEOは村上憲郎。


沿革

* 1996年1月 -
Googleの原型となる、
バックリンクを分析する検索エンジン
BackRub(バックラブ)が、
スタンフォード大学で博士課程に在籍していた
ラリー・ページとセルゲイ・ブリンによって
開発される。
もともとは研究プロジェクトとして
始められたものだった。

* 1998年9月7日 -
アンディ・ベクトルシャイムからの
10万ドルの資金援助を受け、
カリフォルニア州メンロパークにある
友人のアパートで創業。

* 1999年 -
3月パロアルトに移転。
6月マウンテンビューに移転。

* 1999年6月7日 -
KPCB、セコイア・キャピタルから
2500万ドルの資金を調達。

* 2001年8月 -
日本法人のグーグル株式会社を設立。

* 2003年2月 -
Pyro Networksを買収し、
Bloggerを獲得。

* 2004年7月 -
画像管理ソフトを開発している
Picasaを買収。

* 2004年8月19日 -
NASDAQで株式公開。
ティッカーシンボルは「GOOG」。

* 2004年10月27日 -
人工衛星や航空撮影の画像を
データベース化したソフトを販売している
Keyholeを買収。
その後、Keyholeの技術を使った
Google マップ、Google Earthが
公開される。

* 2005年3月 -
Urchinを買収。
その後、Google Analyticsを開始。

* 2006年3月 -
Upstartleの「Writely」
の開発チームを買収。

* 2006年10月9日 -
GoogleがYouTubeを
16億5000万ドル(約1950億円)で
買収すると発表。
また、YouTubeを買収した後も
「Google Video」、「YouTube」
の名称を変えないことも発表。

* 2006年11月1日 -
企業向けウィキシステム、
JotSpotを買収する。

* 2007年4月13日-
広告会社のダブルクリックを
31億ドルで買収。


社風

Google本社にある
トイレのコントロールパネル

Googleの本社社屋は
"Googleplex" の愛称で親しまれている。
この言葉は、
googolplex(グーゴルプレックス)
の言葉遊びであり、
Googleとcomplexとの
かばん語でもある。

料理人が各国の料理を提供する無料ランチ、
フィットネスジムやサウナを
完備したキャンパス、
定期的に開催されるローラーホッケー
のイベントなど充実した福利厚生サービス、
猫以外のペットを持ち込み可能なオフィスや
おもちゃなど遊び道具を持ち込める
社員デスク、
ラバライトやゴムボールがあちらこちらに
置かれた独特な企業文化で知られる。
また、NASDAQ市場に公開するに先立ち、
無料ランチを継続して
提供することを宣言した。
自由な企業文化と肯定的にとらえる見方
がある一方、
子供っぽいと見られることもある
(ただし、
この場合の子供っぽいという表現は
必ずしも否定的な意味を伴うものではない)。

博士号を持つ者も多く、
人材採用の面で
学歴を非常に重視することでも
知られている。

また、Googleでは、
勤務時間の20%を自分の気に入った
プロジェクトに割くよう義務づける
「20 percent time」
というルールがあり、
そこからOrkutやGmailなどの
実験的サービスが生まれている。


社外での活動

Googleは社内で多くの
オープンソースソフトウェア
を使っているため、
オープンソースの開発者を雇うなど、
オープンソースの支援を
積極的に行っている。

2005年には、
「Google Summer of Code」
というオープンソースの開発に資金を
提供するプロジェクトを行った。
これは、Googleが、
指定したプロジェクトに参加する学生に
開発費用を提供するというもので、
一定期間の補助を受けて開発を行う。
また、これを受けて、
日本でも「夏休みコード道場」
というプロジェクトが、
FSIJ(フリーソフトウェアイニシアティブ)
の主催の元、
Google日本法人の協力で開始された。

現在は、
ウィキペディアに対しても
資金提供をするなど、
オープンな文化に対する
積極的な支援を行う企業としても
名前をあげつつある。

また、
2005年9月28日には、
NASAと提携し、
大規模コンピューティングの活用や、
データマイニング、ナノ、
バイオテクノロジーでの協力などを
行うことを発表している。

2007年1月21日の
NHKスペシャルでは、
Googleが初めてテレビ局の
長期取材に応えた

『グーグル革命の衝撃
〜あなたの人生を“検索”が変える〜』

が放送された。


名前の由来

Googleという言葉は、
googol(グーゴル)
という言葉の綴りまちがいに由来する。

1997年にラリー・ページたちが
新しい検索エンジンの名前を考えて
ドメイン名として登録した際、
googol.comをgoogle.comと
綴りまちがえたのが
その起源と言われる。

グーゴルという言葉は、
アメリカの数学者
エドワード・カスナーの甥の
ミルトン・シロッタによって
作られたもので、
1グーゴルは10100
(1のあとに0が100個続く数・
10の100乗(じょう)と読む)である。

この言葉に似た言葉を
社名に用いていることは、
WWW上の膨大な情報の組織化が
Googleの使命であることを
意図している。



Googleに対する批判


検閲

中国版Googleでは
検閲を行っており、
「天安門事件」や「台湾」などの単語を
検索しても政権に不都合なものは
表示されない。
また、
「ダライ・ラマ14世」
も禁止ワードに指定されており、
チベット人の反感を買っている。

米国版Googleでは表示されるが、
中国国内から中国版Google以外に
アクセスすることは
出来なくなっている。


Googleは
反サイエントロジーサイトの削除を
行っていたことも判明している。

宗教団体サイエントロジーが
同団体に批判的なサイトの削除を
デジタル・ミレニアム著作権法(DMCA)を
根拠に求めたところ
Googleは削除に応じた。
その後Googleの姿勢を批判する
市民グループが訴訟の動きを
見せたことから元に戻したが、
一時的にでも削除を行ったことは
Googleの社会的影響力の
大きさから批判をする向きも多い。

グーグルによる検閲は、
一般的には検索国の法律に従って
行われるが、
Googleはアメリカの企業であるため、
アメリカ国内の法律によって
違法と判断されたサイトについては、
全世界で表示されない。
例えば、
DMCA(デジタルミレニアム著作権法)
に抵触すると判断された
サイトについては、
日本人向けのコンテンツであっても
日本国内から検索出来ないし、
アメリカ以外の国経由で検索しても
同様である。
そのほか、
一度ドメインごと
グーグル八分になった場合、
ドメインの情報を
一度まっさらにして数か月待つ
必要がある。

2002年10月22日、
およそ113の
インターネット上のサイトが
Googleのドイツ語版と
フランス語版から除去されている
との調査が報告された。
この検閲は主として
White Nationalistic,
ナチ、反ユダヤ主義、
イスラーム過激派のサイトに
影響を与えた。
フランスとドイツの法の下では、
ヘイトスピーチとホロコースト
の否定は違法である。
グーグルはこれらの法を遵守して、
そのような題材を含むサイトを
検索結果に含めないようにした。
検索がこのような形で
影響を受けているかどうか
直接確認するすべは無い。


CNET出入り禁止事件

2005年7月、
CNETのエリノア・ミルズ記者が執筆した
Google絡みの
プライバシー問題についての記事中、
説明の一環として、
CEOのエリック・シュミットについて
Googleで検索した結果を公表した。
そこには、シュミットの
おおよその資産や自宅住所、
シュミットがGoogle株の売却を
行ったことなどが掲載されていた。
Google広報部は、
この行為は
プライバシー侵害に当たるとして、
CNETの全サイトを
検索結果から外した。
さらに、
CNETの記者全員からの取材を
1年間拒否するとの声明を出した。
その2ヶ月後に両者は和解し
CNETのサイトは
再び検索結果に
表示されるようになった。


グーグル八分(Google八分)

検索の際、
検索エンジンスパムなどの
検索妨害行為があるサイトや、
各国の法律に照らし合わせて
Googleが違法と判断したサイトを、
意図的に検索結果から除き、
ユーザーが該当サイトのURLを
検索できないようにすること、
およびその対象となったサイトのこと。

しかし、
最近は上記のような問題がないと
思われるサイトも意図的に
検索結果から除外されることがあり、
企業などでは
検索結果が収益に大きく影響するため、
死活問題となっているケースも多い。

しかもグーグルは検索結果からの
排除に関する基準を
明確に示しておらず、
不透明な手続にて行われているため、
検索結果の社会的影響力に応じた
責任を果たしていないという
ユーザーからの不満も多い。
実際に検索結果から
除外された企業が名誉毀損などで
グーグルを訴えており、
今後の裁判の行方に関心が
集まっている。

なお、
グーグル自身がスパムあるいは
不適切として判断したものについては
削除した旨を表示することなく
非表示とする反面、
ユーザーが名誉毀損等で
非表示を求めた場合は削除した旨を
表示することとなっている。


派生語


ググる

Googleが語源。
元々はGoogleで
ウェブページを検索するという意味で、
このことはGoogleが
メジャーな検索エンジンであり、
代名詞でもあることを表しているが、
単に語呂がよかったという面もある。

インターネット掲示板
「2ちゃんねる」などでは
調べもしないで質問をする人
(クレクレ厨、教えて君などと呼ばれる)
に対し
「それくらいググれ」などという
使い方をする。

定義はされていないが
一般にラ行五段活用動詞として
扱われており、
「ググってくる」など
多種多様な活用語が存在する。

さらに、
Google以外の検索エンジンで
検索することもまた、
ググるということがあり、
またインターネット以外の場において、
単に探す行為もググる
ということがあるが、
この使い方はGoogleで
検索することと混同して
誤解を招く可能性がある。



* Yahoo!でググる
* ウィキペディアでググれ
* 歩いてお店をググる…など


google(動詞)

英語圏では、
「google」が
「(広義ではYahoo!などを含めたすべての)
検索エンジンで検索する」という意味の
動詞として使われることが
多くなっている。
日本語の「ググる」と同義。

英語版ウィキペディアにも
収録されている(en:Google (verb))。
なお、
Googleは商標の普通名称化を招くとして
この用法に抗議している。

2006年7月6日に
Merriam-Websterが発表した
辞書の最新版では、
「google」という動詞が
「WWWの情報を得るために
Googleの検索エンジンを利用する」
という意味で掲載された。


googling(名詞)

googlingとして名詞化された言葉は、
もともとの「検索する」
という意味合いから派生し、
特に「他人の氏名で検索する」場合
を指すことが多くなった。


関連書籍

* Google―
なぜグーグルは創業6年で世界企業になったのか
ISBN 4839916071 2004年12月

* ザ・サーチ グーグルが世界を変えた
ISBN 4822244873 2005年11月

* Google誕生
ガレージで生まれたサーチ・モンスター
ISBN 4872576446
2006年6月1日 第1刷発行

* グーグル
Google 既存のビジネスを破壊する
(著:佐々木俊尚、文春新書)
ISBN 4166605011
2006年4月20日 第1刷発行

* グーグルのすごい考え方
(著:二村高史、知的生きかた文庫)
ISBN 4837975836
2006年9月10日 第1刷発行

* Google
最強のブランド戦略
邪悪にならないこと
ISBN 4797330031 2006年9月



関連項目

* Sitemaps

* elgooG -
中国のインターネット検閲を
回避するミラーサイト



外部リンク


* Google(日本語)
* Google(英語)
* Search Desk - 検索エンジンの評価データ
* Googleの多言語対応


表・話・編・歴
Google

会長/CEO:エリック・シュミット
・取締役/技術部門担当社長:セルゲイ・ブリン
・取締役/製品部門担当社長:ラリー・ページ
・CFO:George Reyes

取締役:ジョン・ドーア
・Ram Shriram
・ジョン・ヘネシー
・Arthur D. Levinson
・Paul Otellini
・Shirley M. Tilghman
・Ann Mather

主要 プロダクト

検索(ページランク)
Books・Code・Desktop
・Finance・Froogle・Images
・Maps・News・Patents
・Scholar・Trends・Video
・Web

広告 AdSense
・AdWords・Analytics
・Checkout

コミュニケーション & パブリッシング
Blogger・Calendar
・Docs & Spreadsheets・Gmail
・Groups・JotSpot・Notebook
・Orkut・Page Creator・Reader
・YouTube

アプリケーション Desktop
・Earth・Pack・Picasa
・SketchUp・Talk・Toolbar

企業情報

概要 Googleの買収
・Googleの歴史・Googleに対する批評
・Privacy Issues
・Google China・Google.org

銘柄記号 (NASDAQ: GOOG)、
(LSE: GGEA)
・歳入:106億USドル (2006年)

従業員数 13,748名(2007年6月30日)

・Webサイト:Google


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

あんたも、

いろんな、ポータルサイトを使っていると思うけど、

いろんなサービスがあるよね。

Googleも、結構使い易いよね。

国語辞典とか、英語訳なんか、

すっごく助かるよね。


とにかくやってみることをお薦めするよ。

最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2008年03月17日
初心者への道しるべ



ポータルサイト


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ポータルサイト

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その37



ポータルサイト

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

ポータルサイト


ポータルサイト

ポータルサイト

ポータルサイト

ポータルサイトとは?

ポータルサイト


ポータルサイトとは?

ポータルサイト


ポータルサイト(portal site)は、
WWWにアクセスするときの
入口となるウェブサイトのこと。

概要

元々ポータルとは、
港(port)から派生した言葉で、
門や入口を表し、
特に豪華な堂々とした門に
使われた言葉である。
このことから、
ウェブにアクセスするために、
様々なコンテンツを有する、
巨大なサイトをポータルサイト
というようになった。
入口、玄関という意味で
エントランス(entrance)を使わなかったのは、
ポータルには「豪華、堂々とした」
という意味合いが強かったためと思われる。

ポータルサイトは、
検索エンジン、ウェブディレクトリ、
ニュース、オンライン辞書、オークションなどの
サービスを提供し、利用者の便宜を図っている。

ポータルサイトのビジネスモデルは、
サイトの集客力を生かして広告や
有料コンテンツで収入を得ることである。
1996年以降のインターネットブームに乗じて、
多くのポータルサイトが乱立したが、
徐々に統廃合が進んでいる。

初期のポータルサイトは
自前で検索エンジンやウェブディレクトリを
運用していたが、
情報の肥大化に対応しきれず
アウトソーシングが多くなった。

生き残りをかけて、
特定の地域サービスに特化した
地域ポータルサイトや、
プロバイダーのサービス情報サイト、
育児、環境、オルタナティブカルチャー、
音楽、女性の生き方などに
テーマを絞ったポータルサイトもある。
不特定多数のアクセスがあるだけに、
こうしたポータルサイトに
アダルト情報を持ち込むことの
是非を問う意見もある。

近年ポータルサイトから派生した、
企業「ポータル」が関心を高めている。
企業に散らばっている様々なデータや情報を
効率的に探したり利用するために
パソコンの画面上に
これら情報やアプリケーションを
ポートレットとして
集約表示する技術がでてきた。
画面は利用者の要求によって
自由にレイアウトを変更でき、
例えば社長用の画面、部長用の画面、
営業用の画面、技術者用の画面など、
それぞれの職種・役割に応じた最適画面を
作ることが出来る。
代表的な「ポータル」製品としては、
IBMのWebSphere Portalや
Microsoftの
Microsoft SharePointなどがある。


主なポータルサイト

* Yahoo! JAPAN
* Google
* livedoor
* goo
* MSN
* インフォシーク
* はてな
* Excite
* フレッシュアイ



プロバイダによるもの

* @nifty
* BIGLOBE
* OCN
* au one net
* So-net
* ODN
* hi-ho
* JP.AOL.COM



非統合型メタ検索ポータルサイト

* 検索デスク



関連項目

* World Wide Web
* 検索エンジン
* ウェブディレクトリ
* インターネットコミュニティ
* サブカルチャー
* 学生ポータルサイト
* Wikipedia:ウィキポータル

主な日本語のポータルサイト
Yahoo! JAPAN
Google
livedoor
goo
MSN
infoseek
excite
@nifty
BIGLOBE
So-net
フレッシュアイ
その他


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

あんたも、

いろんな、ポータルサイトを使っていると思うけど、

いろんなサービスがあるよね。

国語辞典とか、英語訳なんか、

すっごく助かるよね。

また、アバターなんかも使えるから、

面白かったりするよね。

あんたも、ここから慣れて、

ブログへ移行して、

お金を稼ぐってのも良いよね。

とにかくやってみることをお薦めするよ。

最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2008年03月15日
初心者への道しるべ



Yahoo! JAPAN


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



Yahoo! JAPAN

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その36



Yahoo! JAPAN

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

Yahoo! JAPAN


Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPANとは?

Yahoo! JAPAN


Yahoo! JAPANとは?

Yahoo! JAPAN(ヤフー! ジャパン)は、
ヤフー株式会社が運営するポータルサイトである。

Yahoo!の日本語版であり、
日本に於ける検索・ポータルサイトでは
『MSN Japan』、『Google日本』、
『goo』、『エキサイト』や『BIGLOBE』などの
各プロバイダを抑えて業界1位の座にある。
日本以外のYahooは
ほとんどの場合米Yahoo社が筆頭株主と
なっているが、
日本ではソフトバンクグループが筆頭株主である。
その為、日本独自のサービスを展開することも多い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヤフー株式会社
Yahoo Japan Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4689
JASDAQ 4689 2007年2月28日上場
本社所在地 〒106-6182
東京都港区六本木六丁目10番1号
設立 1996年1月31日
業種 情報・通信業
事業内容 ポータルサイト運営
インターネット広告
ブロードバンド関連事業
オークション関連事業
ほか
代表者 井上雅博(代表取締役社長)
資本金 71億87百万円(2007年3月31日現在)
売上高 単体:1,972億円(2007年3月期)
連結:2,125億円(2007年3月期)
従業員数 2,331名(2007年3月31日現在)
主要株主 ソフトバンク株式会社 41.10%
ヤフーインク 33.43%
関係する人物 孫正義

外部リンクYahoo! JAPAN
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歴史

* 1996年1月 - 米ヤフーとソフトバンクの合弁で
        ヤフー株式会社設立。
* 1996年4月 - 国内初の商用検索サイト
        Yahoo! JAPANが4月1日15:20に
        サービスを開始。
* 1997年11月 - 店頭市場(現ジャスダック証券取引所)
        に登録。
* 2000年1月 - 日本で史上初の株価1億円を突破。
* 2000年3月 - 無料ウェブサイトサービスの
        ジオシティーズ株式会社及び、
        音声・動画情報サービス提供の
        ブロードキャスト・コム株式会社と合併。
* 2000年7月 - 1日あたりのアクセス数が
        1億ページビューを突破。
* 2000年9月 - ピー・アイ・エム株式会社と合併。
* 2001年9月 - ソフトバンク子会社の
        ビー・ビー・テクノロジー株式会社が、
        Yahoo! BBのADSL商用サービスを開始。
* 2001年12月 - インターネット書店の
        イー・ショッピング・ブックス株式会社
        (現: セブンアンドワイ株式会社)を子会社化。
* 2003年10月 - 東京証券取引所第一部へ上場。
* 2004年7月 - 全国で初めて、東京主税局の公売を
        インターネット(Yahoo!オークション)で実施。
* 2004年10月 - 1日あたりのアクセス数が
         10億ページビューを突破。
* 2005年3月 - 年間売上高1000億円を突破。
* 2005年3月 - 日経平均株価に採用される。
* 2007年2月28日 - 現在の上場先である
          東京証券取引所第一部市場に加え、
          ジャスダック証券取引所にも重複上場。
          東証とジャスダックへの重複上場は、
          日本駐車場開発に次いで2例目となる。
* 2007年4月 - 一部事業所が東京ミッドタウンに移転。
        本社機能は従来どおり六本木ヒルズ

Yahoo! JAPANの事業

2006年3月現在、110以上のサービスを行っている。
無料で利用できる無料サービスと、
Yahoo!ウォレット で料金を支払いを行い
利用する有料サービスがある。
また有料、無料にかかわらず、
ほとんどのサービスで
Yahoo! JAPAN IDの取得が必要となっている。

サービス名に冠される「Yahoo!」は、
省略形の「Y!」で記載されることもある。


検索エンジン

Yahoo!の主力事業の一つ。
元々は米Yahoo!と同じく
ディレクトリ型の検索エンジンで、
それにロボット型のエンジンが
付随するタイプであったが、
徐々にロボット型の利用が増えた事により、
2005年10月3日より、
ロボット型のエンジン主体に切り替えている。

ロボット型に関しては、
初期はgoo、
その後2000年5月からは
Googleを使っていたが、
現在はYahoo Search Technology(YST)と言う
独自のエンジンに切り替えている。
Googleの利用から離れ、
Yahoo!独自の技術を
利用し始めた背景には
Googleの検索ユーザ数が
Yahoo!のそれを凌駕しだした
と言う事があると言われている。

なお、
ロボット型に切り替えて以来、
探索後に日本語が表示されない
出来事が多発している。


My Yahoo!

Yahoo!の各種サービスを
ポータル的に使えるサービス。
Yahoo! JAPAN IDを登録すると、
My Yahoo!上で個人向けに
カスタマイズ可能なページを利用できる様になる。
My Yahoo!のページでは、
ニュースやメール、天気予報、
新着サイト等の一覧を好みに配置でき、
背景の変更等も可能になっている。


Yahoo!ミュージック

Yahoo!の提供する音楽情報サービス。
楽曲ダウンロード販売の
Yahoo!ミュージックダウンロード、
ストリーミングラジオのサウンドステーション、
Web音楽マガジンである
Yahoo!ミュージックマガジンなどを提供する。
アーティスト情報の検索や
歌詞の閲覧なども可能。


Yahoo!ポイント

Yahoo! JAPANの特定のサービスを利用すると
ポイントがもらえ、
Yahoo!ショッピングなどの買い物で
1ポイント=1円で使える。
また、100ポイント=85円で
現金化にすることも出来る。
利用するにはYahoo! JAPAN IDを
登録しなければならない。


Yahoo! オークション

Yahoo!の提供する
インターネットオークションサービス。
日本のオークションサイトとしては
圧倒的な利用者数を誇る。
通称「ヤフオク」。
2007年8月上旬よりサービス内容変更。


Yahoo! 路線情報

Yahoo!の提供する路線検索サービス。
列車の運行情報や、
事故情報を細かく表示してくれる。
また、出発駅、到着駅、
出発時刻等の情報を入れると、
必要な経路と運賃、
定期代等を表示してくれる。


Yahoo! ファイナンス

日本の株式情報や税金や
不動産に関する情報を網羅している。
また、特定の企業を登録しておけば
株式変動のレポートなども作成してくれ、
Yahoo!掲示板とも直結している。


Yahoo! きっず

子供向けのYahoo!JAPANであり、
トップページには子供向けのリンクがされている。
小学校などではよく利用されている。
Yahoo!きっずの検索では、
アダルト系の言葉が
検索できないようになっている。
リンク以外にも、
ニュース、図鑑、絵本、クイズ、ゲーム、
ポケモン、食育、ペーパークラフトなど
子供を対象としたコンテンツがある。


Yahoo!メール

Yahoo!の提供するフリーメールサービス。

Yahoo! グルメ

Yahoo!の提供するグルメ情報サービス。
飲食店情報、レシピ情報、
出前注文サービスの3つがある。


Yahoo!メッセンジャー

チャットのようにYahoo!JAPANIDだけで、
相手とネットで会話が交わせるサービスのこと。
なお、利用するにはYahoo!メッセンジャーを
コンピュータにインストールする必要がある。


Yahoo!チャット

Yahoo!の提供するチャットシステム。
2007年4月3日より
Yahoo!メッセンジャーと統合。


Yahoo!掲示板

2ちゃんねるの次に利用者が多いとされる掲示板。
こちらは2ちゃんねると違い
Yahoo!登録者のみ書き込めるため、
匿名性は低い。


Yahoo!知恵袋

ユーザーが質問を投稿し、
他のユーザーが回答を投稿するシステム。
β版時代はハンドルを名乗らなくても良い
という点で、事実上匿名性であったが、
正式版からは予め登録された
ハンドルを名乗る事が義務付けられ、
匿名性が薄くなった。
(また、アンケートカテゴリーが新設された。)

「削除隊」と呼ばれる、
不適切な質問や回答を削除する管理者が存在する。
しかし、削除の基準が明示されておらず、
建前上、
アンケートカテゴリー以外では
禁止されている筈のアンケート的な質問と
回答を掲載した書籍を
出版する等のYahoo!側の行為によって、
「削除隊」に対する不信感を述べる
書き込みが散見される。

2006年12月16日から12月18日にかけて
リニューアルの為閉鎖、
その後リニューアル開設された。


Yahoo!リサーチ

対象モニターがアンケートに答えると、
謝礼(現金、Yahoo!ポイント)または
賞品への抽選権がもらえるサービス。
主に現金で支払われるリサーチ・モニター、
ポイントで支払われる
リサーチ・モニター・ライト、
抽選で商品が当たるモバイルモニターがある。
リサーチ・モニターの謝礼を
受け取るには郵便貯金、イーバンク銀行、
ジャパンネットバンクの指定金融機関
いずれかの口座が必要となる。
ただし、いずれにしても
謝礼が少額であったり、
謝礼が抽選にかけられたりするため、
モニターにメリットが少ないという
不満の声もある。


Yahoo!辞書

Yahoo!辞書は、
全7辞書(大辞泉、大辞林、必携 類語実用辞典、
プログレッシブ英和中辞典、
新グローバル英和辞典、
プログレッシブ和英中辞典、
ニューセンチュリー和英辞典)、
85万4000項目から検索できる。
他にも、コンピュータ用語辞典等がある。


Yahoo!翻訳

日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳できる。
また、反対に英語、中国語、韓国語も
日本語に翻訳できる。
他にも、Web翻訳というのもあり、
英語等のWebページを
日本語に翻訳して表示する
という機能もある。


Yahoo! Days

Yahoo!JAPANが運営する
ソーシャル・ネットワーキング・サービス
(SNS)のベータ版。
mixiと同じく招待制であるがYahoo!BB会員や
プレミアム会員は自由に参加可能。
2006年7月31日にYahoo! 360°から
Yahoo! Daysになった。


Yahoo!ジオシティーズ

ウェブサイトスペース。
無料にはYahoo!の広告が記載される。


Yahoo!ブログ

Yahoo!JAPANが運営する
ブログサービス。


Yahoo!インターネット検定

オンラインで受験できる
Yahoo!JAPANが提供する資格試験。


Yahoo!動画

Yahoo!JAPANが運営する
ストリーミングサービス。
有料・無料合わせて
10万本以上のタイトルを提供する。
視聴可能環境がWindowsのみに
限定されるのが難点
(これはBIGLOBEやGyaOなど、
他の大多数の配信事業者も同様であるが、
推奨ブラウザなど推奨環境を
一つに限定するのはユーザビリティや
アクセシビリティの観点からみて
望ましくない)。


Yahoo!リクナビ

Yahoo!JAPANと株式会社リクルートが
共同で運用している求人情報サービス。
かつては「Yahoo!求人情報」として
情報掲載型のサービスを行っていたが
2004年4月より、
株式会社リクルートと求人領域の
サービスにおいて包括提携を行い、
情報提供元をリクルートに一本化した。
(これによって競合他社からの
情報提供を排除する形となり、
ポータルサイトとしては
好ましくないのではないか、
という批判が一部で上がっている)


Yahoo!ゲーム

Yahoo!JAPANが運営するゲームサービス。
無料ゲーム、ダウンロードゲーム、
ゲーム情報がある。


Yahoo!コミック

Yahoo!JAPANが運営する
ウェブコミック誌ポータルサイト。
『FlexComixブラッド』
『コミック・ガンボ』
他のウェブコミック誌無料配信と
単行本の
ファイル有料ダウンロードがある。


Yahoo!地図情報

地図情報を提供している。
「わいわいマップ」では、
ユーザでオンライン上で
情報を直接地図上に書き込むことが
出来る。


その他


株価1億円の突破

2000年1月19日に東京株式市場で、
ヤフーの株価は1億140万円で取引が成立し、
史上初となる1株1億円を突破した。
その当時のネットバブルを
大いに反映した
ヤフーによる株価1億円の突破は、
大きなニュースとして採り上げられ、
世間のヤフーの認知度が
この事により一層に高まる事になった。
その後は、株式分割が何度も繰り返され
1株当たりの単元株価は低くなった。
しかし、分割前に単純換算すると
株価は現在でも当時から
あまり変動しておらず、
ヤフーが高い株価を
保っていることが分かる(2006年現在)。


ソフトバンクとの関係

ヤフー株式会社は、
Yahoo!の日本法人だが、
筆頭株主はソフトバンクである。
そのため"Yahoo!"の商標は、
その知名度から提携等の形で、
ソフトバンクグループ関連の
ブロードバンドサービス(Yahoo! BB)、
ソフトバンクモバイルの
IP接続サービス名(Yahoo!ケータイ)、
インターネット専門雑誌
(Yahoo! Internet Guide)等にも
使われている。


偽Yahoo! JAPAN事件

2005年6月、
Yahoo! JAPANを装った
偽の検索サイトを作成し、
利用者のパスワードなどを盗み取る
フィッシング詐欺行為を行ったとして、
警察庁などは著作権法違反と
不正アクセス禁止法の疑いで
大阪市平野区在住の
当時42歳の会社員の男を逮捕した。

このフィッシング行為での摘発は
日本初の事だった。
男は「Yahoo!」のスペルを「Yafoo!」
に変えたサイトを
「Yahoo! JAPAN」に無断で作成した
著作権侵害行為に加え、
利用者の本家・Yahoo!の
パスワードを不正に入手し
個人情報を盗み取った上で
利用者の電子メールを覗き見した。

2005年10月18日、
Yahoo! JAPANが行っている
Yahoo!ニュースを装った
偽のニュースサイトが作成され、
偽のニュースを流したページが公開され
Yahoo! JAPANがこのサイトについて
警告を出した。
これは、共同通信社発信で、
「アメリカ国防総省は10月18日未明に、
中国軍が、沖縄に侵攻したことを発表した」
とするもので、
あくる10月19日に
長崎市内在住の男性から
共同通信長崎支局に
「9月中旬、
ネットの掲示板に同じ内容の
虚偽のニュースを書いたが満足が出来ず、
Yahoo! JAPANに似せたページに
書き込むことを考えた」
「Yahoo! JAPANのページを
パソコンに取り込んで改ざんした内容で
ネット上に公開した」と事情を説明した。
男性はその後
11月28日に著作権法違反で逮捕されている。


ページビュー数が世界第1位

2007年5月の月間ページビュー数が
318億ページビューを超え
アメリカのYahoo!などを押さえ
世界第1位となった。


ヤフー株式会社

Yahoo! JAPAN を運営する
ヤフー株式会社は、
サイト内の広告・ブロードバンド関連の事業や
ネットオークション事業等を
収益源としている。
本社は東京都港区六本木ヒルズ森タワーに
所在する。

2007年2月16日、
現在の上場先である
東京証券取引所第一部市場に加え、
ジャスダック証券取引所にも
28日に重複上場すると発表した。
東証とジャスダックへの重複上場は、
日本駐車場開発に次いで2例目となる。
背景としては、
ソフトバンクと本国Yahoo!の持株比率が、
東証の上場廃止基準である
少数特定株主の上限比率75%に近いことが
挙げられる。
ジャスダックには
少数特定株主の上限比率による
上場廃止基準はなく、
仮に東証への上場が廃止になっても、
ジャスダックで上場を維持できるため、
株式の流動性を引き続き確保できる
メリットが考えられる。


主な大株主

* ソフトバンク株式会社 (41.11%)
* ヤフーインク (33.44%)

関係会社


連結子会社

* 株式会社ニューズウォッチ
* 株式会社アルプス社


ほか合計22社(2006年3月31日現在)


持分法適用関連会社

* 株式会社オールアバウト
  (ジャスダック証券取引所)
* 夢の街創造委員会株式会社
  (大阪証券取引所ヘラクレス)
* 株式会社クレオ
  (ジャスダック証券取引所)
* バリューコマース株式会社
  (東京証券取引所マザーズ)
* JWord株式会社
* セブンアンドワイ株式会社


ほか合計10社(同上)


関連項目

* Yahoo!モバイル
* Yahoo! BB
* ソフトバンクBB
* ソフトバンクモバイル
(携帯電話。旧・ボーダフォン日本法人)


旧ボーダフォン日本法人時代に
展開していた
「Vodafone live!」
(ボーダフォン・ライブ)を
「Yahoo!ケータイ」に変更し、
Yahoo! JAPANの携帯電話ポータルサイトに
リニューアルした。


* オークション
* 神戸総合運動公園野球場
  (2004年度までヤフーBBスタジアムの
   命名権を所有)
* 福岡ドーム
  (2005年度から命名権を取得、
   新名称は福岡Yahoo!JAPANドーム)
* 福岡ソフトバンクホークス
  (2005年度よりソフトバンクが経営)
* ジャパンネット銀行
* 株式分割バブル
* Web of the Year
* BBソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

ヤフーって、あんたも使っていると思うけど、

結構便利。

駅の乗り換えとかって、かなり使うんだけど、

あんたはどうかな?

ヤフーのグーグルランクが高いのは、

アダルトサイトの年齢認証で、

18才未満の方の出口になってるからなんだって。

大人なら良いけど、子供はダメだぜ!

見るなとは言わねーけど、

アダルトばっか、見てんじゃねーぞ!


まあ、まあ、一般論は良いとして、

ヤフーのメールアドレスは、いっぱいとれるので、

用途によって使い分けられて便利だよ。

勉強用とか、アフィリエイト用とか。

最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説
2008年03月13日
初心者への道しるべ



検索エンジン


↓いつも読んでくれてありがとう!あんたの熱い応援をヨロシク!↓

↓↓↓
人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking



SEO

初心者への道しるべ


炎の用語解説


その35



検索エンジン

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

検索エンジン


検索エンジン

検索エンジン

検索エンジン

検索エンジンとは?

検索エンジン


検索エンジン
(けんさく-、search engine)
とは、
狭義にはインターネットに存在する情報
(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、
ネットニュースなど)を検索する機能を提供する
サーバーやシステムの総称。

インターネットの普及初期には、
検索エンジンとしての機能のみを
提供していたウェブサイトそのものを
検索エンジンと呼んだが、
現在では様々なサービスが加わった
ポータルサイト化が進んだため、
検索エンジンをサービスの一つとして提供する
ウェブサイトを単に検索エンジンと呼ぶことは
なくなっている。

広義には、
インターネットに限定せず
情報を検索するシステム全般を含む。


狭義の検索エンジンは、ロボット型検索エンジン、ディレクトリ型検索エンジン、メタ検索エンジンなどに分類される。 広義の検索エンジンとしては、テキスト情報の全文検索機能を備えたソフトウェア(全文検索システム)等がある。 また、検索エンジンは、全文検索が可能なものと不可能なものがある。

検索エンジン(狭義)


ロボット型検索エンジン

与えられた検索式に従って、
ウェブページ等を検索するサーバー、
システムのこと。

検索式は、
最も単純な場合はキーワードとなる
文字列のみであるが、
複数のキーワードにANDやOR等の
論理条件を組み合わせて指定することが
できるものが多い。


ロボット型検索エンジンの
大きな特徴の一つとして、
クローラ(スパイダー)を用いることが
挙げられる。
このことにより、
WWW上にある多数の情報を効率よく収集
(日本の著作権法では複製)することができる。
大規模な検索エンジンでは、
80億ページ以上のページから検索が
可能になっている。


収集したページの情報は、
前もって解析し、
索引情報(インデックス)を作成する
(日本の著作権法では編集)。
日本語などの言語では、
自然言語処理機能が生成される
索引の質に影響する。
このため、
多言語対応した検索エンジンの方が
精度の高い検索が可能となる。


検索結果の表示順は、
検索エンジンの質が最も問われる部分である。
ユーザーが期待したページを
検索結果の上位に表示することができなければ、
ユーザーが離れてしまうからである。

そのため、多くの検索エンジンが、
表示順を決定するアルゴリズムを非公開にし、
その性能を競っている。

また、検索エンジン最適化業者の存在も、
アルゴリズムを公開しない要因になっている。

Googleは、そのアルゴリズムの一部である
PageRankを公開しているが、
やはり、多くの部分が非公開になっている。
なお、Googleの場合、
創設初期におけるアルゴリズムについては、
創設者自身がウェブ上で公表している論文で
その一端を知ることができる。


ウェブページの更新時刻の情報を用いて、
新しい情報に限定して検索できるものや、
検索結果をカテゴリ化して表示するものなど、
特長のある機能を搭載したり、
検索結果をユーザーへ最適化していく動きもある。

Mooterは、
品詞をクラスター化して検索結果を
テーマや内容に応じて分類・整理する仕組みだ。
また、検索結果と同じ題名の書籍がある場合、
オンライン書店へのリンクを表示するなど、
商業的な機能もある。


また、従来のウェブページを検索するだけの
検索エンジンにとどまらず、
最近ではインターネットショッピング専用の
検索エンジンの開発も散見される。
価格比較サービス最大手の価格.comや、
ベンチャー企業が開発するQOOPIEなどある。

Google, Yahoo!, Mooter, infoseek,
Technorati,MARSFLAG, Altavista,
AlltheWeb, Teoma, WiseNut,
Inktomi,SAGOOLなど。


ディレクトリ型検索エンジン

人手で構築した
ウェブディレクトリ内を検索するサーバー、
システムのこと。

人手で構築しているため、
質の高いウェブサイトを検索可能。

また、サイトの概要を人手で記入しているため、
検索結果の一覧から
目的のサイトを探しやすいという特長がある。

しかし、
検索対象となるサイトは人手で入力するため、
検索対象となるサイト数が多くないという
欠点がある。

WWWの爆発的な拡大によって、
あらゆるウェブサイトを
即時にディレクトリに反映させることが
事実上不可能になり、
現在では主流ではなくなっている。

このため、ディレクトリ型検索エンジンでは、
検索にヒットするサイトが無かった場合、
ロボット型検索エンジンを用いて結果を
表示するような、併用型のものが多い。

Yahoo!, goo, infoseek,
Open Directory Projectなど。




メタ検索エンジン

ひとつの検索ワードを
複数の検索エンジンで検索することを
メタ検索という
(横断検索エンジンと呼ぶこともある)。


検索エンジン(広義)


全文検索システム

与えられた文書群から、
検索式(キーワードなど)による
全文検索機能を提供するソフトウェア、
システムの総称で、
ウェブサーバに組み込んで利用されることが多い。

スタンドアローン環境で用いられる
個人用途のものもあり、
そういったものは特に
「デスクトップ検索」と呼ばれている。



歴史


黎明期

日本のインターネット普及初期から
存在した検索エンジンには
以下のようなものがある。

黎明期には、
豊橋技術科学大学の学生が作成したYahhoや、
東京大学の学生が作成したODiN、
早稲田大学の学生が作成した千里眼など、
個人の学生が作成したものが
商用に対して先行していた
(いずれも1995年に作成)。

これらは、
単に実験用に公開されていただけでなく、
多くの人に用いられていたものであって、
黎明期のユーザにとっては、
知名度、実用度ともに高いものであった。
またMondouなどのように研究室(京都大学)
で作成したものもあった。




Yahoo!の独走

日本では、
1996年にサービスを始めたYahoo!が
簡素な画面構成と質の高いディレクトリで
人気を集め、検索サイト首位の座を固めた。
そして、
検索サイトの集客力を武器にニュース、
オークションなどのサービスで
ポータルサイトとしての独走を始めた。


群雄割拠

1997年頃から、
WWWの爆発的な拡大に伴って、
ディレクトリ型のみであった
Yahoo!のウェブディレクトリの陳腐化が
急速に進んだ。
この頃、infoseekやgooに代表される
ロボット型検索エンジンが人気を集め始め、
Yahoo! JAPANはロボット型検索エンジンに
gooを採用するなど、
群雄割拠の時代になった。


Googleの台頭

1998年に登場したGoogleは、
従来の検索エンジンが
ポータルサイト化へ進む流れに逆行し、
独創的な検索技術に特化し
バナー広告等を排除した簡素な画面と
2000年にYahoo!のロボット型検索エンジンに
採用されたことにより、
急速に人気を集めた。
2004年現在では、
ウェブページ検索の
世界シェアのトップに躍り出たと見られている。
英語圏ではあるフレーズ
(たとえば「ウィキペディア」)を
Googleで検索することを“google Wikipedia”
のように表現する
(日本語においては
「ウィキペディアをググる、
ウィキペディアでググる」)ほどになった。

この状況に危機感を募らせたYahoo!は、
2004年にロボット型検索エンジンを
独自技術Yahoo!Search Technology(YST)
(Yahoo!が買収したInktomiとAltaVista、
Overture等の技術を統合した)に切り替えた。

同年、
GoogleやYahoo!のエンジンに匹敵すると
言われるTeomaを利用した検索エンジン、
Ask Jeeves(現・Ask.com)が
「Ask.jp」として、2005年、
オーストラリアで誕生したMooterが
日本に進出し、検索サービスを開始した。


検索エンジンの多様化

検索という行為が一般化するにつれて、
各種目的別に多様化した検索エンジンが
現れるようになった。
品詞をクラスターさせて検索するMooter、
ブログの情報に特化した検索Technoratiや
blogWatcher、
商品情報の検索に特化した商品検索サイト、
サイトの見た目で検索するMARSFLAGほか、
次々と新しい検索エンジンが生まれている。
また、
検索エンジンでは判断できない
抽象的な条件などでの検索を人手に求めた、
OKWaveや人力検索はてななどの
「人力検索」と呼ばれるサービスも登場した。

また最近では、
携帯電話からもサイトを検索する傾向となり、
Googleやyahoo!やfroute.jpをはじめとする
携帯向けのモバイル検索サイトが登場し
活気がでている。


対応端末の多様化

ソフトバンク・Yahoo! JAPANが
ボーダフォンを買収し、
KDDIがGoogleと提携するなど、
携帯電話の分野で検索エンジンの戦いが
激化してきている。

モバイル検索の分野は
長らく公式サイトと呼ばれる世界が
ユーザーの囲い込みを行っていたため
脚光を浴びることが少なかった。

また、近年携帯型・据置型問わず
家庭用ゲーム機にインターネット接続機能が
搭載されるようになり、
こういった世界でも検索エンジンの戦いが
まもなく起こるのではないかとの見方もある。


テレビコマーシャルとの連動

2006年頃から日本では
検索キーワードを表示する
テレビコマーシャルが急増している。
大抵はキーワードが書かれた状態の
検索フォームとボタンを表示し、
マウスクリックを促す演出がなされている。

コマーシャルでURLを表示するのに比べて
アクセス数を獲得しやすいことが
増加の要因である。
しかし検索結果に企業にとって
不都合な情報が現れる場合があるため、
グーグル八分のような
検索結果の操作が行われるケースも
考えられる。


リーガルリスク


深層ウェブ

また、
Googleなどのウェブ検索エンジンでは
、データベースの検索結果など
多くの動的ページが検索対象になっていない。
このような動的ページは
「深層ウェブ」「見えないウェブ」
「隠されたウェブ」などと呼ばれている。

静的ページの500倍の量が存在し、
多くは無料だといわれる。
深層ウェブは、
一般の検索エンジンなどから
データベースなどを見つけ出すか、
直接アクセスした上で、
それぞれの検索機能から
再度検索しなければならない。

このようにWebページが
深層と表層に分かれてしまう背景には
検索エンジン側が晒される
リーガルリスクがある。
深層にあるものは必ずしも
検索エンジンから検索されることを
前提としていないものも多い。

すべての深層データが検索エンジンから
検索可能な状態になっていた場合、
動的ページの情報提供者の存在意義を
脅かす可能性もある。
また、
本来であれば非公開とされているような
データが誤って検索されてしまうという
可能性も高くなる。
さらに、データベースと連動する
動的ページをクローラーが集中的に
クロールすると、
データベース側の負荷が上がるため
サーバ速度の低下やシステムダウンを
引き起こす危険が高まる。
このようなことから
検索エンジンは技術的に深層に
入り込めない訳ではなく、
あえて避けていると推測することができる。

実際、中国の検索エンジン百度は
集中的なクロール活動を続けた結果、
多くのサーバ管理者から一斉にクレームを受け、
クロール活動を大きく制限せざるを得なかった。


著作権との関係

検索エンジンは、
その仕様上インターネット上の
コンテンツを複製して
キャッシュとして保存するようになっている。
このような仕様は、
日本では、著作権法上、問題があるため、
検索エンジンの仕様を合法とする海外
(米国など)のサーバに置かれている。

しかし、
これでは日本人が検索している内容が
米国に筒抜けとなってしまい、
国益上好ましくないと考えられる。
そのため遅ればせながら、
経済産業省が日本国内でも
検索エンジンサービスが行えるように
著作権法の改正や検索エンジンの
開発に取り組むと発表した。




社会的な問題



ストーカー行為の助長

検索エンジンを利用した
ストーカー行為の事例も
発生するようになってきた。
個人の氏名で検索すると
非常に詳細な個人情報が取得できる
ケースもあるが、
個人情報の削除要請に対し
検索エンジン各社は、
元のページの作成者に
一切の責任があるとして、
応じない方針を取っている。

また、
Yahoo!では削除要請を
依頼するための連絡先すら掲示せず
利用者からの依頼を無視することで
この問題に対処する方針をとっている。
検索エンジンの利用のうち
30%程度が個人情報に関連する検索で
占められている見られており、
プライバシー問題は
検索エンジン各社にとって
触れられたくない問題であるのは
事実である。

SNSなどの代表されるサイトMixiでは
本名での登録を促しているが、
これは名前さえわかればSNSサイトの
検索機能で容易に個人を特定可能であり、
自らに関連するカテゴリへの参加
(喩えば卒業校)や
公開された参加者間の会話などで、
容易に個人の情報を推測・取得できる。
クローズドなサイトで
公開されていたものであっても、
一般公開サイトに転載されてしまう
ケースもある。
また、
検索機能がストーカー行為を
助長しているという指摘もある。


学校裏サイトの問題

最近になって問題となっているものに
学校裏サイトがある。
その多くが、
特定個人名を挙げての誹謗中傷を
主にしたものであり、
学校名では検索できない場合でも、
個人名で検索するとその存在が
判明するものも多い。
また、
不特定多数のものが
匿名で作るサイトであるため、
サイト管理者に対応を求めることが
困難であるケースが多い。
こういったケースでは
検索エンジンからの削除を求める以外に
被害の拡大を防ぐことは難しいが、
検索エンジン各社は
明白な誹謗中傷の場合であっても
個々の削除依頼者に不必要なほどの
詳細な説明を求めることが常態化しており、
不明確な基準により削除をせず、
誹謗中傷が引き続き検索エンジンで
検索されつづけるケースも多い。


言論弾圧への加担

また中国の検索エンジンでは
反政府的な内容や政府が
弾圧しているといわれる宗教団体に
関する情報は
検索結果に表示されなくなっている。
Googleなどは検索結果の中に
「表示されている内容は一部法律に
基づいて省略されている」
という記述があるが、
結果的に中国政府の言論弾圧に
手を貸しているという批判がある。
同様の批判はYahoo!やMSNにも
向けられている。

こういった露骨な言論弾圧以外にも、
上場企業のウェブサイトがスパムと
判断され検索結果に掲載されなくなる
ということがある。
検索サイトに表示されることは
企業や商用サイトにとって
莫大な利益を還元することであり、
同時に検索されない場合の
不利益は非常に大きい。


不明確な基準

膨大なインターネット上の情報を
網羅的に調査するには
大手の検索エンジンを利用するほか方法が無い。
このためURLがあまり知られていない
無名なウェブサイトや
ドキュメントなどに関しては
検索エンジンに検索結果として表示されなければ、
その情報にたどりつく可能性が
著しく少なくなってしまう。
表示されなくなる基準は
露骨な検索エンジン最適化テクニックを
使用しているサイトや各国の法律等に
反しているサイト(下記中国の例)、
公序良俗に悖るサイト
(アダルトサイト、誹謗中傷が主体のサイト等)と
考えられているが、
その明確な基準は各社共に不明瞭であり、
検索結果から削除される際の
該当ウェブサイトへの警告は
基本的にない。
各社とも、
検索エンジンスパムには
厳しい姿勢を取る反面、
公序良俗に反するサイトの非表示には
消極的である。
検索エンジン各社にとって、
公序良俗に反するサイトをも含め
検索できるような状態にしておくことが
結果として自社の検索エンジンの
シェアを高めることになるため、
積極的に不適切なサイトを
排除するという動機は働きにくい。


そのほか


多言語化の課題 

いわゆる
「使用言語からみたインターネット人口の割合」は
Internet Archiveを用いて
Euro MarketingとGlobal Reachから
過去の月次資料を整理すると
以下のような推移を辿っている。

   
    1998年 1999年 2000年
    12月   1月   4 - 7月 12月
英語  58%   55%   51.3% 49.6%
非英語 42%   45%   48.7% 50.4%

    2001年       2002年
  2月   4 - 6月 7月  1月 6 - 10月
英語  47.6% 47.5% 45.0% 43.0% 40.2%
非英語 52.4% 52.5% 55% 57.0% 59.8%

    2003年  2004年
    2 - 4月  7月
英語  36.5%   35.8%
非英語 63.5% 64.2%


1995年以前のInternet Societyによれば
インターネットで用いられている言語のうち
英語が占める割合は85%とされていたが、
その後のITの進歩や
各国のインターネットの普及により
多言語化が進み、
上表に見られるように
2000年の年末には英語と
非英語の言語人口が逆転し、
その傾向は継続している。

2005年2月2日現在、
WWW検索エンジンの代表格である
Googleでは80億を越す
8,058,044,651ウェブページが
登録されている。
検索エンジンの利用者は
それら40億を越すウェブページから
求める情報を容易に引き出せる
と思い込みがちであるが、
例えば日本語入力のできない
コンピュータなどの端末を用いて
日本語サイトを検索することは
容易ではない。
同様に非英語圏の言語間の検索は
中間に翻訳エンジンを介さないと
検索作業は難しい。

インターネットの多言語化が
今後も増加すると仮定した場合、
言語間の壁をどのように乗り越えるかは
今後の検索エンジンが
抱える課題の一つとして
挙げることができる。


各種広告

2004年頃から、
各種広告で目的のアクセス先URL
(アドレス)を記す代わりに、
社名や商品名などを検索エンジンで
検索させるように仕向ける
広告が多くなっている。
このような変化が生じた理由は不明であるが、
各メディアの広告掲載基準の
変更などが考えられる。


主な検索エンジンサイト

* @nifty
* Ask.jp
* BIGLOBE
* Clusty.jp
* Excite
* フレッシュアイ
* goo
* Google
* infoseek
* ライブドア
* Lycos
* MARSFLAG
* Mooter
* MSN (Live Search)
* Powerset
* SAGOOL
* Yahoo!
* 百度(バイドゥ)

サービスを終了した

主な検索エンジンサイト


* ODiN (ロボット型)
* 千里眼 (ロボット型)
* OCN Navi (TITAN) (ロボット型)
* Mondou(ロボット型)
* NTT DIRECTORY (ディレクトリ型)
* CSJ INDEX (ディレクトリ型)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
書いて欲しいテーマなんかあったらリクエストもお待ちしてます。

yokoより。

検索エンジンって大切だよね。

ネットを仕事にしようとしたら、

外せないけど、あまりこだわってもねえ。

素人だと大変だし。

スポンサーリンクになれば、一番初めになるけど、

お金がかかるしね。

まあ、無料にこだわることもないんだけど。

仕事始めはお金がないから、

何処で調達するかっていうのが大切だよね。

いずれ書くから待っててね。



最後まで読んでくれて、ありがとう。

あなたに、幾多の幸せがおきますように。


じゃあな!!


↓解説・記事が為になったと思ったら、
あんたの熱い応援をヨロシク!↓


人気blogランキングへ

有名ブログランキング

FC2 Blog Ranking





もしも、気に入ってもらえたのなら
↓お気に入りに入れてください。
新着がすぐに見られて便利です。




☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆



↓はい!あんた!ちゅうも〜く!!!

□■□■□■□■yokoより、まだ見ぬあんたへ・・・□■□■□■□■

何か、意見があったり、教えて欲しいこと、

書いてもらいたい記事があったら、

遠慮なく、コメントをくれよ!

恋の相談でもいいぜ!

『どうしたら、モテますか?』とか、

『どうしたら、勇気が持てますか?』とか、

『スケバンて何ですか?』とかでもいいぜ!

ちなみにスケバンを調べると
ウィキペディアではこう出ています。




『yoko姉さんの口調が怖いんですが、何とかなりませんか?』

なんてのもいいぜ!

何だって答えるよ!

もちろんお代はいただかないから安心してくれよ!


ココ↓にコメントを残すだけでも、

あんたはレベルがアップするんだぜ!

練習のつもりでチャレンジしてくれよ!

あんたの熱い想い、しっかり受け止めるからな!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あたいのリンクから買ってくれた、優しいあなたには、

あたいから、素敵な、愛を、分けてあげるよ!

(いらないっていうなよ!!)

あたいの愛(特典の詳細)はコチラを見てくれよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


情報商材【スケバン流】比較どっとこむのTOPへ戻る
posted by すけばんyoko☆彡 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者のための用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。